今すぐクレジットカードが欲しい!審査の甘いカードはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードを持って喜ぶ男性

クレジットカードを使ってショッピングやキャッシングを行いたくとも、その前にクレジットカードの審査に通らないとカードを作ることができない…とお悩みの方のために、審査の甘いクレジットカードを紹介します。

そして、クレジットカードの審査では、主にどんな情報が見られているのか、クレジットカードの審査基準についても説明します。

クレジットカードの審査で何が見られているのか

まずは、クレジットカードの審査ではどんな情報が見られているのか、そこから調べていきましょう。

属性

クレジットカードの審査でまず見られるのは、この「属性」です。

属性で見られるのは、「収入」や「勤続年数」「勤務先」など、その人が持つ経済状況に直結する情報です。

この属性の値が加点形式で属性が審査され、クレジットカードの審査基準を満たさなかった場合、審査に落ちてしまう。そんな世界です。

信用情報

信用情報に記録されるのは、クレジットカードや金融商品を利用した記録が、この信用情報に記録されます。

クレジットカードの申込み記録、クレジットカードの審査を受けた記録、そしてクレジットカード代金を支払った記録など。

他にも、カードローンなどのキャッシング利用記録も残ってしまい、その後のクレジットカード審査結果に大きな影響を及ぼします。

ですがこの信用情報に何も記録されていない状態も、「スーパーホワイト」と呼ばれ、それはそれで審査に不利です。→「スーパーホワイトではクレジットカードの審査に通らないのか!?

審査が甘いとはどういうことか?

審査が甘いとはどういうことかというと、「審査で求める条件が少ない」ということです。

高い属性の値も求めず、信用情報に多少問題があっても、即審査に落とすようなこともありません。

クレジットカードの審査基準を引き下げると、それだけ多くの利用者に使ってもらえる反面、利用者がクレジットカード代金支払い不能となってしまうリスクを抱えています。審査基準の甘いクレジットカード会社にとっては、ハイリスクハイリターンであるということですね。

審査の甘いクレジットカード

では具体的に、審査の甘いクレジットカードを2枚見ていきましょう。

ACマスターカード

ACマスターカードは、審査の甘いクレジットカードの代名詞です。

それもそのはず、ACマスターカードを発行するのは、クレジットカード業務をメインで行う信販会社ではなく「消費者金融」なのです。

消費者金融の発行するクレジットカードということは、審査基準も消費者金融のもの。ということは、クレジットカード発行に弱い情報の持ち主でも、消費者金融基準の審査なら通るかもしれないということです。

楽天カード

楽天カードも、審査の甘いクレジットカードとして有名です。

以前は「ニートでも持てる」と言われたくらいに審査の甘いカードでした。最近はもっと審査基準が引き上げられたとは思いますが、今でもそれほど高い属性値やクリーンな信用情報も求められません。

カードスペックも優秀なので、まずは初めてのクレジットカードとして楽天カードを選ぶのも良いでしょう。

クレジットカードの審査に通るためには

クレジットカードの審査に通るためのコツ、これも知っておきたいですよね。

必要ないクレジットカードを解約する

クレジットカードをたくさん持っている記録は、信用情報に記録されています。

クレジットカードを多く持っていると、それだけクレジットカード利用限度額が高くなってしまいます。それだけクレジットカード代金の支払い能力が下がってしまうと判断されるので、クレジットカードの審査に落ちやすくなってしまいます。

利用している不要なキャッシングも解約する

クレジットカードにはキャッシング枠もあるため、キャッシングの利用状況もクレジットカードの審査に影響してしまいます。

契約しているだけの、使っていないキャッシング、これも解約してしまいましょう。

まずは審査の甘いクレジットカードでクレヒスを作る

クレジットカードを利用した記録「クレジットカードヒストリー」が長ければ長いほど、クレジットカードの審査に強くなります。

もし目当てのクレジットカード審査に落ちてしまったら、別のもっとクレジットカード審査が甘いカードを使い続けて、クレジットカード審査に強いクレヒスを作ることをおすすめします。

まとめ

クレジットカードを作りたいが、クレジットカードの審査に通ることができるかどうか心配…ならば、審査の甘いクレジットカードを利用しましょう。

クレジットカード審査で見られるのは、収入など生活にかかわる問題「属性」と、過去の取引履歴「信用情報」です。

これらどちらを欠いていても、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。