キャッシングで設定されている平均の数字はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマートフォンを操作する女性

キャッシングにより、金利の設定は異なります。キャッシングによっては、高い金利が設定されているものもあれば、低金利が売りのキャッシングも多いです。

金利の設定の平均値はどれくらいなのでしょうか。金利の平均を知っておかないと、自分の目をつけたキャッシング金利が高いのか、それとも低いのか判断がつかないはず。

今回は私と一緒に、キャッシング金利の平均について勉強していきましょう。

消費者金融のキャッシング金利の平均は?

まずは、キャッシングをメイン業務としている企業、「消費者金融」のキャッシング金利の平均を調べていきましょう。消費者金融のキャッシングは、「サービスが充実している」「審査が甘い」など、他のキャッシングには無いメリットが多く揃っています。

消費者金融のキャッシング金利比較

消費者金融名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

大手消費者金融のキャッシング金利を一覧にしてみました。これを見てわかるのは、「消費者金融間で金利に大きな差がない」ということです。

大手消費者金融のキャッシング金利はほとんど同じくらい中には上限金利ギリギリの業者も

大手消費者金融のキャッシングはどれも、ほとんど同じくらいの設定です。下限金利は3.0が最低で、少し高く4.5%ほどの設定をしている消費者金融もありますが、消費者金融からの借入額は少ないことが多いため下限金利は考えなくて良いでしょう。

上限金利は、法律で制限されている数字より少し低い「18.0%」としているところがほとんど。大手ではなく中小消費者金融なら、上限いっぱいの「20.0%」としている業者も珍しくありません。金利の設定を最優先とするなら、消費者金融のキャッシングを利用するべきでは無いかもしれませんよね。

銀行カードローン金利の平均は?

消費者金融ではなく、銀行カードローンの金利の平均も気になりますよね。キャッシングについて多少知識のある方なら、「消費者金融のキャッシングより銀行のキャッシング金利が低い」ことを知っている方も多いのではないでしょうか。

銀行カードローン金利比較

銀行名 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%

消費者金融のキャッシング金利よりも、低い金利が設定されているのが見て取れるはずです。金利が低いということは、それだけ返済時に支払う利息の金額が小さくなるということ。

少しでも返済時支払う利息を少なくして、返済の際感じる負担を小さくしたいと思っている方はぜひ、銀行のキャッシングを利用してお金を借り入れてください。

銀行によってはかなり低金利のキャッシングも

銀行の種類によっては、かなり低い金利が設定されていることが見て取れるはずです。銀行によっては、消費者金融のキャッシング金利の半分程度の金利を設定しているところも。

金利が低いのは確かに大きなメリットですが、実は、金利が低いということはそれだけ「利用者が限られてしまう」ということです。つまり、銀行は審査時「返済不能にならない、返済能力の高い人」を優先してお金を貸し付ける/strong>ということ。半端な返済能力では、銀行のキャッシング審査に落ちてしまうでしょう。

キャッシング利用者の平均は?

消費者金融のキャッシングと、銀行のキャッシング金利の平均値が見えてきたところで、別の観点から「キャッシングの平均」を探っていきましょう。

平均年齢は?

キャッシング利用者全体で見ると、利用者の中で一番多いのは「20代」の「男性」ということになります。20代は、自分の自由に使うことができるお金が少ないので、キャッシングに頼ってしまう人も多いのでしょう。

年収、自由なお金が増える30代利用者は少し落ち着き、家族ができることで自由が減る40代のキャッシング利用者も少なくありません。

平均借入額は?

キャッシングを利用して借り入れるお金の平均値はそれほど高くありません。平均借入額は「50万円程度」。どうして平均借入額が小額なのかというと、消費者金融は「総量規制」の対象で「年収の3分の1までしか借りられない」という制限がかかるからでしょう。

平均的な利用目的は?

キャッシング利用で一番多いのは、娯楽・レジャー目的での借り入れです。カードローンは、「借り入れたお金の使いみちが自由」なキャッシングのため、レジャー目的での借り入れが多くなっているのです。

次いで、「生活費」の借り入れが、借り入れ目的で続いています。この生活費を借り入れているのは、主に20代など若い層でしょう。

まとめ

キャッシングの平均借り入れ額、平均して多い借り入れ目的などを学びました。

キャッシングの平均など、利用者の中央値を知っておくのは、実際にキャッシングを利用した際の大きな助けとなります。あなたを助けてくれるのは「知識」という財産です。キャッシングに関する知識を蓄えtえおきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。