三井住友銀行カードローンの審査は果たして厳しいのか?甘いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

三井住友銀行カードローンにこれから申し込もうと思っている方が心配なのが、三井住友銀行カードローンの審査が甘いのか厳しいのかという点ではないでしょうか。
一般的に、銀行カードローンの審査は厳しいと思われていますが、三井住友銀行カードローンの審査基準の設定はどうなっているのか、調べてみましょう。

目次

審査申し込み方法は?

まずは、三井住友銀行カードローンの申込方法について見ていきましょう。三井住友銀行カードローンには、いくつか申込方法が用意されています。自分にあった方法で申込をおこなってください。

ネット申し込み

今申込方法で一番選ばれているのは、この「ネット申し込み」です。パソコンだけでなく、スマートフォンからの申込も可能なので、空いた時間に申し込むことが可能です。三井住友銀行の口座を持っており、SMBCダイレクトに加入済みの方なら、インターネットバンキングを利用した借り入れも可能です。ネット申し込み後審査に通れば、郵送か、ローン契約機でのカード発行も可能です。

ローン契約機から申込

三井住友銀行カードローン独自のサービスが、この「ローン契約機」です。大手消費者金融の自動契約機と同じくその場で借入カードを発行可能で、そのカードを使えば簡単に即日融資を受けることが可能です。

電話申込

三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)に電話して申込も可能です。受付時間は平日、休日ともに9:00~21:00となっています。この方法で申し込むと、カードの受取方法は、「書留での受取」か「ローン契約機での受取」を選択可能です。

窓口から申込

三井住友銀行の銀行窓口から、直接カードローン申し込みを行うことも可能です。窓口にて、本人確認が可能な書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)をご持参の上、窓口で直接申し込んでください。

申し込んだ後のカード受け取りに関しては、他の申し込み方法と同じです。「郵送での受取」か、「ローン契約機でのカード発行」を洗濯してください。お急ぎの方は、このローン契約機でのカード発行をおすすめします。

窓口での申し込みならば、銀行窓口係員の案内を受けながら申し込むことができるので、間違いを減らすことができるでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?

三井住友銀行カードローンの審査についてですが、多少内情に詳しいわたしにいわせると「なんとも言えない」との言うのが実際のところです。
確かに他の、審査が厳しい銀行カードローンと比べると多少通りやすい面があるでしょう。しかし、審査が甘いと思って油断している人が審査に通るほど、三井住友銀行カードローンの審査は甘くありません。

保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が行う審査は厳しくない

「三井住友銀行カードローンの審査が甘い」という口コミを時たまネット上で散見する一番の理由は、三井住友銀行カードローン審査の大きなウエイトを、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が担っているからです。
ご存知の通り、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の審査は消費者金融基準の審査となるため、この後説明する「属性」や「信用情報」のスコアが弱いとしても審査に通ることがあります。

どれくらいの人がプロミスの審査に通っているのか

プロミスの審査について調べるのが、三井住友銀行カードローンの審査基準を知る上で有効なのは間違いありません。もっとはっきりプロミスの審査基準について知るために、プロミスの月次報告書に書いてある、プロミスの新規申し込みに対する新規顧客の割合を見てみましょう。

新規申し込み 39,900
新規顧客数 17,505
成約率(審査通過率) 43.9

およそ、申し込んだ人のうち40%が審査に通ったことになります。このプロミスの成約率は以前から横ばいとなっており、毎月45%前後の数字が発表されています。この数字は、他社と比較しても決して低い数字ではありません。安定した収入があり、過去のキャッシング履歴に返済遅延などの問題が残っていない人なら、特に苦せず審査に通るはずです。

審査を受けた人の口コミをチェック

実際に、三井住友銀行カードローンの審査を受けてみた人の残した口コミを見てみましょう。

年齢 性別 雇用形態 他社借り入れ件数
29 男性 正社員 2件
すでにわたしは、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のカードローンを利用していましたが、問題なく三井住友銀行カードローンの審査に通りました。他社借入金額がそれほど多くないこと。正社員だったことも良かったのだと、カードローンに詳しい友人に言われました。三井住友銀行カードローンの審査は極端に甘くはないものの、ガチガチに警戒するほど厳しくもないのでは。

審査に通れば、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用可能

三井住友銀行カードローンは、公式ホームページなどで、自社カードローンをおまとめローンとして利用することも推奨しています。
キャッシングの一本化を行うおまとめローン、消費者金融のおまとめローンより銀行のおまとめローンなら、金利の下げ幅をより大きくすることができます。

消費者金融のおまとめローンより審査が厳しいが、狙ってみる価値あり

都市銀行3行で、公式ホームページ上でおまとめローン利用を推奨しているのは、この三井住友銀行カードローンだけです。もちろん、他の都市銀行カードローンも審査に通れば、キャッシングの一本化が可能な金額借り入れが可能でしょう。しかし、おまとめローン利用者は100%全員が「多重債務者」です。
「多重債務者は返済能力が低い」というのが、消費者金融や銀行間の共通認識ですから、他社借り入れがある時点で審査通過が厳しくなってしまうのです。
ですが、三井住友銀行カードローンは「おまとめOK」という喧伝をしているほどですから、多重債務者に対して審査が柔軟であることが期待できます。
消費者金融にもおまとめローン専用商品がありますが、消費者金融のおまとめローンを利用するより低金利のキャッシングを利用できます。審査は消費者金融より厳しいですが、金利の下げ幅を考えると、挑んで見る価値は十分あると言えるでしょう。

今や消費者金融のカードローンより銀行カードローン利用者の方が多い

金融庁の最新の調査によると、今や消費者金融のカードローン利用者より、銀行カードローン利用者の方が多いというデータが出ています。
貸金業法改訂を機に、徐々に銀行カードローン利用者の割合が増えていき、2016年現在銀行カードローン利用者の数が消費者金融やクレカのキャッシング利用者を抜く結果となりました。

要因は「総量規制」

やはり銀行カードローン利用者増加の大きな要因は、「総量規制」です。年収の3分の1以上お金の借り入れが不可能な消費者金融のカードローン利用者は、多重債務者にとって使いやすいとは言えません。
貸金業法に規制されない銀行カードローンならば、たとえ現在すでに年収の3分の1以上お金を借りていたとしても、追加借り入れ可能なのです。多重債務者が多いカードローン利用者にとって、総量規制対象外の銀行カードローンは強い味方ですよね。

銀行カードローンの審査基準が引き下がった

以前「銀行カードローンの審査は厳しい」というイメージがありました。しかし、明確なデータこそないものの、現在の銀行カードローン審査は消費者金融カードローンの審査と差がないように感じます。
アルバイト・パートでも審査に通るのは当たり前。主婦でも、学生でも審査に通すほどです。それに、以前より審査時間もグッと短くなり、最短30分ほどで審査結果が出ることも珍しくありません。
「低金利」「即日キャッシング対応」「総量規制対象外」のメリットが揃っているならば、誰しも消費者金融のカードローンより銀行カードローンを選びたくなってしまいますよね。

三井住友銀行カードローンの審査基準を知りたい

だいたいの審査基準を知ることができましたが、もっと詳しく三井住友銀行カードローンの審査基準を知りたいという方も多いはず。
三井住友銀行カードローンの審査基準について知るための方法は何か無いのでしょうか。

審査で見られるのは?

まずは、三井住友銀行カードローンの審査で見られる情報について詳しく知っておきましょう。
審査で見られるのは、主に申し込んだ人の持つ「属性」と「信用情報」です。これは何も三井住友銀行カードローンの審査だけでなく、他のあらゆるカードローンの審査において見られる情報です。

属性

属性とは、申し込んだ人が持つ支払い能力を表す情報です。年収から、勤続年数に勤続形態、居住年数や居住形態など、様々な情報がこの属性に含まれます。年収が多ければ多いほど属性の審査では高得点となるなど、スコアリング形式でこの属性の審査が行われます。最終的に三井住友銀行の定めた属性の審査基準を満たした時審査通過となります。

属性の審査で明確な基準はわかっていない

「年収が○○円以上」「勤続年数○○年以上」など、三井住友銀行カードローンの審査に通るために必要な属性のスコアは明らかになっていません。あくまで総合的に、三井住友銀行の設定した三井住友銀行の審査基準を満たした人が審査に通ると言われているのみです。
しかし、年収の額が高ければ高いほど高評価、勤続年数が長ければ長いほどスコアが高くなるのも間違いありません。
また、雇用形態も、安定した働き方の方が三井住友銀行から高い評価を受けることになります。属性が強い順に、公務員>正社員>契約社員>派遣社員・アルバイトといった感じです。
三井住友銀行カードローンの審査を行うのは、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の審査にまつわる情報が参考になるでしょう。

信用情報

信用情報は、申し込んだ人が現在どのキャッシングやクレジットカードに申し込んでいるのか。その後の審査に通ってたのかキャッシングの契約を結んでいるのかまで含まれています。
中でも信用情報の審査で重要なのが、過去の返済履歴です。返済が期日内に終わったかも信用情報の審査では見られることになります。
三井住友銀行カードローンほどの審査基準では、返済遅延があった時点で審査に落ちてしまうでしょう。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のお試し審査を受けてみましょう

プロミス お試し審査

自分の大まかな審査結果を、簡単ないくつかの項目を入力することで知ることができる「お試し審査」。このサービスに三井住友銀行カードローンは対応していません。ですが、三井住友銀行カードローンの保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の公式ホームページ上でお試し審査を受けられるため、お試し審査を受けたい人はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のお試し審査を利用してください。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちたとしたら

三井住友銀行カードローンの審査に申し込んだが、結果的に審査に落ちてしまったとしたら、いくつか考えられる理由があります。

申込情報に誤りがあった

申込時に入力した情報に、実際の情報との差異があった場合、その情報が原因で審査に落ちてしまいます。申込時に、うっかり入力した情報にミスが合った場合審査に落ちてしまいますし、入力する情報を審査に有利となるように嘘をついたとしても審査に落ちてしまいます。
三井住友銀行は何万人もの人を審査してきた、言わば審査のプロです。申込みの中にある嘘なんてすぐに見破るでしょう。

属性が足りない

収入や勤続年数など、支払い能力に関わる属性の審査で落ちてすしまう人も多いです。単純に年収が少ないだけでは審査に落ちてしまうことはありませんが、極端に少ない収入や、途切れがちな収入は、審査に不十分な属性となってしまいます。

信用情報に問題がある

信用情報で不利なのは、返済遅延と、返済額を減らすために行った債務整理の手続きです。それらの記録が合った時点で審査に落ちてしまうきっかけとなってしまいます。また、申込件数が極端に多い、または審査に落ち続けているなどの情報も生活力を疑われることで審査に不利な情報として扱われてしまいます。

返済遅延や債務整理の記録が消えるまで

返済遅延や債務整理を行った記録が、信用情報から完全に消されるまでには短くとも5年ほど待つ必要があります。
債務整理の中でも一番長く信用情報に残るのが「自己破産」の記録です。自己破産の記録は信用情報に10年ほど残ってしまい、その間は審査にかなり不利な状況となってしまいます。

「ブラック」な状態では、それだけで審査に落ちるのか?電話で聞いてみた

審査が厳しめだと言われている「銀行カードローン」の審査。では、過去に返済遅延や債務整理の記録が残っている時点で、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまうのか?実際に三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)に電話して聞いてみることにしました。

私「過去に、他消費者金融などのカードローン返済で遅延記録が残っていた時点で、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまいますか?」
コールセンター「総合的に判断して、審査結果を出すため、現時点では返事しかねます」
私「では、返済遅延などの記録があった時点で、審査に落ちてしまうことは無いということですか?」
コールセンター「作用でございます」

このような説明が行われたわけですが、私は正直「意外だ」と思ってしまいました。私はてっきり、信用情報に問題がある時点で、審査で弾かれてしまうとばかり思っていたからです。三井住友銀行カードローンの審査は私の思った以上に柔軟で、「ブラック」な信用情報だというだけでは審査に落ちてしまうということは無いようです。
この柔軟な審査の要因もまた、保証会社の「SMBCコンシューマーファイナンス プロミス」が三井住友銀行カードローンの審査を行うからこそでしょう。

審査に受かりやすくなる対策はある?

三井住友銀行カードローンの審査に、少しでも通りやすくなる審査対策がいくつかあります。審査が心配な方は、十分な対策を立ててから申込みを行ってください。

正確な情報で申込み

まずは一番簡単で確実な審査対策から行いましょう。
実際の情報と誤差が無い、正確で正直な情報で申込みを行うのも十分審査対策となります。働いてない職場の情報で申し込んでも、審査の過程で待ち構えている「在籍確認」でバレてしまいますよ。

借入件数を減らしておく

多少の借入件数があっても、三井住友銀行カードローンの審査には響かないかもしれません。また、三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収で借入金額に制限を受けません。
とはいえ借入件数も借入金額も少ないに越したことはありません。おまとめローンでキャッシングの一本化を行うなど、少しでも借入状況を審査に強い状態を作っておきましょう。

三井住友銀行カードローン一本に絞った申し込みを行う

復数のカードローンへ同時申し込みを行うと、それにより三井住友銀行から「同時申し込みを行うほど金銭的に困窮している」と見られてしまうので、審査に不利となります。
申し込むのは三井住友銀行カードローンとしておいた方が、審査通過の可能性が上がります。

三井住友銀行としては、できれば生活に余裕がある人にお金を貸したい

三井住友銀行としては、できれば少しでも返済能力の高い人にお金を貸したいと思っています。
生活に困窮しており金銭的に逼迫している人は、それだけで「返済能力が低い」と判断されるので、審査と不利となってしまうのです。
少しでも「返済能力」に疑問を持たれないことが、審査に通過するためのコツです。

借入希望金額を小額に

借入希望金額が高ければ高いほど、審査通過が難しくなってしまいます。
多くのお金を貸し付けるのは、銀行側としてはリスクでしかないからです。貸し付けるお金が小額ならば、「貸したお金が返ってこない」というリスクも少ないですよね。

多くの人が借りやすくなった三井住友銀行カードローン

三井住友銀行とプロミスが提携したことにより、三井住友銀行カードローンの保証会社が「SMBCコンシューマファイナンス」となりました。
それにより三井住友銀行は、大手消費者金融のキャッシングノウハウを吸収しました。事業提携が三井住友銀行カードローンに及ぼした影響は大きく分けて二つ。

大手消費者金融のプロミスと提携したことで審査基準が緩くなった

何より、審査を行う保証会社の存在が大きいです。
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を行う「SMBCコンシューマファイナンス」は、かつてプロミスとして経営していた会社が母体となってできた会社。「SMBCコンシューマファイナンス」は、ほとんどプロミスと同じだと言ってもいいはずです。
三井住友銀行カードローンの審査を行うのは「SMBCコンシューマファイナンス」ですから、ほとんどプロミスが審査すると言ってもいいはずです。消費者金融の審査に通るだけの情報を持っている人なら、ほとんどの人が審査に通るはずです。
プロミスとまったく同じ審査基準が設定されているとは考えにくいですが、大きな違いは無いのではないかと、私は考えています。

「ローン契約機」の登場で即日融資を受けやすくなった

三井住友銀行ローン契約機

三井住友銀行とプロミスが事業提携したことで、三井住友銀行は銀行内に「ローン契約機」を設置しました。
ローン契約機は、大手消費者金融の自動契約機と同じく、機械を操作することで、その場でカードの発行が可能になるというもの。
ある程度の大きさの三井住友銀行支店内には、ATMコーナーに「ローン契約機」が設置されているはずです。
三井住友銀行で即日融資を受けたい方は是非、このローン契約機を活用してください。

ローン契約機で審査申し込みがおすすめな理由

ローン契約機から申し込めば、その場でカードローンの借入カードを手に入れることができるだけではありません。
ローン契約機には三井住友銀行のコールセンターと繋がっている電話機が併設されています。その電話機を活用することで、三井住友銀行カードローン申込時頭に思い浮かんだ疑問を即座に解消することができるのです。
また、ローン契約機にはスキャナーがついており、契約機に画像のデータを取り込むことができます。あとはそのデータを三井住友銀行に送るだけ。ローン契約機を使うことで、契約に必要な書類の提出もスムーズになります。

ローン契約機のブース内で申し込むと、審査が終わるまで出られない

完全に、ローン契約機のあるブース内で申込を行うとなると、一つデメリットもあります。
それは、「審査が終わるまでブースの外に出られない」ということです。三井住友銀行カードローンの審査は時間がかからず、最短30分の設定が組まれていますが、申込が混み合っているともっと長い時間がかかることも多いです。
審査が終わるまでの間、狭いブース内でじっとしているのは、かなり辛いだろうと想像できます。この、「審査結果をブース内で待つことになる」不便さだけ我慢できる人だけ、ローン契約機からの申込を行ってください。
「平日の午前中に申し込む」人は、審査に時間がかかりませんから、ローン契約機からの申込を行っても良いかもしれませんね。

三井住友銀行カードローンの増額審査は厳しい?

三井住友銀行カードローンの初回融資時に受ける審査より、限度額を増額する際の審査の方が厳しいと言われています。初回融資時の審査は、少ない限度額で「お試し」的にお金を貸し付けることもできます。しかし、「限度額を上げる」となると、それにより借入額が増えることで債務者が「返済不能」となるリスクが一気に跳ね上がるのです。
それゆえ、お金を貸し付ける三井住友銀行側も、審査に慎重となるのです。

増額審査の審査時間は最短30分

三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)へ電話して、限度額増額申請を出すことになります。申し込んでから増額審査の結果が出るまでにかかる時間は、最短で30分ほど。遅くても即日で審査結果が届きます。たとえ、限度額を上げることができないとしても、増額審査の結果はすぐに知ることができるはずです。

在籍確認がある

限度額を増額するにあたって、初回融資と同じく会社への確認電話、「在籍確認」が行われます。どうしても「在籍確認はこまる」という方には、別の方法で対応を考えてくれます。増額申請を出す際に相談してみてください。
しかしすぐに在籍確認を行わない場合は、増額まで時間がかかってしまうこともあります。

最低6ヶ月以上の三井住友銀行カードローン利用履歴が必要

限度額を上げるためには、ある程度「三井住友銀行カードローンの利用履歴」が必要になります。一定期間お金の借入と返済を繰り返していないと、三井住友銀行はその人を信用しないからです。
三井住友銀行から認められるまでに必要な期間ははっきりとしないものの、過去の利用者の口コミを見ると「少なくとも半年間の利用履歴が必要」だと言われています。三井住友銀行カードローンの利用期間がそれに満たない場合は、増額審査に落ちてしまうかもしれません。

増額申請を出すタイミングも重要

「どのタイミングで増額申請を出すか」も重要です。なんのイベントもない平日に出すよりも、何かのきっかけで増額申請を出したほうが、増額審査に通りやすくなります。増額申請を出すべきタイミングを紹介します。

年収が上がった

限度額を増額するには、ある程度の年収が必要です。年収が上がったタイミングで増額申請を出せば、「返済能力が上がった」とみられるので、限度額を増額してもらいやすくなります。

結婚した

結婚していると、審査で見られる「属性」の値が上がるので、増額審査に通りやすくなります。
結婚したタイミングで、三井住友銀行に増額申請を出してみても良いでしょう。

他社借入の返済が完結した

三井住友銀行カードローン以外のカードローンを同時に利用している場合、そのカードローンの返済を完結したタイミングで増額申請を出すのも効果があります。「他社借入件数」や「他社借入金が」が減ると、それに呼応して返済能力は上がります。他社への返済が進めば進むほど、増額申請に通りやすくなるのです。

まとめ:三井住友銀行カードローンの審査を甘いと決めつけるのは危険

三井住友銀行カードローンは、確かに審査が甘いです。
ですがそれはあくまで、「プロミスと事業提携する以前と比べて」という話です。
聞きかじった「三井住友銀行カードローンの審査は甘い」という言葉を信じて、何も考えないまま申し込みを行ったとしても、審査に通るとは思えません。
三井住友銀行カードローンの審査基準は公に明かされていないものの、審査に通るためには、少しでも正しい三井住友銀行カードローンの審査基準に対する認識を持っておくべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。