銀行カードローンの審査は厳しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マイホームや車の購入など、新しい人生を歩みはじめるために銀行カードローンの利用をお考えの方は、多いのではないでしょうか。その際に気になるのが、審査のハードルです。銀行カードローンの審査は厳しいという噂を聞きますが、実際のところはどうでしょうか。

銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しいのでしょうか。また、銀行カードローンを利用するメリットはどんなものがあるでしょうか。これからお金が必要な方にとって知っておきたい情報をお伝えします。


銀行カードローンの審査は厳しいの?

銀行カードローンの審査の項目は、消費者金融の審査とほとんど変わりがありません。ただし、銀行カードローンの場合、他社からの借入が何社もあると審査に通るのが厳しくなることがあります。たとえば、3社から少額の借入をしていたとすると、「どうして1社にまとめなかったのか」という点で疑問が残るために、審査に通らないことがあるのです。もしもこれから銀行カードローンの契約をお考えであれば、現在他社から借入している分をきちんと返済しておいた方が無難と言えるでしょう。

銀行カードローンの保証会社は、ほとんどが銀行傘下の消費者金融業者です。つまり、銀行と提携している消費者金融業者の審査に通るのであれば、銀行カードローンの審査に通るのも可能だと言えます。厳しいと言われる銀行カードローンの審査ですが、これまでにきちんと返済していれば、それほど身構えることもありません。


銀行カードローンと目的別ローンの違い

銀行で融資を受けるには、カードローンか目的別ローンのいずれかを利用することになります。カードローンと目的別ローンのもっとも大きな違いは、お金の使い道がはっきりと決まっているか否かです。目的別ローンの契約をするためには、マイホームや車の購入や、新婚旅行、結婚式などの目的がはっきりしている必要があります。借入の際はこれを証明するための書類が必要になる上、審査の時間も長くなります。ただし、その分、金利は消費者金融系カードローンよりも低くなります。

審査がスピーディーであることや、返済と借入を繰り返して使えるのもカードローンならではの特徴です。目的別ローンは、借入の目的がはっきりと決まっている上に、一度借りたらあとはずっと返済するだけとなります。

目的がはっきりしていれば審査に通りやすい?

銀行カードローンの審査では、目的別ローンと同様に、借入したお金の使用用途を記入する欄があります。カードローンは目的別ローンと違って、それほどまでにかっちりとした目的が必要なわけではありません。しかし、申し込みの際はこちらの欄にも、きちんとした内容を記入しておけるといいですね。

いくら用途が自由だとはいえ、ギャンブルや借金の返済のためなど、不適切な目的を記入してしまうと、審査にまったく影響がないとは言えません。銀行カードローンを利用する目的は、たとえば「教育費」などのなるべく差し支えないものにしておきましょう。


銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットは、限度額の中なら何度でも借りたり返したりを繰り返せるところです。通常のローンでは、一度借りたお金を全額返済するまで、借入ができません。家や車の購入にカードローンを利用すれば、それらを返し終わるまではずっと返済を続けることになります。ところが、カードローンの場合は、限度額の範囲内であれば、足りなくなった分の金額をふたたび借りることも可能なのです。

また、銀行カードローンは消費者金融業のカードローンよりも金利が低く設定されているのも魅力です。長い目で見ると利息分の支払いに差が出てきますから、借入が長期間にわたるのであればぜひ銀行カードローンを選びたいところです。

銀行カードローンはインターネットから申し込みできる

銀行カードローンは、消費者金融業者のカードローンと同様に、ホームページ上で申し込みすることができます。日中忙しくてなかなか銀行へ行けないという方も、インターネットを使えば、24時間365日いつでも好きな時間に申し込みができます。厳しいと言われる銀行カードローンの審査ですが、窓口へ足を運ぶ前に申し込みをしてみてもいいかもしれません。


まとめ

銀行カードローンの審査は、信用情報の面で厳しい部分もありますが、消費者金融業者の審査とそれほど変わりはないと言えます。借入の目的が不適切であった場合は審査に通らないこともありますから、適切な利用を心がけましょう。銀行カードローンは消費者金融業のカードローンよりも金利が低く、審査に通りさえすれば使いやすいサービスです。あなたも銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。