カードローンのキャッシングVSクレジットカードのキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ATM

消費者金融や銀行のキャッシング、無担保無保証人で利用できる個人融資、「カードローン」。

そして、クレジットカードに付帯されている機能である「キャッシング」。

これらキャッシングサービスの利用者は多いです。果たして、より優秀なキャッシングサービスはどちらなのか。それぞれのキャッシングの特徴を一つずつ比較して、検証していきたいと思います。

キャッシング金利の比較

キャッシングで設定されているそれぞれの金利を比較していきましょう。

キャッシング 金利
楽天カード 18.0%
SBIレギュラーカード 7.0~20.0%
セディナカード 18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.9~14.6%
プロミスのカードローン 4.5~17.8%
住信SBIネット銀行カードローン 0.990% ~ 7.990

黄色いのが、クレジットカードのキャッシング、そしてそこに設定されている金利。青いのが、カードローンで設定されている金利です。

見てわかるのは、「クレジットカードのキャッシングより、カードローンのキャッシング金利が低金利」であるということ。金利の設定でいうと、やはりキャッシングを専門に扱う消費者金融のカードローンなどのほうが、優秀な設定が組まれていますね。

カードローンの方が金利に「幅」がある

クレジットカードのキャッシング金利は「一律同じ」のような設定が組まれていることが多いですが、カードローンの金利には「幅」が設定されていることが多いです。

これは、審査で設定された限度額に応じて、「金利の設定が変わる」ということです。対してクレジットカードのキャッシングは、金利への変更が小さいです。金利の分野では「カードローンの方が優秀」だと言えるでしょう。

借り入れ方法

クレジットカードとカードローンのキャッシング、両者の借入方法を比較してみましょう。

どちらのキャッシングも、基本的な借入方法は「ATMにカードを入れて行う」というもの。

カードローンなら「ネットキャッシング」対応

最近のカードローンは、ネット上で借り入れと返済が可能な「ネットキャッシング」に対応しているものが多くなっています。

クレジットカードのキャッシングも、「ネットキャッシング」に対応したものが多くなっていますが、その対応の広さは「カードローン」おどではありません。借入方法の柔軟さも、カードローンの設定の方が優秀だと言えるでしょう。

返済方法

返済方法に関しても、「借入方法」の項目と同じです。借入方法と同じく返済方法に関しても「ネットキャッシング」が絡んでくる場合があります。つまり、カードローンの多くが、「ネットから返済可能」である場合が多いということ。

借り入れと返済の自由さどちらに関しても、「カードローンの設定が優秀」だと言わざるを得ません。

カードの年会費

クレジットカードの中には、持っているだけでお金がかかってしまうものも少なくありません。持つ人が限られる「上級カード」の場合は、年会費だけで数万円から数十万円なんてものもあるくらいです。

これでは、カードを持っているという「ランニングコスト」だけで、利用者にとって重い負担になってしまいますよね。

カードローンなら「年会費無料」

どの消費者金融カードローン、そして銀行カードローンも一律、「年会費永年無料」です。どれだけ優秀な設定のカードローンも、審査の厳しいカードローンでも、利用者に年会費が請求されることはありません。

キャッシングのランニングコストという点では、「カードローンの方が優秀」だと言えるかもしれません。とはいえ、年会費が永年無料のクレジットカードも珍しくありません。必要ならば、クレジットカードの年会費を比較してみましょう。

キャッシング利用の気軽さ

キャッシングの利用には気がとがめます。それは「借金=悪」という社会通念など、様々な要素があるからです。

過去キャッシング利用で、生活にかけるお金が足りなくなり、生活が破綻した人は多いです。そうした悪い過去を知っているからこそ、キャッシング利用には足が遠のいてしまうもの。消費者金融など、キャッシングを専門に扱う金融会社からの借り入れなら、その気持はさらに色濃く表れるのではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシングなら「無審査」で利用可能

クレジットカードのキャッシング利用には、再び「審査」を受ける必要がありません。初期審査で「キャッシング限度額」が言い渡されていたなら、その限度額でキャッシングが可能になります。

つまり、今財布に入っているそのクレジットカードで、キャッシング利用が可能であるちうこと。この「キャッシング利用の気軽さ」という観点で考えると、圧倒的にクレジットカードのキャッシングに軍配が上がりますね。

まとめ

消費者金融や銀行のカードローン、そしてクレジットカードに付帯しているキャッシング、どちらがより優秀なのか、それは一概に言い切ることが難しいです。

自分がキャッシングに何を求めているのか?それを考えて、キャッシングを利用することにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。