モビットの審査基準は他の消費者金融と違うのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大手消費者金融のモビットは審査が厳しいのか気になる方もいるはず。モビットの審査通過率は非公開となっていますが、その他申し込み条件やその他利用者からの声を調べると極端にその他消費者金融との審査基準は変わりません。申し込み条件は20歳から69歳まで申し込み可能。収入も安定していればアルバイトやパートとしての収入でも問題ありません。
もちろんカードローンなので担保や保証人は必要ありません。他の消費者金融や銀行カードローンと同じく、モビットのカードローンで借入れたお金の利用目的も原則自由となっています。問題はその審査基準です。

モビットの審査基準は「当社基準」

モビットが行う審査内容ははっきりと明示されていません。その審査基準は当社基準となっており、細かい基準はわかりません。ですが大手消費者金融の審査基準はそこまで大差ありません。
収入が安定していればアルバイトやパートだったとしても利用可能。審査で見られるのは収入や雇用形態が関わるその人の属性よりも、消費者金融が審査で重要視するのは現在のキャッシング申し込み情報や借入履歴などの信用情報。返済遅延や債務整理によって返済能力に疑問を持たれてしまうと、その時点でモビットは審査に落ちてしまう確率が高いです。
わかりやすいのが過去1年以内など直近の返済遅延。または一ヶ月以内など短期間の複数申し込み。それらの情報はすべて信用情報に記載されてしまい審査で不利です。


属性はスコアリング形式で審査

属性も審査に大きく関わります。収入がより多いほど、勤続年数が長いほど審査で有利な属性となります。加点形式で属性が審査され、そのスコアがモビットの審査基準を満たした時、モビットのカードローンが利用可能な状況となります。
収入が多いほど審査で有利。勤続年数は長ければ長いほど有利。雇用形態はアルバイトやパートより正社員のほうが有利です。居住形態も見られ、賃貸より持ち家に住んでいる方が有利です。もし賃貸に住んでいる場合はその居住年数が長いほどスコアが高くなります。
これら属性の審査基準は多少の厳しさの違いがあっても大差はありません。問題は収入が安定しているか。勤続年数が極端に短くないか。同居人はいるか。モビットはそこを重要視します。


信用情報はクリアなものが強い

信用情報に問題があったとしたら、モビットでなくとも大手消費者金融では不利です。街金とも呼ばれる中小消費者金融ならともかく、三井住友銀行グループ傘下のモビットは信用情報を厳しくチェックします。
返済遅延など審査で不利な情報が残っていたとしたらその情報が消えるまで待つ。モビットの他に申し込むとしたら期間を空けるなど審査で有利な信用情報を作っておきましょう。


モビットの10秒簡易審査はすごい

モビットの審査の売りはなんといっても10秒簡易審査です。この10秒簡易審査は簡易とはいえかなり本審査に近い審査となります。入力項目も他者のお試し審査などとは入力項目がかなり多くなっています。お試し審査とは違い、実際の審査と同じく信用情報機関から信用情報を取り寄せての審査となります。
プロミスやアコムなどの行うお試し審査と違うのは、10秒簡易審査に申し込んだ情報は信用情報に残ってしまうこと。軽いお試し審査の気持ちで申し込むのはやめておきましょう。


審査の際気をつけておくこと

まずひとつ目の注意点は審査で大切なのは申し込み情報にミスを無くすこと。審査で落ちる人の多くがこの入力ミスでの審査落ちです。ネットからの申し込み、自動契約機からの申し込みでも同じくミスのない申し込みを心がけましょう。
電話口や自動契約機が入ったブースの挙動も審査で見られます。怪しい行動を起こしていたとしたら、それをきっかけに審査落ちとあることもあります。気をつけておきましょう。
モビットの審査基準について理解できた方はぜひ、モビットの詳細ページから実際に申込みを行ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。