ネットキャッシングは審査が甘い?その真相を調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パソコン以外でもスマホやケータイでも申し込みできるネットキャッシングは手軽にお金を借りられるとして人気です。
ネットキャッシングサービスを展開しているところも増えていて、業界内の競争も激化しています。
ネットキャッシングの中で、融資までのスピードの速いことを売りにして新規顧客の開拓を目指しているところも多いです。
即日審査はもちろんのこと、最短30分くらいで審査結果を通知してくれるところもあるほどです。


審査がスピーディ=審査が甘い

ネットキャッシングはスピーディに審査をしてくれます。
このためあまり詳しく審査をしていない、すなわち審査が甘いという話をしばしば耳にします。
確かに銀行カードローンなどと比較すると、審査は甘いかもしれません。
しかしまともなネットキャッシングであれば、しっかり必要な審査はしています。
ですから誰でも彼でもネットキャッシングは融資を認めているわけでもありません。


ネットキャッシング審査のポイント

ネットキャッシングではどのような審査基準でチェックしているのか、情報を公開していません。
しかし一般的に以下のポイントを審査の中では重視する傾向があると言われています。

勤務状況について

ネットキャッシングの基準として、安定・継続的な収入のあることを絶対条件とすることが多いです。
そこでサラリーマンや公務員のような給与所得者は、毎月給料が入ってくるので安定・継続的な収入があると評価されます。
自営業者や派遣社員、アルバイトのような非正規雇用の場合、収入の安定性が低く評価されることもあります。
ただし会社員でもコロコロ転職していて、勤続年数が半年未満の場合には評価が低くなります。

他社の借入状況

ネットキャッシングでは他社に借り入れのない人を高く評価します。
他社に借り入れがあるとそちらの返済にお金が回され、自分のところには返済できなくなるのでは、と思われるからです。
他社の借入状況ですが、債務の総額よりは借入件数の方が重視されます。
一般的な傾向として、3社を超える借入先のすでにある人はネットキャッシングの審査をクリアするのは難しいと考えられています。

居住形態

ネットキャッシングとして恐れるのは、借金を返済せずに連絡の取れなくなることです。
例えば持ち家であれば、まず夜逃げなどをして連絡の取れなくなる事態は考えにくいです。
自分名義はもちろんのこと、家族名義であっても高く評価されます。
賃貸でもいま住んでいるところに長く暮らしているのであれば、腰を据えて生活していると判断され、審査では高く評価されるでしょう。

電話

最近では固定電話を持っていない人も多いので、携帯電話しか連絡先がなくてもネットキャッシングの審査で落とされることはないです。
ただし固定電話と携帯電話の両方を持っていると、審査の中では高く評価されます。


まとめ

ネットキャッシングの審査は、銀行カードローンなどと比較すると甘めと言って良いでしょう。
ただし収入が安定しないとか少ない、他社借入がたくさんある、ブラック情報が信用情報に記載されている場合、審査に受からないかもしれません。
ネットキャッシングの中には、お試し審査と言って簡単な項目に応えると、その条件で融資可能かどうかを判断してくれるところもあります。
このようなサービスを利用して、ネットキャッシングからの融資が受けられるかどうかの指標にしてみるのもありでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。