学生はカードローンを利用できないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

学生でも教材費や娯楽費などでお金が必要になる場面が多数あるかと思います。親にお金を貸してくれとは中々言えず、カードローンなどを視野に入れている学生も多いかと思いますが、不安なのは「学生でもカードローンの審査に通過できるのか?」という点ではないでしょうか?今回はそういった学生の疑問や不安について説明していきますので、参考にしてみてください。


学生はカードローンの審査に通る?

結論から言ってしまえば学生がカードローンを利用する事は可能です。
しかし、審査通過率は正社員に比べかなり低いと言えるでしょう。最低でもアルバイトで収入を得ている、他社から借入をしていないという点をクリアしていないと審査通過は非常に難しいと言えるでしょう。
また、学生といっても年齢が20歳以上を超えていないとカードローンを利用する事ができません。また、銀行などは年収が200万円以上やアルバイト・パート・専業主婦は不可という学生には厳しい条件を設けている場合もあるので、カードローン申し込みを検討している場合は予め申し込みを検討している銀行を公式サイトなどで調べておく事をお勧めします。

学生は利用限度額が低い?

学生がカードローンの審査に通ったとしてもカードローンの利用限度額が希望した限度額に達しない場合があります。
カードローンは基本的に利用限度額が300~1000万円と高額なものが多いですが、学生の場合は利用限度額が10~30万円までと規定している銀行や貸金業者が多く、50万円以上の利用限度額があるカードローンを利用できる学生は非常に稀です。
また、最初の利用限度額が10万円程度でも返済遅延が一切ない利用実績が優秀な方であれば学生でも利用限度額の増額をする事が可能です。しかし、増額できたとしても20~30万円ほどですので、高額な借入を行う事は学生では困難です。


学生向けカードローンについて

学生向けカードローンは主に学生ローンと呼ばれており、主に消費者金融で取り扱われている商品となります。テレビCMや広告などではあまり見かけないカードローンなので知名度が低く聞いた事がないという人も多いかと思います。
学生ローンは通常のカードローンと比べ申し込み条件や最低返済額が異なります。
基本的に銀行カードローンは申し込める年齢が原則満20歳以上と決まっていますが、学生ローンの場合は満18歳以上の大学生が対象となっている事が多いです。
そのため、未成年の大学生でもカードローンを利用する事が可能です。
また、最低返済額も従来のカードローンに比べて学生カードローンは低めに設定されている事が多いので、アルバイト程度の収入でも毎月の返済に追われるといった事はほとんどありません。
しかし、学生だからといって金利が低くなる訳ではなく、大体学生ローンの金利は15~18%に設定されています。毎月最低返済額で支払い続ければその分利息が付きますので、お金に余裕があるときは最低返済額より多くの額の返済をお勧めいたします。


アルバイトはしていないけど仕送りはある 審査は通る?

実家からの仕送りで一応毎月安定した収入があるが、この場合はカードローンの審査に通過する事ができるのか?と疑問に思う点でもありますが、仕送りが収入として認められる事はありません。
カードローンの申し込み条件として定められている安定した収入というのは、アルバイトやパートなどで安定した収入をえているかという事ですので、実家から毎月仕送りがあったとしてもカードローンの利用は認められません。


短期アルバイトをしている学生はカードローンを利用できる?

アルバイトといっても1ヶ月程度の短期アルバイトや本人が辞めると言わない限り続けられるアルバイトがあります。今回は短期のアルバイトをしている学生でもカードローンを利用できるのかという事ですが、短期のアルバイトをしている学生でもカードローンを利用する事は可能です。しかし、審査通過率はかなり低いと言えるでしょう。
まず短期アルバイトは継続的な収入はなく、アルバイト期間が終了すれば収入はなくなります。また、短期だとどうしても勤続年数が短くなってしまうため審査でも非常に不利な信用情報となってしまいます。
短期のアルバイトが終了してもすぐに次のアルバイトが見つかり、安定した収入を継続して得られる保証はどこにもありません。その為、カードローンの審査には通りにくくなってしますのです。


学生がカードローンを利用する際の注意点

学生だからといってカードローンの金利が低くなるという訳ではありません。その為、限度額一杯の借入を行った場合は毎月の返済額が非常に負担となり最終的には親に肩代わりしてもらうしかないという状態まで陥ってしまう学生も少なくないのです。
現在では学生にもカードローンは身近な存在となってきましたが、利用する際は借入総額が将来的に自分の生活が圧迫されない程度に抑えておく事が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。