プロミスの審査は土日祝日、深夜でも対応。最短即日融資も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
時計を見る男性

急いでお金を借りたい時に頼りになるのが、プロミスです。大手の消費者金融の中でも、もっとも名前の知られている業者と言っても過言ではないプロミス。審査から融資までがスピーディーだということで、人気を誇っています。そんなプロミスで即日融資を受けるためには、どんなことに気をつけておけばいいのでしょうか? 今回は、プロミスから即日融資を受ける方法についてお伝えします。

即日融資のためにはプロミスの申し込み締め切り時刻を守ろう!

プロミスで即日融資を受けるためには、申込み締め切り時刻までに手続きを完了させている必要があります。まず、ローンカードを使ってATMから即日融資を受けたい場合は、プロミスの店舗にある自動契約機の営業時間内が申し込み締め切り時刻となります。営業時間は22時または21時となっています。店舗によって営業時間が異なるので、注意しましょう。ちなみに、プロミスと提携している三井住友銀行にあるSMBCローン契約機の営業時間は、契約機により営業時間、休日が異なるものの、基本的に9:00~21:00となっています。

振込による融資を受ける場合は、申込み締め切り時刻がやや短くなっています。平日は14時50分までにすべての手続きを完了させておく必要があります。時間に余裕をもつためにも、なるべく午前中までには申し込みしておきたいですね。このように、その日のうちにお金を借りるためには、時間の制限があるのを忘れないでください。

もっとスムーズな手続きのために

プロミスで即日融資を受けたいなら、さらにスムーズに手続きしてみませんか。店舗にある自動契約機へ足を運ぶ前に、ご自分のPCやスマートフォンから、仮の手続きをしておきましょう。手続きは、プロミスの公式サイトから簡単に進められます。サイトにあるフォームから、あなたの氏名・住所・連絡先などの情報を入力しましょう。このように前もって入力しておくことで、店舗での手続きが少しだけ楽になります。

インターネットからの申し込みは、24時間いつでも入力が可能となっています。もちろん、営業時間外の深夜などの場合は次の日の朝にならなければ審査まで進めませんが、時間がある時に入力だけ済ませておいた方が楽ですよね。店舗で焦って情報を入力するよりも、時間に余裕のあるときに、好きな場所で一足先に手続きを進めておきましょう。

即日融資のために用意しておきたい書類とは

カードローンの申込みの際には、本人の情報を確認するために用意しておくべき書類があります。プロミスの申込みの必要書類は、運転免許証・パスポート・健康保険証+1点(例:住民票)などの本人確認書類です。この中からいずれか1つを提出しましょう。また、プロミスでの借り入れが50万円を越える場合、プロミスでの借入と他社の借入が100万円を超える場合には、合わせて収入証明書の提出が求められます。給与明細書・源泉徴収票・確定申告書のうちいずれか1つを提出しましょう。これらの書類は、どこかに保管していたり紛失してしまったり、すぐに用意するのが難しいかもしれません。あらかじめ必要な書類をそろえておいて、申込みまでにしっかりと準備しておきましょう。

知ってた?お試し審査の機能

プロミスのホームページには、「お試し審査」という機能があります。この機能は、生年月日と年収と他社からの借入額を入力するだけで、簡単に審査を受けられるというものです。初めての申し込みで審査に受かるかどうか心配な方や、他社から借入があっても借入できるかどうか知りたいなら、ぜひお試しください。もちろん、正確な審査の結果は、その後にきちんと情報を入力してもらった後に分かります。

審査は最短30分、融資は最短1時間!

プロミスでは、審査は最短30分、融資は最短1時間をうたっています。もちろん、これはすべての手続きがスムーズに進んだ場合の最短時間ではあります。それにしても、即日融資を受けるならスピーディーかつネームバリューのあるプロミスを選んで間違いないでしょう。

近くにプロミスの店舗がない方は、ネット完結での申し込みを選ぶのも1つの手です。プロミスのweb完結サービスは自宅や職場にいながら融資を受けられます。カードレスなので、郵便物が送られてくることもなく、周囲に人にも感づかれやすいのが魅力的ですよね。

プロミスで即日融資を受けるためには

プロミスで即日融資を受けるなら、その日の申込み締め切り時刻までに手続きを完了させておきましょう。ローンカードを使ってATMから融資を受けるのか、それとも振り込みによる融資を受けるのかによって、締め切り時刻が異なります。それぞれの締め切り時刻をきちんと頭に入れて、余裕を持って手続きしておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。