信用情報に傷がついたままではキャッシングできないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシングをはじめ、クレジットやカードローンは手元に現金が無くても、商品を購入したり、お金を借りる事ができる信用取引です。その為、キャッシングなどを申し込むにあたって消費者金融側は申込者に「返済能力があるか否か」を判断しなくてはいけません。
その際に参考資料として取り扱われるのが信用情報です。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローン、キャッシングなどの申し込み内容や返済額、返済状況、借入残高などの記録を指します。消費者金融などでキャッシングを利用する際の審査や利用限度額を増額させる際の審査などで顧客の信用性を確認するための参考情報として取り扱われるため、申し込みで他社からの借入残高や借入件数などを誤魔化しても、その情報は消費者金融側に筒抜けとなります。
ただキャッシングを利用するだけであれば、信用情報に傷が付くという事はありませんが、返済の遅延や他社借入件数が多ければ信用情報に悪影響を及ぼします。また、信用情報は個人情報ではありますが、顧客の趣味、思想、保険医療や犯罪歴などの情報は一切記録される事はありません。

信用情報はどれだけの期間保存される?

申込時の個人情報は審査に通らなかった場合でも記録されます。記録される情報は申し込みした消費者金融や銀行名、個人情報、申し込みをした日、申し込んだ商品の種類(クレジットやカードローンなど)です。これらの情報が個人信用情報機関に記録される期間は6ヶ月となります。
金融機関の審査に無事通過する事ができれば、次に契約情報が記録されます。記録される情報は契約した日、契約した商品の情報(金利や利用限度額)、支払回数です。これらの情報が個人信用情報機関に記録される期間は解約後5年となります。
契約後、1~3ヶ月以上(各金融機関によって情報が記録される延滞期間は異なる)の返済延滞が発生してしまった場合に記録される情報は延滞した商品、遅延損害額の支払状況・延滞解消状況となります。
保存期間はシー・アイ・シーと全国銀行個人信用情報センターの場合、遅延損害額の完済、遅延解消から5年、日本信用情報機構は遅延損害額の完済、遅延解消から1年です。
返済が厳しくなり、債務整理を行った場合は異動情報という事故情報が付き、任意整理の場合は完済後5年、自己破産・個人再生の場合はシー・アイ・シーと日本信用情報機構が5年、全国銀行個人信用情報センターは10年となります。
99

債務整理について

借金返済が困難または不可能に陥った際の救済処置として債務整理という手続きがあります。債務整理は名前の通り債務(借金)を整理して返済しやすくするという手続きを言い、主に任意整理、個人再生、自己破産などがあります。
キャッシングなどで債務整理を行った場合は理由がどうあれ信用情報に異動情報が登録され、クレジットやキャッシング、ローンなどを利用する事が出来なくなります。
債務整理は手続きを行うことで借金の利息を無くす、減額する、返済義務を無くすことができますが、一定期間金融商品を新規で申し込めなくなるというデメリットも存在します。

代位弁済について

代位弁財とは、保証会社や連帯保証人など保証債務を有するものが、借金返済不能となってしまった主債務者に代わってその借金を返済する事を言います。
最近ではキャッシングやクレジットカードを利用する際に保証人を要求されるということは非常に稀です。その為、基本的に債務者が返済不能となってしまった場合、自己破産や個人再生といった法的手続きで処理するのが一般的ですので、キャッシングを利用して返済不能となってしまった時に家族や友人に迷惑がかかるといった事はほとんどありません。(自己破産の場合はマイホームなどの財産を処分されるため、周りに一切迷惑をかける事はないとは限らない)
しかし、保証人を立てて利用しているキャッシングで返済不能となった場合は代わりに保証人が払う事になる可能性が高いので、保証人に迷惑をかけるだけではなく、信用情報に致命的な傷をつけることになります。

信用情報に傷があると審査に絶対通らない?

キャッシングは信用取引の一つです。その為、申し込み者の信用情報が悪ければキャッシングを利用することが出来ません。信用情報の傷にもよりますが、小さな傷であれば絶対に審査に通らないという事はありません。
例えば他社借入総額が100万円あったとしても、年収が1000万円あり、その収入を継続的に稼いでいる人であれば、他社借入総額100万円という信用情報の傷を十分カバーする事ができキャッシングの審査も問題なく通過する事が可能です。このような年収などの情報を「属性」と言い、他社借入などの信用情報があってもそれを十分にカバーできるだけの属性があればキャッシングを利用する事が可能です。

キャッシングの事実は傷ではない

クレジットカードやキャッシングの利用自体は、信用情報に記載されても決して問題があるものではありません。
よく「信用情報に傷がつく」というのは、あくまでマイナスの情報が記載されてしまうことを指しています。
キャッシングを利用していること自体は、決して信用情報に傷をつける行為ではありません。

延滞や破産などが傷となる

所謂「信用情報に傷がついた」状態とは、キャッシングの返済延滞を何とも繰り返したり、自己破産や個人再生などの債務整理を行ったりしている場合のことを指します。
保証会社によって返済をしてもらう代位弁済なども、信用情報の傷のひとつですね。
延滞が長期にわたってしまったため、金融機関から強制的に契約を打ち切られてしまう強制解約なども信用情報の傷となります。
こういった記録は、最長五年間から中には十年間まで、信用情報に残るようになっていますね。
これらの傷は「事故記録」や「ブラックリストへの記載」とも呼ばれています。
キャッシングをしただけでは信用情報は綺麗なままですが、キャッシングにおいてこれらのペナルティを行うと、傷がつく場合があります。

信用情報の致命的な傷は消えるのか?

返済遅延・債務整理・代位弁財などによって付いてしまった信用情報の致命的な傷となる異動情報の登録機関は5年となります。そのかわり、異動情報が付いてからぴったり5年と言う訳ではありません。
返済遅延の場合は遅延損害額などを完済してから5年、債務整理は破産手続きにより契約解消で取引が終了してから5年となります。
異動情報が削除されてもキャッシングなどは利用できないのでは?と疑問に思う方も多いかとおもいますが、信用情報から異動情報が削除されれば信用情報に傷が無い人と同じ通過率でキャッシングやクレジットカードの審査を通過する事ができます。

信用情報の傷が消えても審査には不利なのでは?

一定の期間が経過し、過去の事故情報が個人信用情報機関から削除されたとしても審査には不利なのでは、と感じる方もいるかと思いますが、自分から過去に返済遅延をしたなどの自己申告でもしない限りは審査に悪影響がでる事はありません。
事故情報が削除されているのであれば、審査する側は申し込み者が過去に問題を起こしているという事実を知る手立てはありません。その為、自己破産や個人再生などを行ったとしても、その情報が削除されているのであれば審査通過率が下がるといった事はありません。

信用情報の傷は無くなっている?確認できるの?

自分の信用情報は各個人信用情報機関によって方法は異なりますが、信用情報の開示請求をする事が可能です。
例えば、返済遅延などで異動情報が登録された場合、異動情報に登録された日、遅延問題が解消した日などが詳しく確認する事ができます。
返済遅延で異動情報が登録された場合は延滞解消日から5年後ですので、延滞解消日を確認すると良いでしょう。

属性について

申し込みの際に申し込み用紙に記載する年収、勤続年数、雇用形態などは属性と言われています。キャッシングを利用するにあたって審査の際にどの属性を重要視されるかは消費者金融によって異なりますが、基本的にはこの属性がスコア化され総合評価されます。その為、他社借入総額が高くても年収や勤続年数の評価が高ければ信用情報に小さな傷があっても審査に通る事ができるという訳です。
そんな属性で主に重要視される可能性が高いのは年齢、年収、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、収入形態、居住年数、居住形態、健康保険の種類です。業者によってはもっと多くの属性を重要視しているところもあります。
しかし、消費者金融や銀行で審査を行う際に最重要視しているのは信用情報です。申込者の信用情報に致命的ともいえる事故情報があればどんなに属性が良くても審査の通過は不可能と言えるでしょう。

審査通過が不可能な致命的な信用情報の傷

どんなに属性で高評価を得ても信用情報に致命的な事故情報があればキャッシングを利用する事はできません。主に致命的な傷は3ヶ月以上の返済延滞、債務整理です。
主な信用情報の事故情報としてこの2つが多いですが、このような事故情報は仮に年収が1000万円あり、勤続年数10年以上など各属性で高評価を得たとしても審査に通過する事はできません。

信用情報に傷がついたとしたら、継続して利用できる?

返済遅延で信用情報に傷がついてしまったが継続してキャッシングを利用することができるのかという疑問を持つ人は少なからずいるのではないでしょうか。
基本的にキャッシングの返済を延滞している期間中は新たにお金を借入する事はできません。再度新たに借入する事ができるのは遅延した分の返済額と返済遅延金をしっかり返済した後になります。また、返済遅延が多すぎる場合や返済期間が長すぎた場合は今後のキャッシングは返済専用となり新たに借入できなくなります。これは返済だけでなく、債務整理などを行った際も同じです。またキャッシング以外にもクレジットカードやカードローンも利用中に以上のような傷が信用情報にできた場合は同じ処置をとられる可能性が高いです。

信用情報が良くても審査におちる原因

ここまで、信用情報が悪い事を前提でキャッシングの説明をしてきましたが貸金業者が取り扱うキャッシングは信用情報が良くても審査に落ちる事があります。
原因としては希望限度額が年収の3分の1を超えている場合やキャッシング利用中に他社利用限度額含め利用限度額が年収の3分の1を超えてしまった場合です。これを総量規制といいます。この総量規制は貸金業者(消費者金融やクレジット会社)にのみ適応されており、銀行では適応されていないので、主に銀行カードローンを利用している人にはあまり馴染みない言葉かもしれません。
この総量規制が原因で審査に落ちてしまうという事もありますので、申し込みの際は注意が必要です。

その他、信用情報に悪影響を及ぼすもの。

一見関係がなさそうな携帯料金や奨学金も返済の遅延などで信用情報に悪影響を及ぼします。携帯料金や奨学金の返済状況も信用情報が記録されている個人信用情報機関に加盟している為、キャッシングやクレジットなどの返済遅延と同じく、3ヶ月以上の延滞は信用情報に致命的な傷を与えます。
それ以外にも、短期間でキャッシングやクレジットなどの申し込み情報も信用情報の一つですので、短期間で多数のキャッシングに申し込みをした場合はその情報が信用情報として残ります。その為、短期間の多数申し込みは審査通過率を下げる原因とされています。
申し込みの情報が信用情報に登録される期間は6ヶ月ですので、その間はあまり多くのキャッシングなどに申し込みをしない事をお勧めします。

クレジットカードの審査に通らなくなる

新規でクレジットカードを作る場合、信用情報のチェックは必須となります。
これらの事故記録があると、新規のクレジットカード審査には非常に通りにくくなります。
同様に、クレジットカードの更新も出来なくなる場合が多いです。
既に利用しているクレジットカードの限度額が下がってしまったり、キャッシングサービスが停止されてしまったりするパターンもあります。

分割購入が出来なくなってしまう商品がある

信用情報に傷がつくことで、商品によっては分割購入が出来なくなってしまうものもあります。
代表的なものでは、携帯電話ですね。
分賦で購入することが多い携帯電話ですが、一括購入しかできなくなってしまうというデメリットがあります。
他にも色々なショッピングにおいて、分割の支払いが制限されてしまう場合があります。
信用情報によって支払い能力に難ありと示されてしまっているので、その情報が消えるまでは状態が続くことが多いですね。

まとめ

信用情報に傷があるとキャッシングが一切利用できなくなるのでは?と不安に思う方もいるかと思いますが、致命的(ブラックリストに入っているなど)な傷でなければキャッシングの審査に絶対通らないという訳ではありません。その為、結論を言うと信用情報に傷が付いたままでもキャッシングを利用する事は可能です。しかし、信用情報は審査で最重要視されますので、審査通過率は下がります。
その為、信用情報に傷がある人は少しでも属性の評価を上げる必要があると言えるでしょう。例えば勤続年数を増やす為にキャッシングの利用を少し待つ、少しでも他社借入総額を減らすといった対策を打つことで審査通過率を上げる事は十分に可能です。
また、審査に落ちる原因は信用情報以外にも総量規制によって落ちる可能性がありますので申し込みの際はそういった点も注意して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。