三菱東京UFJ銀行カードローンの増額ってどうするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマートフォンを見ながら悩む男性

三菱東京UFJ銀行カードローン利用開始時や、利用歴が浅い段階では借入限度額は低いでしょう。
限度額が数十万円程度であることも珍しくないのではないでしょうか。
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の設定可能限度額は最高500万円です。現在適用されている限度額を増額したいと思っている人のために、その方法やコツをご紹介します。

目次

三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額増額方法

三菱東京UFJ銀行カードローンの増額のためには、専用のダイヤルへの申込みを行うか、利用履歴を認めてもらい、増額の案内を受け取る必要があります。

第二リテールアカウント支店専用ダイヤルへ電話で申し込む

増額申請を出すには、「第二リテールアカウント支店専用ダイヤル」まで連絡を入れなければなりません。
電話番号は「0120-76-5919」となっており、受付時間は平日9時から21時となっています。土日は17時で受付を打ち切ってしまうので注意してください。

バンクイックの「会員ページ」から増額申請を出す

バンクイックの会員ページから増額申請を出すことも可能です。会員ページにログインするためには、カードに記載されているバンクイックの「口座番号」と、ログインするための暗証番号を入力してログインしてください。そこから、「利用限度額増額のお申込み」フォームから増額申請を出すことができます。この方法ならば、電話からの申請とは違い時間制限がありません。

利用履歴が認められれば増額案内が届くことも

すでに利用歴が半年以上など一定以上の期間経っており、その期間の返済が認められれば、三菱東京UFJ銀行からカードローンの限度額増額案内が届くことがあります。
地道にコツコツ生きていればその努力が認められるのは、ほかのことにも当てはまるかもしれません。

大切なのは「利用している」こと

三菱東京UFJ銀行から増額案内を受け取るためには、「三菱東京UFJ銀行カードローンを利用している」ことが大切です。
つまり、借入カードを財布に入れているだけでなく、借り入れと返済を何度か繰り返していることが大切です。限度額いっぱいでなくとも、定期的に借り入れと返済を行っておき、その中の返済で絶対に「返済遅延」を起こさないこと。これが、増額案内を受け取るための条件となります。
「増額案内を受け取るため」に三菱東京UFJ銀行カードローンを利用するのは本末転倒です。理想は、「三菱東京UFJ銀行カードローンを日々使ってお金の借り入れを続けていたら、ある日増額案内が届いた」なんていうのが、一番理想的ですよね。

「増額申請」を出すと、「増額審査」を受けることになる

「第二リテールアカウント支店専用ダイヤル」に増額したい旨を伝えると、増額に見合ったステータスを持っているかどうか審査されます。
改めて現在の収入や雇用形態、勤続年数など細かい情報を審査され、増額しても返済できるだけのステータスがあるのか、厳しく見られることになります。

収入証明書の提出が必要な場合が多い

限度額を上げるためには、申請を出した人の「収入」を審査する必要があります。収入を審査するためには、給与明細書など「収入証明書の審査」が必要となります。
テレビ窓口から、またはFAXから収入証明書を提出しなくてはなりません。特に、バンクイックの規定通り「借入額が100万円を超える場合」は、この「収入証明書の提出」が必須です。

増額審査は厳しい?

増額審査は一般的に厳しいと言われています。
初回融資時の消費者金融や銀行カードローン審査は、ある程度の情報があれば小額貸付で様子見も兼ねてお金を貸し付けてくれることが多いです。
しかし増額の申し出となると、初回より力を注いだ審査となることが多いです。しかも増額申請が出される時期というのは、まだ利用歴が浅いことが多く、その時点で三菱東京UFJ銀行の信用も浅いことが多いです。
信用が十分でない段階で増額審査に通るためには、それなりの属性と、後ろめたい情報のない信用情報が必要となるのです。

三菱東京UFJ銀行は増額申請を出した人を不審に思う

三菱東京UFJ銀行としては、生活に余裕があり、高い返済能力を備えている人にお金を貸したいと思っています。
カードローン利用者が限度額増額申請を出した場合、三菱東京UFJ銀行からすると、「支払いに困っているのか」という印象を受けます。三菱東京UFJ銀行から不審な目を向けられたまま受ける審査は、厳しくなるのも当然ですよね。
増額審査に通るためには、「この人は支払い能力が乏しいのではないか」という三菱東京UFJ銀行の疑念を晴らすことのできるほどの、高い返済能力を示すことが必要となります。

増額のために有効な交渉材料

何の理由もなく増額申請を出しても、三菱東京UFJ銀行は限度額を上げてくれません。増額してもらうには、それなりの「交渉材料」が必要です。増額してもらうために一番良い条件は、「一定期間以上三菱東京UFJ銀行カードローンを利用していること」ですが、それ以外でも増額してもらうために効果的な条件があります。

年収が上がった

「年収」が高いと、「返済能力」が高いと判断されます。以前より年収の額が上がったなら、それだけで三菱東京UFJ銀行は「返済能力が高くなった」と判断するため、限度額を上げてくれる可能性が高いです。

他社借入を返済完結した

他社借入を返済完結したタイミングで増額申請を出すのも有効です。利用しているのが三菱東京UFJ銀行カードローン一件だけになったとしたら、交渉材料としての効果はさらに倍増だといえるでしょう。

上限まで三菱東京UFJ銀行カードローンを借りた

限度額いっぱい三菱東京UFJ銀行カードローンを利用したタイミングで増額申請を出すのも良いでしょう。
「三菱東京UFJ銀行カードローンでもっとお金を借りたいが、これ以上借りれない」という意志を伝えましょう。
「利用者の借入額が上がる」のは、三菱東京UFJ銀行からしても悪い話ではありません。カードローン利用者の返済能力が十分だと判断すれば、三菱東京UFJ銀行は借入限度額を増額してくれるはずです。
しかし限度額増額には、三菱東京UFJ銀行にとって「返済されない」リスクを同時に抱え込む事になります。半端な「返済能力」では、三菱東京UFJ銀行は限度額を上げてくれないでしょう。

増額審査に落ちやすい人の特徴

増額審査に落ちてしまいがちな人の特徴も見ていきましょう。

返済遅延の情報が残っている

三菱東京UFJ銀行カードローン借入履歴の中で、返済が遅れた情報が残っていた時点で増額審査に落ちてしまうと考えてください。
返済遅延の情報は5年ほど残ってしまい、その間は増額審査だけでなく他社のカードローン審査にも不利となってしまいます。

収入が減った、もしくは途絶えた

利用開始時より収入が減ってしまった、または収入が完全に途絶えてしまったとしたら、増額審査通過は難しいでしょう。
高い限度額の中でお金を借入れたとしたら、その分高い返済能力が求められます。限度額を増額したとしても、それに見合っただけの収入があるのかどうか。
三菱東京UFJ銀行は収入も、初回融資より厳しく審査を行います。

カードローン利用歴が浅い

カードローン利用歴が半年以下、または利用開始から一ヶ月以下などだった場合、増額審査に通るのはかなり難しいです。
キャッシングはまず信用有りきです。利用歴が浅いということは、カードローン利用者と三菱東京UFJ銀行間の信用がまだ浅いということです。

三菱東京UFJ銀行カードローン以外の借入件数、借入金額が多い

三菱東京UFJ銀行カードローンを利用している方の中には、三菱東京UFJ銀行カードローン以外のカードローンを利用している方も多いでしょう。しかし、増額申請を出した段階で利用者の「他社借入」が多いと、三菱東京UFJ銀行は「返済能力」が低いと増額審査を落とす場合が多いです。初回融資時の審査ならともかく、増額審査時に多くの他社借入があるのはかなり厳しいです。
他社借入状況を見た三菱東京UFJ銀行は、「他社への返済で生活が苦しいのだな」と判断するので、返済能力が低いと結論を出します。残念ながら、増額審査に落とされてしまう可能性が高いでしょう。

審査結果はいつ届く?

増額審査に申込み、その審査結果が届くのは通常翌日であると言われています。
増額審査は厳しいだけでなく時間もかかると言われていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンの増額審査結果はすぐに知らされます。
ちなみに、審査結果は電話で伝えられます。

増額審査に落ちても信用情報に傷はつかない

初回融資時の審査と違い、増額融資の審査に落ちたとしても、その記録により「申し込みブラック」となることはありません。
一度カードローンを利用した人への審査は「途上与信」という、初回審査とは異なる分野で記録されることになります。この記録が、後の初回審査時の審査結果に影響を及ぼすことはありません。
しかし、この「増額審査」に申し込んだ記録自体は残ります。あまりにも多くの申し込み記録が「途上与信」の項目に残っていたとしたら、銀行や消費者金融は審査時に「これだけ増額申請を出すということは、お金に困っていて返済能力が乏しい」と判断することも考えられます。
増額依頼の申し込みも、初回申し込み時と同じく慎重な申し込みをおすすめします。

増額申請のデメリット

増額申請後審査に通れば限度額を増額することができますが、スムーズに審査通過できなかった場合、デメリットが生じることもあります。
増額申請に通るメリットは、「限度額が上がることで、キャッシングによってさらに多くの目的を果たすことができる」などがすぐに思いつきます。しかし反対に、増額申請によって生じうるデメリットについてもしっかり把握しておきましょう

お金を借りすぎてしまうリスクがある

限度額が上がると、本来ならば借りる必要のないお金を借りてしまうリスクが生じます。増額審査に通ったこと、実際に限度額が上がったことで気が大きくなり、それが「借り入れ」という行動に繋がってしまうのはよくある話です。
カードローンの限度額を増額するのは難しくありませんが、借り入れたお金を返済するための収入を増やすことは簡単ではありませんよね。収入が変わらないのに、借入額だけ多くなるのはあまりにも危険です。「お金を借りすぎてしまうリスクが高まる」のは、限度額増額による立派なデメリットだと言えるでしょう。

借入件数の増加に繋がることも

一社からお金を借りすぎてしまうのは十分リスキーですが、その借り入れが他社に波及してしまうと、問題はさらに悪化します。
一社へ返済するのも難しいのに、それが二社、三社と増えるともう返済が手におえません。最悪のケースで、自己破産なんてことにもなりかねないのです。

増額審査に落ちると、限度額が下がるケースも

増額申請を出して、増額審査を受けることで、借入先の「限度額の見直し」が行われます。「利用者にとって、今の借入限度額が適切なのか」を見直されるのです。ここでもし、過去返済遅延や債務整理など、債権者にとって不利益な情報があった場合限度額の減額が行われることがあります。
「増額申請」によるもう一つのデメリットは、限度額が今より低くなってしまいかねないリスクがあることです。
返済遅延などに心当たりのある方は、増額申請を見送ったほうが無難です。

確実に増額するためには

あなたのその、カードローン限度額を増額したいという思いを確実に叶える方法があります。
それは、「三菱東京UFJ銀行からの増額案内を待つ」ということです。
自ら増額申請を出して、増額審査を受けずとも、三菱東京UFJ銀行が「優良顧客だ」と認めた相手には銀行側から「増額案内」が届きます。増額審査を受けずとも、三菱東京UFJ銀行から届くこの「増額案内」さえ受け取ることができれば、確実にカードローン限度額を増額することができます。
問題は、どうすれば三菱東京UFJ銀行に「優良顧客だ」と認められるのかということです。

三菱東京UFJ銀行に、ずっと取引したいと思ってもらう必要がある

「優良顧客」とは、「これからも末永く取引したい顧客」のことです。三菱東京UFJ銀行から優良顧客だと思ってもらうには、少なくとも以下の条件が必要です。

  • ある程度のカードローン利用実績を重ねる
  • 借り入れと返済をある程度繰り返す
  • 収入を増やす
  • 返済を遅らせない

少なくとも、「返済を遅らせない」のは最低限必要な条件となってしまいます。

どれくらいの期間カードローンを利用していればいいのか

では具体的に、三菱東京UFJ銀行から認められる「カードローン利用実績」とはどの程度のものなのでしょう。
実際に三菱東京UFJ銀行に聞いてみると、カードローンの利用をはじめてから半年から一年ほどだということです。少なくとも半年は利用を重ねないとならないということですね。
数ヶ月程度の利用実績では、三菱東京UFJ銀行側からすれば「返済不能となるリスクがある」と思われてしまうということです。

銀行から増額案内を出すのは銀行側にとってメリットもある

銀行から増額案内を出して、実際に顧客も限度額を増額した場合、実は利用者だけではなく銀行にもメリットがあります。
利用者の多くは予期していなかった限度額の増額案内が届くことで、気が大きくなってしまうはず。カードローンの限度額が増えたことで、以前より多くのお金を借りてしまう人も少なくないはずです。
しかし同時に、「限度額増額」を行うと、「利用者の返済が追いつかなくなる」リスクが同時に発生します。
だからこそ、三菱東京UFJ銀行側もカードローン限度額増額に慎重なのです。

三菱東京UFJ銀行の口座にお金が入っていると増額審査に通りやすくなる

増額申請を出した利用者が持っている、三菱東京UFJ銀行の口座にある程度のお金が預け入れられていたとしたら、増額審査に通りやすくなります。その理由は明らかでしょう。すでにある程度のお金が口座内に入っていると、三菱東京UFJ銀行への返済がスムーズだからです。
三菱東京UFJ銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行に口座を持っていなくても使うことができるのがメリットですが、三菱東京UFJ銀行に口座を持っているとさらにメリットが増えます。
バンクイックへ申し込む際に、同時に三菱東京UFJ銀行の口座を作っておくことをおすすめします。

口座を持っていれば振込融資も受けられる

口座を持っていると、増額審査に有利となるだけでなく、借入方法が増えるというメリットがあります。
三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方は、自分の口座に借りたお金が振り込まれる借り入れのスタイル、「振込融資」を受けることが可能となります。
はじめての振込時には、平日の14時までに振込依頼を出すことで「最短即日融資」を受けることが可能となります。二度目以降の振込ならば、依頼を出してから30分後には借り入れたお金が振り込まれているはずです。初めてと二度目以降で振込にかかる時間が違うのは、三菱東京UFJ銀行の口座照会を行うかどうかで、振込にかかる時間が違うからですね。

増額審査に落ちたらどうすればいい?

「増額審査に落ちてしまったが、もっと多くのお金を借り入れる必要がある…。」
そんなことを考えている方は、あまりおすすめできませんが、「借入件数を増やす」という選択肢を考える必要があります。

他社借入先を増やすのは慎重に

三菱東京UFJ銀行カードローン以外のカードローンを利用する場合、カードローンの選定は慎重にならなくてはなりません。「借入件数を増やす」という行動はとてもリスキーだからです。
「低金利のカードローン」を利用するか、無利息サービスが優秀なカードローンを利用しましょう。
低金利なカードローンでおすすめなのが、三菱東京UFJ銀行と同じ都市銀行の三井住友銀行が運営するカードローン「三井住友銀行カードローン」。無利息サービスが優秀なカードローンといえば、新生銀行グループの「ノーローン」などが思い浮かびます。

三菱東京UFJ銀行カードローンは総量規制対象外

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンですから、年収で借入れ可能金額が決まる総量規制の対象外です。
利用歴が長くなり、返済遅延を起こさなければ、数百万円の借入限度額設定も夢ではありません。生活の中に、三菱東京UFJ銀行カードローンを上手に取り入れてください。
総量規制以外の三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細なスペックは「三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細ページ」の中で説明しています。

限度額が上がれば適用金利も引き下がる

限度額が上がれば上がるほど、適用金利は引き下がります。

限度額 適応金利
10万円以上100万円以下 12.6~14.6%
100万円超200万円以下 9.6~12.6%
200万円超300万円以下 7.1~9.6%
300万円超400万円以下 6.1~7.1%
400万円超500万円以下 4.6~6.1%

限度額の増額を行ったとしても、10万から100万円、100万円から500万円など、飛躍的な増額ができるわけではありません。
10万円から30万円など、小刻みな増額を続けていくことになりますが、増額すればするだけ返済の負担が軽くなるのはうれしいですね。
使えば使うほど、借りて返してを続けるほど設定が良くなっていくのが三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴です。

まとめ

いかがでしたか?
三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額増額について詳しく説明しました。三菱東京UFJ銀行カードローンの増額審査は、初回の審査より厳しくなります。増額申請を出す人の多くは、まだ三菱東京UFJ銀行カードローンの利用歴が浅く、三菱東京UFJ銀行からの信用がまだ十分ではいからです。
年収アップ時や、他のキャッシングの返済を済ませたタイミングなど、「返済能力が高くなった時」に申請を出すのがおすすめです。三菱東京UFJ銀行も「返済能力がある」と認めてくれる可能性が高くなるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。