キャッシングの審査から融資を受けるまでの流れが知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新生活や冠婚葬祭などのライフイベントには、思った以上に大きな出費がともないます。キャッシングを利用する人の大部分が、生活費や教育費の不足といった身近な理由からお金を必要としていますから、今や借入をするのは決して珍しいことではありません。

急な出費での家計へのダメージには、無理のない範囲でキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。初めてキャッシングの前に、融資を受けるまでの大まかな流れをあらかじめ知っておきましょう。


キャッシングってどのようなサービス?

キャッシングとは、銀行など金融機関のキャッシュカードやクレジットカードを利用して、各種ATMから借入を行えるサービスのことです。

同じく借り入れができるサービスとしては、カードローンが挙げられます。両者の違いは、キャッシングでは返済を一括で行うのに対して、カードローンは分割して返済ができるという点にあります。また、融資できる額の大きさも異なります。キャッシングが50万円以下の少額の融資に限られるのに対して、カードローンでは少額の融資からそれ以上の大型の融資まで幅広く取り扱っています。

このような違いがありますが、現金を引き出せるという観点からいえば、どちらも同じようなサービスが受けられるといえるでしょう。カードローンの契約には抵抗があるという方でも、キャッシングを利用すれば、すでにお持ちのキャッシュカードやクレジットカードを使って借入ができるのです。


キャッシングの申し込みはどのようにするの?

キャッシングの申し込みは、各会社のホームページ上、または実際に店舗へ足を運んで行います。申し込み方法は業者によって異なりますから、具体的には利用を考えているサービスに問い合わせて確認しておきましょう。

ホームページ上での申し込みは、登録フォームに個人情報を入力して行います。申し込みに必要な書類は、スキャナーなどで画像として取り込み、アップロードして提出できます。すべての手続きをオンラインで済ませられますから、仕事や学業で忙しい方でも利用しやすいですね。

店舗での申し込みは、担当者による手続きまたは自動契約機によって行います。ひとりでの申し込みに不安がある方は、直接人に相談しながら契約できる、有人の窓口の利用をおすすめします。逆に、人と会わずに契約をしたい方は、専用の機械で申し込みしてみてはいかがでしょうか。


キャッシング前の審査とは?

キャッシングは、申し込みをしてすぐに利用できるようになるわけではありません。申し込みが済んだ後は、審査に入ります。

審査とは、キャッシングを利用する本人の属性情報と信用情報によって、サービスを利用できるかどうかの判断がなされることです。属性情報とは、年齢・職業・家族構成といった情報のことです。信用情報とは、これまでのキャッシングやクレジットカードの利用についての情報のことです。審査に落ちてしまった場合はキャッシングの利用ができませんから、申し込みをする前に、できる限り気をつけておきましょう。

特に、申し込み時の情報に誤りがあったり、複数のキャッシングやクレジットカードの申し込みを短期間に同時に行ったりすると、審査に通りにくくなる可能性があるので注意してください。


実際にお金を借入れるには?

申し込みが審査に通り、契約が成立したら、融資を受けましょう。融資を受けるには、銀行など金融機関のATMや、キャッシング専用のATMを利用します。設置されているATMに、登録したキャッシュカードやクレジットカードを入れると、指定した金額を引き出すことができます。

また、実際にATMに足を運ばなくても、オンラインで融資を受けられるネットキャッシングというサービスもあります。インターネットからキャッシング専用の会員ページにアクセスすると、指定した口座に現金が振り込まれます。外出する手間が省けるというメリットがありますから、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。


返済はどのようにするの?

ネットキャッシングの返済は、毎月決まった日付に指定した銀行の口座から引き落とす方法と、ATMから振込をして返済する方法があります。口座から引き落とす方法では、いつもお使いの銀行のATMへ入金するだけで、特別な操作は必要ありません。ATMから振込をして返済する方法は、指定された口座や専用のATMを使って直接現金を振り込みますから、すぐに返済したい方におすすめです。

返済の滞納をしてしまった場合は、その情報が記録として残ってしまいます。キャッシングは無理のない範囲で行い、決められた日付までに必ず返済するようにお気をつけください。

これから初めてキャッシングを利用する方のために、審査から融資を受けるまでの大まかな流れについてお伝えしました。借りたお金は、しっかりと返済してください。これを参考に、キャッシングを家計の助けとして適切にご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。