総量規制対象外のキャッシングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金に悩む女性

キャッシングを利用されている方なら、「総量規制」について知っている方は多いはず。

総量規制とは、近年新しく施行された、「年収によって借入可能金額に制限がかかる法律」です。この総量規制によって、総量規制の対象であるキャッシングを使った「追加融資」を受けることが難しくなりました。

とはいえ、この法律によって、多くの多重債務者の生活が守られたと見ることもできるのですが…。

実は、国内すべてのキャッシングがこの「総量規制」の対象というわけではありません。ある条件のキャッシングは「総量規制対象外」となり、年収によって借入額の制限を受けません。少し詳しくみてみましょう。

総量規制とは

総量規制とは、上記したとおり、2010年に新しく施工された「貸金業法」の一つです。

総量規制によって、対象となるキャッシングで借り入れることができるのは、「年収の3分の1まで」となりました。以前のように、青天井の限度額で借り入れができなくなったのです。ちなみに、この総量規制が制定されたのと同じタイミングで、「グレーゾーン金利の撤廃」も行われました。

総量規制とグレーゾーン金利撤廃によって、多くの消費者金融が経営難に陥りました。大手消費者金融二社は、銀行の経営傘下に下ることになったほどです。

他社借り入れ合計金額で考える必要がある

この時考える借入額は、一社から借り入れているお金だけでなく、他社借入額合計で考える必要があります。

消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシングなど、キャッシングに類するもの全てからの借り入れです。後述しますが、銀行カードローンは銀行法が適用されるため総量規制対象外。また、クレジットカードのショッピングもキャッシングとは違うため、総量規制の影響を受けません。

総量規制の対象とは

具体的、総量規制の対象となるキャッシングをみていきましょう。

総量規制は貸金業法ですから、貸金業法が適用される貸金業者が、総量規制の対象となります。貸金業者とは、

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社

のことです。

つまり、消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングが総量規制の対象となります。

総量規制によって専業主婦のキャッシングに制限がかかる

総量規制の制限がかかると、専業主婦の借り入れが不可能となります。なぜなら、年収によって借入額が決まるからです。そもそも年収がゼロの専業主婦は、総量規制の対象であるキャッシングを利用できないということですね。

総量規制対象外のキャッシングとは

それでは反対に、総量規制の制限を受けない総量規制対象外のキャッシングを調べていきましょう。

総量規制対象外となる条件

総量規制に制限されないキャッシングの条件はいくつか例があります。一つずつみていきましょう。

おまとめローン

多数のキャッシングを一本にまとめる「おまとめローン」は、総量規制の対象外となります。

たとえそのおまとめローンが、消費者金融のキャッシングだったとしても、です。

なぜなら、おまとめローンは、借り入れた利用者が「返済額を減らすための借り入れ」。つまり、利用者にとって一方的に有利な借り入れとなるからです。そもそも総量規制は、「キャッシング利用者の生活を守るため」の法律です。

おまとめローンが総量規制の対象外だったとしても、納得ですよね。

おまとめローンについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのカテゴリをみてください。→おまとめローン

プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

プロミス

金利 6.3%~17.8%
限度額 300万円
融資 最短即日

消費者金融が運営するおまとめローンのいい例が、このプロミスのおまとめローンです。

金利は6.3~17.8%と高めで、限度額も300万円と低めですが、返済を最優先に考えている方にとってはありがたい存在であること間違いなしです。

銀行カードローン

上でも何度か言っていますが、銀行カードローンは銀行法の制限を受けて運営されるため、「貸金業法の対象外」です。

とはいえ、当然他社借入額が多ければ多いほど、銀行カードローン審査に通りにくくなります。多重債務者の返済能力が著しく低いのは、言うまでもないからです。

今後銀行カードローンにも総量規制がかかる可能性も

「銀行カードローンは総量規制対象外」で、多重債務者でも気軽に利用できていたのは過去の話。

実は、2017年の4月より、銀行は総量規制を自主的に取り入れているのです。その要因は、銀行カードローン利用者が相次いで自己破産を起こしたからにほかなりません。国からおしかりを受けた銀行は、多重債務者に対する貸付に慎重とならざるを得なくなったのです。

まとめ

総量規制の対象になるキャッシングと、おまとめローンの対象外のキャッシングの違い、わかっていただけたでしょうか。

現在すでに年収の3分の1以上の借り入れを行っている方は、総量規制対象外のキャッシングを利用するしか選択肢がありませんが、おまとめローンで多数のキャッシングを一本にまとめることも優先的に検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。