最優先したい項目で絞り込み
もっと詳しい条件で検索する

そもそもキャッシングとは?カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

「キャッシングを利用してお金を借りたい」

と思っているということは、それだけお金に困っているということ。お金に困っているあなたは、一刻もはやくお金が欲しいと思っているはず。

しかしキャッシング利用時に焦りは禁物。しっかり事前にキャッシング設定を比較してから、自分が利用するに相応しいキャッシングサービスかどうか、当サイトで比較して見てください。

そもそもキャッシングとは?

キャッシングという言葉はそもそも、世界中のどこにも存在しません。日本語にも、そして英語にもそんな単語は存在しないのです。

キャッシングは「借金」に代わる言葉として用意された「造語」です。借金という言葉にまとわりつく負のイメージ、それを取り払うために作られたのが、この「キャッシング」という言葉です。

つまるところ、端的に言ってしまえば「キャッシング」が意味するのは「借金」、つまり「お金を借りる」行為です。

どこでどのようにお金を借りるのかで、キャッシングが持つ意味合いが異なります。

クレジットカードのキャッシング

一般的に使われるケースが多いキャッシングが、この「クレジットカードのキャッシング」でしょうか。

クレジットカードについている「ショッピング機能」とは別の、「キャッシング昨日」を用いて、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)からお金を借り入れます。クレジットカードのキャッシング機能で借り入れたお金は、「翌月一回払い」が基本で、無理なら残高スライドリボルビング払いでの返済になります。

キャッシング金利はカードローンの方が優秀

クレジットカードのキャッシングは金利が高めであるのが大きな特徴。後に説明する、カードローンの金利との比較を行ってみましょう。

ライフカードのキャッシング金利 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利
15.00%~18.00% 1.8%~年14.6%

クレジットカードの中でも大手「ライフカードのキャッシング金利」と、都市銀行カードローンである「三菱東京UFJ銀行カードローン金利を比較してみました。

いかがでしょうか。ひと目でわかる金利差がありますよね。

金利は当然低ければ低いほど、返済時支払う利息の金額は少なくなるため、金利が低いキャッシングはそれだけで優秀とされています。

限度額もカードローンの方が優秀

いくらまで借り入れることができるか、ということを意味する「限度額」も、カードローンで設定されている数字が優秀です。

それではもう一度、ライフカードと三菱東京UFJ銀行カードローンで比較してみましょう。

ライフカードのキャッシング限度額 三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額
0~200万円 500万円

希望しないと、0万円が設定されてしまうライフカードのキャッシング枠。対して三菱東京UFJ銀行カードローンの借入限度額は最高で500万円。この差も歴然ですね。

それに、クレジットカードのキャッシングは「総量規制の対象」です。つまり、年収の3分の1以上借り入れることができないのです。

それにクレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の一部として扱われるので、ショッピング利用状況との兼ね合いを考える必要があります。

カードローンなどのキャッシングサービス

クレジットカードのキャッシングとは違う、もう一つのキャッシングサービスがこの、「カードローン」のキャッシングサービスです。消費者金融や銀行には、この他にも「フリーローン」などのキャッシングもありますが、やはり利便性に優れているのは「カードローン」です。

金利条件が優秀

記事の上で、クレジットカードのキャッシング金利と、その他カードローンなどのキャッシング金利を比較しました。

そこでも説明した通り、「低金利で借りやすい」のは、間違いなくカードローンです。長期的に、継続的にキャッシングを利用するなら、カードローンを使った借り入れを行うことをおすすめします。

無利息サービスなどのサービスも優秀

大手消費者金融が中心に行っている「無利息サービス」などのサービスも見逃せません。無利息サービスとは、「初めてのカードローン利用者に対し、初月は一定期間利息を請求しない」というサービス。

これなら、高い金利で支払う利息を心配しなくともよくなります。

その他女性専用のキャッシング「レディースローン」も見逃せません。女性のキャッシング利用を後押ししてくれます。

即日融資に対応したカードローンが多い

カードローンは「即日融資」に対応しているものが多いのも大きなメリット。

申し込んだ当日お金を借り入れることができる即日融資ならば、即日お金を手に入れることができるた利便性が高いです。

クレジットカードのキャッシングも、即日発行に対応したクレジットカードを使ってお金を借りることで、即日融資で借入可能です。しかしカードが限られてくるのと、少し面倒ですよね・

まとめ:クレジットカードのキャッシングとカードローンのキャッシングは違う

クレジットカードのキャッシングと、消費者金融や銀行のカードローンのキャッシングは別物だとわかったでしょうか。

それぞれのキャッシングには異なる、メリットとデメリットが存在します。キャッシング設定だけ見ると少し劣っているように見える、クレジットカードのキャッシングでも、「気軽さ」などメンタルヘルスで考えたら優秀です。

どちらを利用するにしても、借り入れ前にしっかりと比較するのが大切なのです。

「く~ちゃんブーム」の再来はあり得ないのか?衰退していく消費者金融CM史

アイフルCM

消費者金融のCMは、現在も頻繁に放送されており、街なかにも大きな看板が設置されているのをよく目にします。

しかし現在は、消費者金融のCMには厳しい規制が入り、CMクリエイターの自由が効く場ではなくなっています。

かつては、武富士ダンサーズやチワワのく~ちゃんなど、印象的なキャラクターが登場するCMが作られていました。たとえ消費者金融のキャッシングというニッチな商品のCMだったとしても、国から厳しい規制が入っているとしても、消費者金融のCMがつまらない凡庸なCMばかりではちょっとさみしい気もしてしまいます。

というわけで、消費者金融のCMは時代と共にどう移り変わっていったのか、消費者金融のCM史を振り返ってみましょう。

初代武富士ダンサーズ誕生、消費者金融華の時代~1980年末期~1990年初頭~

1983年、出資法の改訂が行われたことで、多くの消費者金融が倒産に追い込まれます。出資法改定前に23万件以上あったとされる消費者金融も、出資法改定後はおよそ3万件にまで減ったと言われています。しかし、どんな時代にも貸金業の需要が無くなるということはありません。

残った消費者金融は、お互いの生き残りをかけて、買収、合併を繰り返し、経営の安定化を行いました。そのかいあって、残った消費者金融の経営は盤石なものとなり、バブル景気が崩壊する1991年頃、消費者金融は最盛期を迎えます。多くの企業が不動産関連の負債を抱えて倒れる中、個人融資を中心に行う消費者金融には、ダメージが小さかったからです。

バブル崩壊で苦しむ人達にお金を貸し付けて、カードローン業界は成長を続けます。そんな消費者金融の元気さを象徴するのが、皆さんおなじみの「武富士ダンサーズ」です。

さらに名を上げる2002年の「武富士ダンサーズ」とは別物ですが、借金の「し」の字も出さないテレビCMからは、武富士の余裕を感じずにはいられません。

きっとこの時代のCMクリエイターも、好景気で浮かれていたはずです。

らららむじんくん♪のキラーフレーズ!~1990年代後半~

1990年台後半、消費者金融はますます盛り上がります。それまでに大手消費者金融3社は株式上場を済ませており、1993年にはアコムとプロミス。1996年にアイフルが株式上場を果たしていました。

その後、1993年にアコムがはじめて設置した自動契約機は日本中に広がり、1995年頃には他の消費者金融も自動契約機を導入しました。

その自動契約機(無人契約機)の名を一躍広めたのが、アコムの「むじんくん」です。

「ラララむじんくん♪」

のキラーフレーズ、耳にしたことがある方は多いはず。このテレビCMが、「無人契約機」の名を広めて、それにより利用者の数も増加しました。

無人契約機を使えば、簡単にカードローン契約が可能なこと。「無人」で誰にも合わなくていいことなど、カードローン利用者のニーズにバッチリ合致したのが、ヒットの理由でしょう。

この「むじんくん」のCMに出演している「チャント星人」の3人は、CDデビューも果たしています。CDが売れていた時代も感じさせますね。

チワワのせいで借金!?空前絶後の「く~ちゃん」ブーム

2000年を迎えて、世紀をまたいでも、消費者金融の時代は終わりません。

2002年にはかの有名なアイフルのチワワを用いたCMが生まれます。チワワの「く~ちゃん」が出演したCMは一世を風靡しました。

「お金がなかったら消費者金融から借りればいい」といった雰囲気を感じるアイフルのCM、貸金業者への締め付けが厳しくなった現代では考えられませんね。

まだまだ消費者金融のCMが自由だった時代だった事を感じさせます。

自身の手がけたCMでこれほどのブームを起こすことができれば、クリエイターとしても本望でしょう。

みんな真似した武富士ダンサーズ

2002年頃、おそらく消費者金融のCMで一番有名であろう「武富士ダンサーズ」が踊るCMが放送されます。

よく聞き取れない歌詞、意味のわからないダンサー集団…このCMに何人の人が影響を受けて真似したでしょうか。テレビのコント番組で、このCMをいじったコントが放送されていたのを思い出します。

武富士は問題続き

この時代、武富士は多くの問題に見舞われます。

2001年に起きた、青森県弘前市の強盗殺人放火事件。そして同じく2001年頃の「ジャーナリスト宅盗聴事件」。この盗聴事件は社長の武井保雄が主犯だったとされ、最終的には「消費者金融の社長が逮捕される」という自体にまで問題が大きくなりました。

この頃から、世間の消費者金融への風当たりが大きくなってきました。

2000年台、大手消費者金融と都市銀行が業務提携

2004年、アコムが三菱東京フィナンシャルグループと業務提携。同じ年、プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスと業務提携を果たします。これにより、大手消費者金融の経営はさらに盤石なものとなります。

他の消費者金融も、銀行傘下に下ることで、消費者金融業界は全体的にみて安定化しています。

2006年 貸金業法改正

2006年、消費者金融業界を揺るがす大事件が起こります。

それが、「貸金業法改正」です。金融庁が貸金業法改正に至ったのは、多くのキャッシング利用者が返済不能となり、自己破産件数が増加した事に由来します。

貸金業法改正により、「グレーゾーン金利の撤廃」や、「総量規制の導入」など、多くの新ルールが追加されました。グレーゾーン金利の撤廃によって、消費者金融は余分に請求していた返済「過払い金請求」に応える事になってしまいました。

過払い金を支払うことで消費者金融の経営は一気に傾き、倒産する消費者金融が出てきます。

年々消費者金融のテレビCMに対する規制は強まっていた

実は、貸金業法改正以前から、消費者金融のテレビCMに対する規制は年々強まっていました。

消費者金融を宣伝するテレビCMにも、多くの規制が定められました。まず、CMを放送できる時間帯。

  • 17時~21時は放送禁止

キャッシングに関するCMは、子供見せると悪影響だという判断でしょうか。
そして貸金業法改正後の2006年からはさらにルールが追加され、

  • 7時から9時は放送禁止
  • 21時から22時は放送禁止

という制限が加わりました。そして放送できるCM本数も制限され、月間100本という制限が課せられました。

CM内容にも制限ががかかってしまう クリエイター冬の時代

もちろん、CM放送時間、放送本数だけでなく、CM内容にも決まりがあります。「きちんと消費者金融の意図を伝えること」そして「無意味に楽しげなCMは禁止」です。
そして、契約内容の確認、使いすぎや借りすぎに注意することなどの警告文を入れるのも絶対。消費者金融の存在は人々の生活を簡単に脅かすものです。気軽な利用が可能だという内容のCMは禁止されています。

現在の、規制にガチガチに固められたテレビCMの例を見てみましょう。

もはや何のCMか、キャッシングに関する知識の無い人にはわからないCM内容となっています。

CMで表示される「4.5~17.8%」という金利設定も、一昔前と比べるとかなり低い設定になりましたよね。

銀行カードローンCMに吉高由里子が出演する時代~現在~

現在カードローン業界において、規制ガチガチの消費者金融カードローンよりも、銀行カードローン利用者の方が多くなっています。

他社借り入れ合計が年収の3分の1以上あってはいけない、そんな法律も銀行カードローンには及びません。銀行カードローンは貸金業法の影響を受けないからです。

そして、銀行カードローンのCMも、貸金業法の規制を受けません。三井住友銀行カードローンのテレビCMを見てみましょう。

こういった、有名芸能人を使ったテレビCMを、目にする機会が増えました。

銀行カードローンにも規制の手が入る…?

こうした銀行カードローンのテレビCM放送もあってか、銀行カードローン利用者の数はとても多くなりました。そしてそれに呼応するように、銀行カードローンの審査基準は緩くなりました。多重債務者でも銀行カードローンを利用できるようにするためです。

このままでは当然、かつての消費者金融と同じ道筋を歩むことになるのは目にみえています。実際、現在銀行カードローン利用者は自己破産に追い込まれる事案が増えているほど。銀行カードローンは、国が本格的に動き出す前に、「広告内容を見直す」「審査基準を引き上げる」などして、自主規制に動いています。

クリエイターが苦しいのは消費者金融のCM業界だけでは無いかもしれません

現在のCM業界は、全体的に締め付けが苦しい時代です。

CMの表現が不適切だった場合、例えば女性蔑視だったりすると、すぐにブーイングが入って放送中止です。

クリエイターは以前よりずっと、表現の一つ一つに気を払わなければなりません。

とはいえ、特に消費者金融のCMは利用者の生活を簡単に脅かすもの。細やかな表現には特に気を使うべきものなのかもしれません。

MUFGカード・ゴールド

mufjカードゴールド

年会費2000円+税でゴールドカードが持てる!使いやすいゴールドカードです。

年会費 初年度無料
限度額 100万円
ポイント還元率 0.4%
マイル還元率 0.2%

「MUFGカード・ゴールド」のメリット紹介!

「MUFGカード・ゴールド」には利用すればするだけ広がる利用価値があります。これには細かい部分まで含まれているのでそれも含めて紹介します。
まず楽しさが広がる「グローバル・ポイント」を挙げることができます。このポイントは「MUFGカード・ゴールド」の利用額に応じてポイントが決定され、素敵な商品との交換やマイレージなど様々な提携先のサービスに移行することができます。このようなポイントを貯蓄して置くことで非常に便利に日常生活を送ることができます。一方でこのポイントには有効期限が存在し、ポイント獲得月より24カ月間有効ということになります。交換対象となる商品はWebカタログで検索することができ、交換レートとしては1カ月のショッピング利用金額合計1000円につきポイントを1ポイントずつ与えています。月額1000円未満は切り捨てになるのでその点には注意が必要です。加えてMUFGカードを複数枚所有していても、カード単位でポイントは付与されます。ポイントの応募に関してはWebや電話により申し込みが行えます。その他にもアンバーサリーポイントやグローバルPLUSのような様々な付随サービスを利用することもできるので、真の意味で買い物を楽しむことができるでしょう。

ステージプログラムも採用

また長くこの「MUFGカード・ゴールド」を利用することでお得になる側面もあります。まず前提として年会費の支払いや50万円以上の1年間ショッピング利用代金のようなサービスのような項目を満たすことで星が1つ貯蓄されます。この星を5つ貯蓄することでプレミアムBONUSというポイント優遇が提供されます。これにより利用者の方は様々な場面においてポイントを有効活用し、ポイント優遇も受けて一石二鳥の愉悦に浸ることができます。
利用者の方に対する手厚いサポートでもこのカードは有名です。このカードには種々の保険が付帯されています。例えば海外旅行傷害保険では最高2000万円の保険が下ります。海外旅行中の傷害や疾病に対するクッションとなり、利用者の方は安心して海外旅行を楽しむことができます。一方で「MUFGカード・ゴールド」の年間利用額が20万円未満である場合には最高100万円という制限が付随します。また同じような保険のサービスにはショッピング保険も適用されています。これは年間限度額が100万円であり、カードで購入した品物の破損や盗難などの損害を購入日より90日間にわたって補償するのです。またこれは一風変わったサービスになりますが国内渡航遅延保険も適用されています。これは最高額20000円で、遅延により生じるホテル代金や衣料品のような利用者の方の負担を肩代わりします。
旅行に関しては空港ラウンジサービスも存在します。これは海外渡航で国際線を利用する際に、国内主要6空港とホノルル国際空港のラウンジを無料で利用することができるというものです。このサービスにより利用者の方は旅行中のほんの少しの隙間時間も優雅に楽しむことができます。
このように列挙したサービスからもこのカードが非常に優れていることがヒシヒシと伝わり、利用者の方にも自信をもってオススメすることができます。

「MUFGカード・ゴールド」の入会を知る!

「MUFGカード・ゴールド」の入会に際してはオンライン入会が基本であると考えることができます。そしてこの手法により入会する場合には「MUFGカードWEBサービス」や「WEB明細チェック」に申し込むことができます。
「MUFGカードWEBサービス」とはEメールで請求額の確定額をお知らせし、パソコンや携帯電話を通じて簡単に各種変更手続きを行うことができるサービスになります。登録に関しての費用は0円になります。
また「WEB明細チェック」とは郵送の利用明細書の代わりにMUFGカードWEBサービスで利用明細を確認することができる便利で環境的なサービスになります。
MUFGカードの入会専用ダイヤルは0120-151117になります。ここに電話をすることであなたの利用者生活の第一歩が始まるのです。受付時間は9:00~21:00になります。

「MUFGカード・ゴールド」の総評

「MUFGカード・ゴールド」は年会費が少し必要ながら充実した海外旅行などにおける保険サービスやオンラインショッピングの補償サービスを受けることができ、非常に使い勝手の良い1枚であるということができます。また国内渡航遅延保険のようなきめ細かいサービスも充実しており、非常に利用しがいのある1枚になります。またポイントの点でも広がりのある利用をすることができ、そういう意味でも自信作の1枚になると考えられます。

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

西友・LIVINで毎日3%オフ!毎日お得なセゾンカードです。

年会費 永年無料
限度額 100万円
ポイント還元率 0.5%
マイル還元率 0.3%

「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の特典を知ろう!

「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の特典についてですが、これについては様々な観点から語ることができるので、それぞれについて個別に紹介します。
まず買い物におけるお得なサービスについてです。これは西友やリヴィン、サニーやSEIYUドットコムのような販売経路による購買を行うことで毎日3%オフになります。一方でこの3%オフのサービスを受けた場合、永久不滅ポイントが付与されない点については注意が必要です。これに対しては永久不滅.comを経由してSEIYUドットコムを利用することで永久不滅ポイントを受け取ることができるという抜け道が存在します。
また「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の利用で毎月5日と20日は5%オフのサービスを受けることができます。このサービスによっては通常通り永久不滅ポイントを受け取ることもできるのでその分お得な買い物を楽しむことができます。一方でこの5%オフサービスはSEIYUドットコムなどを経由した購買によっては受けることができないのでその点には注意が必要です。

家族カードも優秀

家族カードについてもお得な点を挙げることができます。家族カードは年会費が基本的に無料ですが、本会員の方と同じようなサービスを受けることができます。この同じようなサービスというのは例えば保険サービスやキャッシング機能が挙げられます。これらは豊かな日常生活を送る上で欠かせない機能になります。
安心のオンラインプロテクションが充実している点も特徴的です。心当たりのないネット上での不正使用による損害を補償します。これによりSEIYUドットコムのようなオンライン上の取引も充実した心境で行うことができます。一方でこの補償についてはカード発行会社がオンライン取引は不正であったという確認が取れた場合に限られますので、その点には十分な注意が必要です。不正使用の調査に2カ月程度の時間が必要となる場合もあります。
年会費が永久無料という点も当然ながら非常に魅力的なポイントです。この特徴により、利用を希望する方は自分の資金に何ら心配を持つことなくこの「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」を利用することができます。
永久不滅ポイントはSEIYUショッピングカードへ交換できます。永久不滅ポイントが400ポイントあれば全国の西友やリヴィンなどで利用することができるSEIYUショッピングカード2000円分と交換することができます。一方でSEIYUショッピングカードには有効期限がありますので、これを忘れてカード化したまま放置しておくと大損します。このポイントに注意しましょう。
アメリカン・エキスプレスならではの充実の特典も存在します。例えば海外旅行に際して様々な代金を「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」のクレジットカードで支払う場合、貯蓄されるポイントが2倍になります。またホテルやダイニング、ショッピングの3つのカテゴリで利用することができる会員の方限定の優待プログラムも準備されています。
そのほかにもこまごまとした特徴があります。例えば永久不滅ポイントはdocomoやauのポイントにも移行することができます。具体的には「dポイントクラブ」や「au WALLETポイントプログラム」のポイントに移行するということになります。また人気チケットの先行予約や割引サービスも受けています。このチケットのジャンルにはスポーツから演劇、コンサートまで幅広い分野にわたって確保されています。利用のしがいもあるというものです。加えてインターネットには利用明細やポイントの交換、確認も行うことができます。セゾンのインターネットサービスは「Netアンサー」になります。このサービスは携帯電話を利用しても閲覧可能なので、その点で言っても十分に便利です。

「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の総評

「ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の利用に関して様々な特典やサービスが付帯するというのは先述したとおりです。それに加えて年会費が無料であるという点も大きいと考えられます。これらの豊かなサービスを無料で駆使できるというのは社会人の方にとっても非常に魅力的でしょう。その他にも海外旅行時にポイントが2倍になったりする点も非常に魅力的であると言えます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイルを貯めるならこのカード。ボーナスマイルも効率的に貯まるお得なカードです。

年会費 7,000円+税
限度額 100万円
ポイント還元率 0.3%
マイル還元率 1.0%

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の様々なメリットについて!

この「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のクレジットカードはショッピングや食事等の多彩なシーンで利用することができます。旅行のみならず、日々の暮らしに便利な1枚になります。その特長を個々に紹介します。

買い物でのマイル付与や

まずコーヒー1杯やオンライン等の利用、日常生活においてもマイルが効率的に貯蓄されていきます。加えて空港や旅先においてアメリカン・エキスプレスの多彩なサービスを利用することができます。そして買い物や旅行に関してもアメリカン・エキスプレスが提供する様々な保険が付帯されますので、その点でも使い勝手が良いと判断することができます。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のポイント貯蓄!弾ける未来!

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のポイントについて詳細に紹介します。

ポイントをマイルにも交換できる

まずカード利用100円につき1ポイントを貯蓄することができます。そして貯蓄したポイントは好きなタイミングで1000ポイント単位でANAマイレージクラブのマイルに移行させることができます。また年間移行ポイント数の制限が存在しないので、ポイントを大きく貯めていつでもマイルに移行できるのです。このような大きな利用を認めている点にも、利用者の方が高揚感を感じながらカードが利用できる要因の1つと言えるでしょう。
一方で「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」からマイルへのポイント移行には「ポイント移行コース」への登録が必要です。これには参加費6000円などが必要であり、このような出費に対する心構えも必要です。

効率よくポイントをためよう

ポイントをためる際にもコツが存在します。例えばANAグループにおいてこのクレジットカードを利用した場合、ポイントは1.5倍になります。このようにANAグループでの利用で、効率よくポイントをためることができます。さらにANAカードマイルプラス提携店の利用や対象商品の購入により、ポイントとは別にマイルも自動積算されます。このようにポイントのみならずマイルも自動的に積み立てていくことができるので、その点でも非常に利便性があると考えられます。

ボーナスで付与されるマイルもある

入会や継続に関してもボーナスマイルを受け取ることができます。入会時にはもれなく1000マイルがプレゼントされるのです。この入会特典に見られるように利用者の方のカード利用に対するモチベーションをアップさせて、カード利用に関して良いイメージを植え込むようになっているのがこのカードになります。

ANA特典航空券などに交換可能

ポイントやマイルを利用する際には、たまったポイントをANA特典航空券やアイテムと交換することができます。7500マイルからANAグループ便などの特典航空券に交換して利用可能です。このように、空の便の利用を促す形で利用者の方の海外旅行を促進する働きをこのカードは担っているのです。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のトラベルに関するサービスの詳細!

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」に関するトラベルサポートについても紹介しようと思います。

豊富な空港サービス

まず空港ラウンジの利用を挙げることができます。これは出発前のほんのわずかな一時を「空港ラウンジ」でゆるりと暮らすことができるというものになります。
加えて「手荷物無料宅配サービス」も付帯しており、利用者の方は手荷物をほとんど持つことなく快い旅の疲労感に溢れながら帰宅することができます。このような何気ない利用者の方に対する心配りにもセンスを感じることができます。
空港サービスに関してはそのほかにも「空港クロークサービス」や「空港パーキング」のようなサービスを受けることもできます。

旅行中の突然の病気などにも対応

旅先での疾病や傷害に対応している点にも注目する必要があります。例えば旅先で疾病や傷害により金銭的な負担を負うことになった場合には「旅行傷害保険」が下ります。これにより、外出先での金銭的な負担を緩和することができるのです。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のプロテクションについて

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のプロテクションに関しては旅行のみならず、日々のショッピングにも適用されています。例えばカードにより購入した商品について破損や盗難による損害を受けた場合、1人の方に対して最高200万円まで補償を行います。
このようにショッピングに関する不安も取り除き、非常に安心した状態でカードを利用することができます。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の総評

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の利用に関しては主に空の旅に対する補償やサービスが行われている点に注目することができます。特にANAグループとの連携が強く、様々なマイルサービスやポイントの特典を受けることができる点でも非常に有効です。
そのほかにも旅行傷害保険やショッピングに関する補償に関しても様々なサービスを展開している点で優れたクレジットカードであると言えます。

MUJI Card

MUJIカード

私含める無印良品のヘビーユーザーなら持っておきたい一枚。MUJIショッピングポイントが効率的に貯まるカードです。

年会費 永年無料
限度額 100万円
ポイント還元率 0.5%
マイル還元率 0.3%

「MUJI Card」の会員様への叫び!会員特典

「MUJI Card」は、ネットストアや店舗のような各種無印良品の商業施設で購入を行った際に、ポイントを進呈します。その中でも会員の方向けに行われているサービスについて紹介します。

無印良品特有のMUJIショッピングポイント

「MUJI Card」に関する会員特典については、まず入会に際してショッピングで利用することができる「MUJIショッピングポイント」が進呈されます。加えて無印良品の利用により「MUJIマイル」と「永久不滅ポイント」の双方が貯蓄され、これらをMUJIショッピングポイントに交換することができます。また「無印良品期間」でこのクレジットカードを利用すると割引価格での優待が行われるので非常に便利であると考えることができます。これは基本的に10%オフのサービスなので、期間中の買い物が大変お得になるのです。

ポイントはどのように付与されるのか

ポイントの具体的な数値について見てみましょう。まず「MUJI Card」の新規入会に際しては1000ポイントが進呈されます。また季節性のポイントもあり、「MUJI Card」の会員限定で5月と12月に500ポイントずつが進呈されます。加えて利用者の方の誕生日の月においてのポイント進呈として500ポイントが進呈されます。

ポイントとは別個に貯まるMUJIマイル

「MUJIマイル」も機能しています。これは国内での無印良品やネットストアでの利用でMUJIマイルを貯蓄すると、MUJIショッピングポイントがプレゼントされるというものになります。基本的な交換レートは1円で1マイルになります。誕生日月に交換する場合にはレートが1円で2マイルになります。またマイルに関しては特別なステージが準備されており、シルバーステージの場合20000マイル以上になります。

使用用途もさまざまな永久不滅ポイント

無印良品の利用で永久不滅ポイントも倍加的に貯蓄されます。国内の無印良品やネットストアでこのクレジットカードを利用した場合、永久不滅ポイントが通常の3倍貯蓄されます。貯蓄された永久不滅ポイントはMUJIショッピングポイントの他、多彩な商品と交換することができます。
また無印良品はもちろん、国内や海外でのショッピング、携帯電話や電気料金の支払いによっても通常ポイントをためることができます。この永久不滅ポイントは「MUJIショッピングポイント」との間に互換性を持ち、永久不滅ポイント200ポイントで「MUJIショッピングポイント」1200ポイントと交換することができます。

ポイントごとに交換できる商品が異なる

具体的な商品交換についても紹介します。例えばソファーに関しては3000ポイント、LEDの伝統に関しては1600ポイント、超音波アロマディフューザーに関しては900ポイントで交換することができます。このように個性あふれる商品を交換することができるので、ポイントを貯蓄しておくことに越したことはありません。

無印良品における割引

「無印良品週間」における割引優待についても詳細に紹介しておきます。まず「無印良品週間」においては店頭や無印良品ネットストアで「MUJI Card」による支払いを実行した場合、商品を優待価格で手に入れることができます。実施期間などについては無印良品のホームページなどで通知されるので見過ごさないよう注意する必要があります。

「MUJI Card」の強き心!

「MUJI Card」の強みとしては、まず年会費にその強みがあります。例えば国際ブランドをVISAにした場合、年会費は無料になります。またオプションサービスとしてETCカードを同時に申し込むことができます。これにより高速道路などを快適に走行することができます。

AMEXにした場合の利点

国際ブランドをAMEX(アメックス)にした場合、年会費が3000円必要になりますが、その他の面で特典を受けることができます。まず全国の西友やLIVINのような店舗で5%オフのサービスを受けることができます。加えて永久不滅ポイントはdocomoやauのようなポイントにも移行が可能です。
さらに人気チケットの先行予約、優待割引のようなサービスを受けることもでき、利用明細やポイントの確認・交換もすべてインターネットで行うことができます。その他にも期間限定でのキャッシュバックサービスや抽選でのギフトカードプレゼントのような利用者の方が楽しめる企画も存在し、非常に使い勝手の良いカードであると決定づけることができます。

申し込みからの流れもスムーズ

申し込みに関してもこのカードは利便性を発揮しています。例えばカード発行に関して言えば最短で3営業日以内にカードが発行されます。またWeb上では「かんたん申し込み」のようなサービスも形成され、利用者の方は簡便な方法で申し込みを行うことができます。

「MUJI Card」の総評

「MUJI Card」は無印良品での店舗購入やネットショッピングに関して非常に利便性を発揮し、利用者の方にポイントや代金割引のような特典をもたらします。これらの特典を活用し、無印良品で賢く買い物を続けることで豊かな毎日を送ることができます。
さらに永久不滅ポイントの貯蓄により、有効期限なしでポイントをため、利用することができるので非常に利便性が高いと言えます。永久不滅ポイントは「MUJIショッピングポイント」とも互換性を持ち、個性豊かな商品と交換することもできるので利用者の方も楽しみを持ちながらカードを利用できます。”