かるくんに聞く!金利が一番お得なキャッシングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
かるくん自己紹介用アイコン

今回は僕が、金利面で消費者金融や銀行のキャッシングを比較して、お得なキャッシングを紹介するよ!

金利に関して、他キャッシングと比較する項目は結構多いです。僕と一緒にキャッシングをしっかり比較して、自分がお金を借り入れるのに適したキャッシングを見つけていきましょう!

金利の数字で比較

まずは、キャッシングの基本中の基本、「金利の数字」をしっかり比較していこう。

プロミスのカードローン 4.5%~17.8%
アコムのカードローン 3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
住信SBIネット銀行カードローン 1.59~7.99%

「大手消費者金融」と「銀行カードローン」の金利を比較してみたよ!それぞれのカードローンで設定金利が違うよね!

「低金利のカードローン」なら銀行カードローンがおすすめ

上の表を見てもらえれば分かる通り、「消費者金融のカードローン」より「銀行カードローン」の方が低金利の設定が組まれているよね。金利の低さを最優先でキャッシングを比較するなら、おすすめは「住信SBIネット銀行カードローン」かな。

とはいえ、住信SBIネット銀行カードローンの審査基準はかなり厳しく設定されてるから、申し込んだほとんどの人が審査に落ちてしまうと思うんだけどね…。

限度額で比較!

続いて、カードローンで設定されている「限度額」でキャッシングを比較してみるよ。限度額と金利は、実は密接に関連しているんだ。金利だけ比較して、限度額を比較しないのは片手落ちだよ。

プロミスのカードローン 最高500万円
アイフルのカードローン 最高500万円
モビットのカードローン 最高800万円
オリックス銀行カードローン 最高800万円
みずほ銀行カードローン 最高1000万円

銀行カードローンの方が、高い限度額が設定されている割合は多いけど、単純に「消費者金融のカードローン限度額は低い」というわけでもないみたいだ。

限度額設定が上がると適応金利が下がる

どうして金利と限度額が関係しているのか?不思議に思った人もいるよね。

それは実は、「審査で高い限度額が適応されると、それに伴って低い金利が設定される」からなんだ。どれくらいの限度額が設定されるかは、審査結果によって変わるよ。低い限度額設定で、低い金利の借り入れを行うには、「限度額が低いカードローン」を利用しないといけないよね。

消費者金融のカードローンは「総量規制の対象」

とはいえ、消費者金融のカードローンでお金を借りようと思ってる人には一つ注意が必要なんだ。それは、「消費者金融のカードローンは総量規制の対象」であるということ!

総量規制とは、「年収の3分の1までしか借りることができない」という法律のことです。つまり、消費者金融のカードローンで高い限度額設定にて借り入れるには、それ相応の高い年収をもらっている必要があるんだよね。

「審査に自信があるし、高い限度額、低い金利で借りたい」と思っている方は銀行カードローン。「審査に通ればいい」という方が消費者金融のカードローンを利用するようにしてね!

無利息サービスで比較

キャッシングサービスの中でも特に「金利」と関係するサービスが、「無利息サービス」だよ。無利息サービスについての情報をしっかり比較しておこう!

アコム 初めてのキャッシングで30日間無利息
アイフル 初めてのキャッシングで30日間無利息
プロミス 初めてのキャッシングで30日間無利息
新生銀行カードローンレイク 初めてのキャッシングで30日間無利息
初めてのキャッシングで5万円以下180日間無利息
ノーローン 何度でも一週間無利息

無利息期間中なら金利が無料無利息サービスの設定を一覧にしてみると、「初めてのキャッシング利用で30日間無利息」というサービスが一般的だよね。
新生銀行カードローンレイクとノーローンの設定が少し特殊かな。

この「無利息サービス」何がすごいって、設定されている無利息期間中は「金利が無料」になるということ。高く設定された20%近い金利が適応されず、借り入れたお金に利息も発生しないよ。

特にすごいのがノーローンだね。初めてのキャッシング利用でなくとも、返済完結の翌月再び「一週間無利息」となるサービスが利用可能になるよ。

まとめ:より良いキャッシング利用のためにはしっかり比較を

キャッシングを利用してのお金の借り入れ、そしてその返済の流れをスムーズにするには、事前にしっかりとキャッシングを比較しておくことが大切だよ。

今回は、僕と一緒に金利に関連する情報を比較したけど、比較すべきキャッシングの特徴は多いよ。金利だけでなく、もっとたくさんの情報を比較して、自分が利用するキャッシングを見つけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。