ACマスターカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ACマスターカード

大手消費者金融アコムの発行するクレジットカードがこの、「ACマスターカード」となります。

年会費 永年無料
限度額 300万円
ポイント還元率 0%
マイル還元率 0%

「ACマスターカード」の手数料を考える!

「ACマスターカード」の手数料については、リボルビング残高の経過日数に応じてかかります。毎月20日までの利用分を翌月6日までに支払われる場合、手数料の負担はありません。「新規利用残高」を一括で支払われると一般的なクレジットカードの「1回払い」に当たります。
手数料はリボルビング経過日数に応じて高まる傾向を持ちます。例えば経過日数が1日であると手数料は40円になります。また経過日数が10日であると手数料は400円になります。最後に経過日数が30日であると手数料は1200円になります。
利用明細についてはアコムのホームページを閲覧することで確認が可能になります。この機能を利用するためにはWeb上からの会員登録が必要になります。

「ACマスターカード」の重要なポイント、重視しよう!

「ACマスターカード」を利用する上では3点ほどの重要なポイントを語ることができます。
まず第一にMasterCardのクレジット機能が付随しても、年会費が無料になります。この機能は世界中のMasterCard加盟店で利用することができます。
続いて最短で即日のカード発行が可能です。一部のむじんくん(自動契約機)コーナーではその場でカードを受け取り利用を開始することができます。
最後に利用明細に関して郵送はありません。利用明細については先述したようにアコムホームページで確認することができます。これは利用者の方の家族に対するプライバシーの保全を意図して形成されたシステムであるということができます。

「ACマスターカード」の便利な利用!生活のお得!

「ACマスターカード」の便利な使用方法についてはコンビニやスーパーでの利用が考えられます。MasterCard加盟店である全国のコンビニやスーパーにおいて現金を出す必要もなく支払いを済ませることができます。
またクレジットカードの利用に際して利用者の方の都合に応じて余分な支払いも認めています。加えてこの支払いにはアコムに対する連絡も必要なく、利用者の方は快く手数料の節約に走ることができるのです。
利用金額についてもその履歴データが過去3カ月にわたってネットで掲示されます。何かと無計画に利用し困ることが多いクレジットカードですが、このようなアフターフォローがあれば自分の金銭使用計画と照らし合わせて有意義な利用が可能になります。
自由な利用計画が立てられるのも「ACマスターカード」の特長になります。具体的に言うと利用上限額の内では利用者の方も自由に金銭の使いみちを組み立てて利用することができるので、自由度の高いカードであるということができます。一方で利用可能額は審査によりアコムが決定します。自分の希望通りの利用限度額を得ることができない場合もありますので、その点については十分な注意が必要です。

「ACマスターカード」の申し込み!流れる契約!

「ACマスターカード」の申し込みに関しては以下の流れでことが進みます。
まず2段階に分けられた情報入力を行います。入力する情報は基本的に利用者の方の名前や性別、メールアドレスといった個人情報になります。また同意事項も設定されているので、このような同意事項や規約に違反することなく利用することも非常に重要といえるでしょう。
入力内容が確認されると申し込みは完了します。

「ACマスターカード」のWeb上でのサービス、生活の支え!

「ACマスターカード」には対応するWeb上においても様々なサービスが準備されていることで有名です。
まず返済シミュレーションのコーナーがあります。ここには借入金額や借入利率、返済回数のような数理統計的なデータを入力し、シミュレーションを行うことができます。また返済についての利率などをまとめた早見表も、同ページに掲載されているのでそういったページの活用も非常に有効と言えるでしょう。
そのほかにも利用限度額内での具体的な金額の活用形態や細かな規則についてもすべてWeb上で公開されているので、利用者の方は非常に楽しみを感じながら、ゲームでもするかのように自分のライフプランを立てることができます。

「ACマスターカード」の総評

「ACマスターカード」は様々な数値的な取り決めが多い印象を受けます。その分利用限度額の内では自由に利用を行うことができ、その点で言えば非常に優れたカードであるということもできます。
後、無人契約機における即日でのカードの発行も目新しい特徴でしょう。サラリーマンの方で即金が必要になられた方はこのサービスを利用し、急場をしのぐ意味でも十分に活用できるのではないかと考えられます。ぜひ利用をご一考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。