カードローンのメリットってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンという言葉もだいぶ一般化してきた昨今です。
そもそもカードローンとはどのようなものなのでしょうか。


カードローンは個人向け無担保融資

カードローンとは個人向けの無担保融資のことです。
通常、融資には保証人や土地などの何らかの担保が必要です。
金融機関としては貸付を回収しないわけにはいきません。
利用者が返済を滞った際のリスクを回避するために、担保は大切です。

しかし、カードローンには担保は必要ありません。
担保が必要ないというのはカードローンのメリットのひとつです。
もし担保にかわるものがあるとしたら、それは個人の信用に他なりません。


カードローンで借入れたお金の利用目的は自由

カードローンで借り入れたお金の使いみちに制限はかかりません。
自動車ローン、住宅ローンのように資金使途を定めていません。
何に使用しても良いというのもメリットです。

そうとはいっても、審査の際には使用目的を聞かれますし、答えによっては審査通過が難しくなります。
たとえばギャンブルなどはけっして良い印象を与えるものではないことは覚えておきましょう。

何度でも借入可能

他のローンではまとまった借り入れをしたら、あとは返済していくだけという方式が基本になっています。
しかし、カードローンでは利用限度額内ならば何度でも貸したり返したりを繰り返すことができます。
逆にいえば、一応カードローンを作ったとしても利用していないのであれば、返済は発生しないのです。


カードローンのメリット

カードローンには以上のような特徴があります。
そのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的に減額はないメリット

最近の中小消費者金融ローンの中には、たとえ限度額内の融資であっても、新しく借り入れを希望するたびに審査が必要な商品も少なくありません。
しかし、カードローンならば、一度設定された限度額は基本的には減額されません。
限度額の範囲内であれば審査不要で何度でも借り入れることができるのです。
キャッシュカード感覚で利用している人も少なくないかもしれませんが、都度審査なしにお金を借りることができるというのは、たとえ少額でも画期的なことなのです。

銀行ATMから引き出せるメリット

銀行系カードローンはもちろんのこと、消費者金融系カードローンでも銀行ATMからの引き出しができるというのも大きなメリットです。
最近ではコンビニのATMでも利用できるようになっているため、いつでもどこでも気軽に借り入れできるといっても過言ではないでしょう。

消費者金融のATMしか利用できないというのであれば、少しはずかしいような気持ちで利用をひかえる人もいるかもしれません。
しかし、銀行で引き出しているような感覚で借り入れをできるため、堂々と利用できるというのはメリットでもありますがデメリットでもあるかもしれません。


カードローンのデメリット

カードローンはとても便利です。
しかし、もちろんデメリットもあります。

借金をしているという感覚がなくなる

カードローンといえども借金であることにはかわりはありません。
しかし、銀行ATMから引き出せるということもあって、借金をしているという感覚が薄れがちなのは忘れてはいけないデメリットです。

毎月少額の借入でもあなどれない

たとえば毎月1万円借りて1万円返すということを繰り返していたとしましょう。
滞りなく続いているうちは問題ないかもしれませんが、いつかバランスが崩れる時が必ずやってきます。

限度額ギリギリまで借りている状態でもまだ毎月1万円借りて1万円返済するのを繰り返していて、つねに元金が限度額いっぱいいっぱいという人もいます。
それはじつは本当に怖いことです。
1万円しか借り入れがなかった頃とは状況がまったく違います。
利息がかなりふくらんでいるので、1万円の返済ではほぼ利息にしかあてられず、元金はいつまでも減らないというような悪循環に陥っているのです。

それでもまだ「銀行系のカードローンだから安心」と思っている人もいるかもしれません。
しかし、もし返済が著しく滞るようなことがあれば、銀行と同系列の消費者金融に債権が渡り、以後、督促などは消費者金融から来るということも覚悟しておきましょう。


……いかがでしたでしょうか。
たしかにカードローンにはさまざまなメリットがあります。
しかし、そのメリットをいかすのは利用者次第といっても過言ではありません。
銀行から引き出しているような感覚で利用できるというのはカードローン最大のメリットではあります。
しかし、それに甘えて限度額ギリギリまで利用してしまうのはけっして賢い方法ではないのです。
あくまでも利用は計画的にしなければいけないカードローンなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。