カードローンの金利は高いのか?利息は減らせる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンは、消費者金融や銀行のキャッシング商品です。

キャッシングを利用してお金を借り入れる場合、気になってしまうのが「金利」です。金利が高ければ高いほど、返済時に支払う利息も大きくなります。

さて、果たしてカードローンで設定されている金利は、果たして他キャッシングとくらべて高いのか低いのか。少しでも支払う利息を少なくする方法は無いのか、調べていきましょう。

カードローンの金利は高い?

そもそも「カードローンの金利は高いのか?」という疑問を晴らしていきましょう。毎年行われている貸金協会のアンケート結果に寄ると、キャッシング利用者がキャッシングを比較する際の一番の比較項目が「金利」となっています。

金利が高いか低いか、そこをみるのが一番「お得さ」を測る上で確実ですよね。

各業者のカードローン金利を比較

それでは実際に、各業者のカードローンで設定されている金利を、一覧にして比較してみましょう。

カードローン名 金利
アコムのカードローン 4.7%~18.0%
プロミスのカードローン 4.5%~17.8%
アイフルのカードローン 4.5~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

カードローンによって、金利の設定には違いがあることが一目瞭然のはず。わかりやすいのが、「消費者金融のカードローン」よりも「銀行カードローン」の方が金利が低いということ。

単純に、金利が低ければそれだけで利用者を多く集めることができることを考えれば、「金利を高くする理由」が気になるところです。ですが、当然その金利設定には理由があります。

消費者金融のカードローン金利が高めな理由

ここからは、「どうして消費者金融のカードローン金利は銀行カードローンの金利より高いのか」を考えていきましょう。金利が高いと、債権者にとってどんなメリットがあるのでしょうか?

貸し倒れリスクを減らすため

一番大きいのが、やはり「リスクヘッジ」です。キャッシング利用者にお金を貸すのは、債権者にとっていつもリスクと隣合わせ。

「キャッシング利用者がもし、利用中に返済不能となったら」「キャッシング利用者が、途中で自己破産したら」。消費者金融や銀行は、それだけで利益を得られなくなってしまうのです。

その貸し倒れてしまうリスク、利息を回収できなくなるリスクなどを考えて、高い金利で先に多くの利息を徴収しておくのです。

キャッシングサービスを充実させるための金利

高い金利は、「充実したサービス料」でもあります。高い金利を設定することで多くの利息を徴収し、その利息でサービスを充実させることに繋げているのです。

その表れとして、消費者金融のカードローンは、低金利の銀行カードローンよりもサービスが充実しています。「即日審査」「即日融資」「レディースローン」など、キャッシングを便利にするサービスが盛りだくさんです

カードローンの金利による利息を軽減させるコツ

では、その高い金利による高額利息の支払い負担を減らすコツはあるのでしょうか。探してみましょう。

そもそも低金利のカードローンを利用する

そもそも「低金利のカードローン」を利用すれば、高い金利で苦しむことはありません。これが一番確実で手っ取り早い方法です。できれば「消費者金融のカードローン」などより「銀行カードローン」を使ってお金を借り入れるのがおすすめです。とはいえ、銀行カードローンは消費者金融のカードローンとくらべて審査が厳しいのが考えものです。

無利息サービスを利用する

高い金利を無料にできる「無利息サービス」を利用しながらお金を借り入れるのもおすすめです。「無利息サービス」は主に大手消費者金融のカードローンで利用できます。

無利息サービスとは、「30日間」など、限られた期間中に金利が適用されなくなるサービス。この無利息期間を上手に使えば、あなたが高い金利で苦しむことは、今後なくなるでしょう。

返済を繰り上げる

毎月キャッシング業者側が定めた返済額を払い続けても、返済の負担は重いままです。なぜならその「約定返済額」の内訳をみると、ほとんどが「利息」になっているからです。

その毎月の約定返済額以上の返済を行えば、その返済額はそのまま元金の返済にあてられます。返済の準備ができ次第、どんどん予定を繰り上げて返済を行いましょう。少しでも早く返済を完結することで、少ない総返済額でキャッシング利用を終えることができます。

まとめ

消費者金融や銀行のキャッシング、カードローンに設定されている金利について説明しました。

銀行カードローンと消費者金融のカードローン金利の差。そして、どうして消費者金融のカードローン金利が高めに設定されているのか。そして高い金利設定で、高額利息支払いをずっと続けずとも良くなるコツは何かあるか。

金利について詳しくなっておくことで、実際のカードローン返済で感じるストレスを軽くすることができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。