サラ金とヤミ金って何が違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシングをする上で、混同している人が非常に多い「ヤミ金」と「サラ金」。
マイナスイメージがあるキーワードが混同されることで、正規的な消費者金融にも悪い影響が及んでいたりします。
実際のところ、ヤミ金とサラ金の違いはいったいどの部分にあるのでしょうか?


サラ金とヤミ金はまったく違うものなの?

サラ金は消費者金融の呼び方のひとつ

ヤミ金と混同されやすいため、あまり良いイメージのない「サラ金」という言葉ですが、これは過去に使用されていた消費者金融の呼び方のひとつです。
消費者金融とは、法律を守った状態でお金を貸してくれる業者ですね。
駅の大看板やテレビのコマーシャルなどでも頻繁に宣伝されており、多くの人が名前を知っているような大手の有名消費者金融もたくさんあります。
もちろん、こういった消費者金融であっても、きちんと返済計画を借りて、適切な利用を心がけなければ大変なことになります。
それでも、法外な貸付を行わないことがサラ金の特徴なのです。

ヤミ金は法律を守らない貸金業者

ヤミ金とは、「闇金融」の省略形で、その名前のイメージの通り、法律に違反した悪質な貸付を行っている金融業者です。
金利や返済期間をはじめとして、違法な取り立てなども行う場合があり、経営母体も怪しい場合が多くなっています。
金融トラブルにおける大半が、こういったヤミ金によって発生しており、厳しい督促を苦にしている債務者も非常にたくさんいる状態ですね。
つまり、法律を守っているサラ金とは、まったく違った状態で経営をしている金融業者がヤミ金ということになります。


ヤミ金を利用してはいけないの?

ヤミ金とは、一般的な消費者金融であるサラ金とは違います。
前述した通り、法律に違反した貸付や取り立てを行っているため、非常に厳しい条件の返済が待っていることになります。

ヤミ金はメリットのように感じることもある

ヤミ金は違法な金利や期間などの条件で貸付を行っていますが、場合によってはメリットがあるように見えてしまいます。
たとえば、サラ金をはじめとした様々な金融業者からの貸付が限度額いっぱいになっており、新規でキャッシングサービスを利用することが出来ない債務者であっても、ヤミ金であれば貸付をしてくれることがあります。
自己破産や債務整理をしている人でも、問題なく貸してくれるケースもあります。
審査の手間も少なく、時間もスムーズなので、すぐに手元にお金が入る場合もあるでしょう。
ただし、その貸付は、サラ金がきちんと審査を行って、返済能力を確認した上で貸してくれるものではありませんから、当然返済に限界がくる場合がほとんどです。
しかし、ヤミ金の場合は違法な取り立てや金利によって、その利潤を回収しようとしてきます。
結果、一時的に楽にお金を手に入れることが出来ても、すぐにその返済でいっぱいいっぱいになってしまう場合が多いのです。
その上、ヤミ金によっては自社の借金を返済させるために、別のヤミ金を紹介し、そこでさらにキャッシングをさせるところもあります。
そうして雪だるま式に借金が増えてしまうパターンも、決して珍しくはありません。


サラ金とヤミ金を見分けるコツとは?

適切な消費者金融であるサラ金と、悪質な金融業者であるヤミ金を区別するためには、いくつかのポイントをチェックしておく必要があります。

目立たない宣伝広告がある

大々的にコマーシャルやウェブサイトで宣伝できるサラ金と違い、ヤミ金は堂々とした宣伝活動を行うことが出来ません。
そのため、電柱やガードレールにチラシを貼ったりして宣伝をしています。
パチンコ店の近くや競馬場の近くなど、特にお金に困っている人が多そうなエリアで宣伝をするのも特徴のひとつです。

連絡先が携帯番号になっている

サラ金のようなサービスと違い、摘発されそうになったらすぐに引き上げることが出来るよう、ヤミ金の連絡先は携帯電話に設定されていることが多いです。
所謂、使い捨ての番号ということになりますね。
気軽に借りられるイメージが強いですが、その分返済は決して気軽なものではないのがヤミ金です。

具体的な融資条件がない

「誰でも貸せる」「今すぐに貸せる」といったような、人を焦らせ、かつ煽るような宣伝文句は、ヤミ金広告の大きな特徴のひとつです。
具体的な融資条件が掲載されておらず、どんなに厳しい状態でもまず貸付をしてくれるイメージを抱かせます。

まとめ:サラ金とヤミ金は、名前のイメージが似ているだけでまったく別のものです。ヤミ金を気軽な気持ちで利用してしまうと、返済において大きく後悔することになりかねませんから、十分注意するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。