銀行カードローンの審査には時間がかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

すぐにでもお金が必要な状況では、できる限り早めに審査を終えてその日のうちに融資を受けたいですよね。とはいえ、お金を借りる人の状況をチェックする審査には、どの業者でもそれなりに時間がかかるものです。とりわけ、審査が厳しいとも言われる銀行カードローンの申し込みには、消費者金融よりも時間がかかるように見えますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、銀行カードローンの審査についてお伝えします。

銀行カードローンでも審査が早いところはある!

スピーディーな審査で知られる大手の消費者金融と比べて、銀行カードローンは審査に時間がかかるイメージがありますよね。しかし、実は銀行カードローンの中にも、大手の消費者金融も顔負けのスピードを誇るサービスがあるのです。

たとえば、「三菱東京UFJ銀行カードローン」や「三井住友銀行カードローン」では、審査は最短30分で終わります。さらに、「みずほ銀行カードローン」や「オリックス銀行カードローン」では、最短で即日審査となっています。このように、銀行カードローンの中にも審査をスピーディーに実施しているところが数多くあります。

これから銀行カードローンの利用をお考えで、かつその日のうちにお金を借りたいなら、審査の早さをウリにしているサービスを利用してみてはいかがでしょうか? 消費者金融と比べて金利の低い銀行カードローン。スピード感でも決して劣っていませんから、ぜひ申し込みしてみてください。

すぐにでも審査結果を知りたいならレイク

カードローンの申し込みで気になるのは、審査の結果が出るまでにあとどれくらい時間がかかるのかということです。急いでいる時や他の用事がある時は、審査の結果が出るまでに、気が休まりません。「いつになったら審査の結果が出るの?」そんな方におすすめしたいのが、「新生銀行カードローン レイク」です。

レイクの審査では、インターネットでの申し込み完了画面に、審査の結果が表示されるようになっています。これは「自動審査」と言って、これまでにお金を借りた人のデータなどから、お金を貸しても大丈夫な人を自動で割り出しているのです。こんなにすぐに審査結果が見られるなんて、便利ですよね。自動審査に通ったら、次は本審査に進みます。本審査と言っても、あとは本人確認書類を提出するだけです。申し込みの内容に嘘や間違いがなければ、このまま契約という流れになります。

即日融資を受けるためのポイント

銀行カードローンで即日融資を受けるためには、2通りの方法があります。振込による融資を受ける方法と、自動契約機でカードを発行してATMから融資を受ける方法です。まず、振込による融資を受ける場合は、それぞれの銀行の申し込み締め切り時間までにすべての手続きを済ませておきましょう。締め切り時間は銀行によって異なりますが、どの銀行でもだいたい14時前後となっているようです。余裕をもって融資を受けるためにも、午前中に手続きを済ませておきたいですね。

ATMから融資を受ける場合は、銀行の自動契約機が営業している時間内であれば、いつでも手続き可能です。自動契約機でローンカードを発行すれば、あとはATMから借入するだけです。カードが手元にあればいつでも即日融資を受けられます。

ネットを使って手続きをスムーズに

銀行カードローンの申し込みの際には、自動契約機で手続きをする前にあらかじめインターネットから仮の登録をしておくと、よりスムーズに審査を進められます。手続きは簡単で、まずそれぞれの銀行カードローンの公式ホームページから、仮登録のための入力フォームへ進みます。そこで必要な個人情報を入力して、手続きをしましょう。このように事前に手続きしておけば、自動契約機で入力の手間が省けるなどのメリットがあります。その日のうちにお金を借りたいなら、ぜひあなたも実践してみてください。

銀行カードローンにはメリットがたくさん

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利がかなり低めに設定されています。その分、審査が厳しいと言われることもありますが、一度契約できればその後はたくさんメリットを感じられるでしょう。金利が低く、借入限度額がかなり高めに設定されているので、大きな金額を長い間借りるのに向いています。また、一般的に消費者金融よりもイメージが良いとされているので、人目も気になりません。審査が早い銀行カードローンを上手に活用しましょう!

銀行カードローンでも即日融資はできる

一見、審査に時間がかかりそうに見える銀行カードローン。ところが実は、最短30分で審査が完了する銀行も存在するのです。消費者金融と比べても決して劣らないスピード感ですから、即日融資を受けたいならぜひチェックしてみてください。さらにスムーズに手続きしたいなら、あらかじめホームページから仮登録をしておくなど、ネットを活用した申し込みをしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。