銀行のカードローン審査は厳しいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングやクレジット会社のクレジットカードといった商品より、ハイスペックな金利や限度額を設定している非常に便利かつお得な商品です。
しかし、その分銀行カードローンは審査が厳しくアルバイトやパートでは審査に通ることは難しいと言われています。では、実際に銀行カードローンの審査はどれだけ厳しいのかを今回は調べてみました。


銀行カードローンについて

銀行カードローンは銀行が取り扱っている個人向けローンの一つです。基本的に金利は大体下限金利が4%、上限金利が14%です。消費者金融やクレジットカードでお金を借りる場合の金利は基本的に18%となる為、比較してみるとかなり低い金利でお金の借入が可能と言えるでしょう。また限度額も非常に高く、低いものでも300万円、高いもので1000万円とかなり高額な限度額を設定しているため、ほとんどの出費にも十分対応する事ができます。
総量規制が気になる方もいるかと思いますが、銀行カードローンは貸金業者ではない為、総量規制は対象外です。その為、年収が300万円でも銀行では年収3分の1以上、すなわち100万円以上の限度額を設定して利用する事が可能となっております。
しかし、カードローンはクレジットカードと違ってショッピングをすることは出来ません。カードローンの機能は原則、現金の借入のみです。

なぜ審査が厳しいと言われている?

銀行カードローンは金利が低い上に利用上限額が非常に多きい商品です。また総量規制が無いため、利用者は年収を気にすることなく限度額を希望する事ができるのです。
しかし、銀行のカードローンはその金利の低さと利用限度額の高さが原因で審査が厳しめに設定されていると言われています。
例えば友人に1万円貸してくれと言われれば、少額だし働いてるからしっかり返済してくれるだろうと友人の返済能力をそこまで見極めずに貸す事ができるでしょう。しかしこれが100万円となれば話は別です。その友人の返済能力や約束した日に必ず返してくれるかなどをしっかりと見極めた上で判断するかと思います。
銀行もそれと同じで、高い金額を貸す為、その分申込者の返済能力をしっかりと見極める必要があります。また、銀行の利益となる金利も低いため利用者には非常に便利ですが、銀行側は申込者が貸し倒れした際のデメリットが大きいのです。


消費者金融と比べて審査通過率が極端に低いという訳でもない

銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますが、消費者金融に比べて審査通過率にそこまで差があるのかと言えば実はそうでもありません。
申し込みは「安定かつ継続した収入のある方」が絶対条件となっていますが、正社員以外にもアルバイトやパート、主婦でも銀行カードローンを利用できている人は多数存在しています。
正社員よりも利用限度額が低めになってしまう可能性は高いですが、正社員と比べ金利が高めに設定されるという事は決してありません。アルバイトやパートといった収入が少ない方でも低金利の銀行カードローンを利用する事が出来るのです。

消費者金融とは審査方法が違う?

銀行カードローンの審査内容は消費者金融と違うと思われがちですが、そうではありません。そもそも銀行カードローンは保証会社となっている消費者金融が審査を行う場合が多いため、審査内容は消費者金融とほとんど変わりありません。信用情報や申込者の年収や勤続年数といった属性を評価し限度額やカードの発行が決まります。しかし、限度額の高さや金利の低さが消費者金融のキャッシングとは全く違うので、その分審査が慎重になっていると思われます。


専業主婦でも審査に通る?

家事や子育てのみに専念し生活費などの収入は全て配偶者に任せている専業主婦の方でも銀行カードローンを利用する事が可能です。銀行にもよりますが、申し込み条件として「配偶者に安定した収入がある方」という条件を設けている銀行も多数存在します。限度額は30~60万円までとかなり大幅に下げられてしまう可能性が高いですが、専業主婦でも審査に通過し低金利で銀行カードローンを利用する事ができるのです。


銀行カードローンを利用する際は返済計画が重要

信用情報に傷がなければアルバイトやパート、専業主婦の方でも利用できる銀行カードローン。審査が厳しいと言われていますが、かなり厳しいという訳でもありません。
しかし、銀行カードローンは高額な限度額で利用できる為、使い過ぎてしまう可能性が高いと言われています。それが原因で多重債務化してしまう、債務整理をしてしまうという人が多い商品とも言われています。
総量規制が無いというのは銀行カードローンのメリットでもありますが、決して返済額が減るという訳でもありません。借りすぎるとその分返済の負担が増します。
仮に審査に通ったとしても、その後しっかりと返済計画を立てなければ自分の生活に影響を及ぼしかねませんので銀行カードローンは利用する際に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。