プロミスからのキャッシングで一番早い方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「付き合い上参加しなければならないけど、給料日はまだまだ先でお金が無いし…」

唐突な飲み会や友人の結婚式など社会人になると急な出費が多くなりますので、このような板挟み状態になっている方も少なくありません。

かと言って、親や友人などにお金を借りるのが難しい状況にある方も非常に多いと思います。

そんな方にこそプロミスはおすすめの消費者金融となっています。

すぐにでもお金が必要な方にこそプロミスはおすすめ

キャッシングの利用を考えた時に、選択肢は銀行か消費者金融のおおよそ2択になります。

しかし、銀行も消費者金融も無数にあるので、どこの会社からキャッシングを行えばいいのか分からないですよね。

ただ、そんなどこの金融機関から借り入れを行えばいいのか分からない方にこそおすすめなのがプロミスです。

大手なので安心

中小企業の消費者金融の中には、ヤミ金と呼ばれる法外な暴利を要求してくる会社も少なくありません。

ただし、プロミスのような大手であれば、このようなヤミ金の被害に合うこともありません

消費者金融の選択においては、知名度の高い会社を選ぶことは非常に重要なのです。

他と比べて低金利

知名度の高い消費者金融といえば、アイフルやアコムなどプロミスの他にもCMなどで有名な会社はいくつもありますよね。

しかし、これらの会社と比較しても金利の面でプロミスはリードしています。

具体的には、アコムやアイフルなどは最大金利を18.0%に定めていますが、プロミスの最高金利を17.8%です。

たった、0.2%と感じるかもしれませんが、少しでも安く利用できるに越したことはないですよね。

プロミスなら即日融資も可能

この記事を読んでいる方の中には、すぐにでも融資を受けたい方も多いとは思います。

プロミスであれば即日融資も可能なので、申し込みをしたその日に融資を受けることが可能です。

ただし、即日融資を受けるにはいくつかの注意点もありますので、ここではそれをご説明します。

プロミスの即日融資には2種類の選択肢がある

プロミスでは最速で融資を受ける方法が下記の2種類存在します。

  1. ネットから申し込みを行ない指定の口座にお金を振り込んでしてもらうという方法。
  2. ネットから申し込みを行ない自動契約機でカードを発行し、ATMでお金を引き出すという方法。

この2種類にはそれぞれ異なったメリット・デメリットがありますので、状況によって使い分けるようにしましょう。

口座に振り込んでもらう方法のメリット・デメリット

こちらのメリットは現金をすぐに受け取れるという点です。

しかし、デメリットとして銀行の振り込み時間の都合上、平日の14時までに契約を完了できていないと、入金されるのは翌営業日以降となってしまいます。

例外として、ジャパンネット銀行と三井住友銀行のみ平日祝日問わず24時間振込が可能ですので、こちらの口座を

開設している方には間違いなくこちらがおすすめです。

カードを発行する方法のメリット・デメリット

こちらのメリットはカードを発行できるという点です。

カードがあればコンビニなどATMがある場所なら、どこでもお金を引き出すことができます

また、自動契約機は祝日でも9:00~22:00(※一部21時)で営業しているので、平日が忙しい方や夜遅い時間まで働いている方などにも安心です。

デメリットとしては、カードでお金を引き出す度に手数料が発生するので、頻繁にATMを利用する方は手数料に悩まされる可能性があります。

さらに、カードを持っていることで消費者金融を利用していることがバレてしまうこともありますので、これらが嫌な方はカードの発行ではなく口座に振り込んでもらいましょう。

申し込みから借り入れまでの手順

ここまで読んでくださった方には、最速で借り入れを行なう2種類のプランのメリット・デメリットをそれぞれ理解していただけたと思います。

そこで、実際に利用する流れを詳しくご紹介します。

口座に振り込んでもらう流れ

まずはネット申し込みから、口座に振り込んでもらうパターンの流れを簡単にご説明します。

ネット申し込みはスマホからでもOK

ネット申し込みはパソコン以外に、スマホからでも申し込むことができます。

その際に、個人情報や勤務先情報の入力の他にもWeb契約と来店契約の選択肢が出ますが、こちらはWeb契約を選びます。

ここで来店契約を選んでしまうと、即日融資は受けられなくなるのでご注意ください。

申し込みが終わるとだいたい30分位で在籍確認の電話があり、そちらをクリアすると本人確認書類などの提出を促すメールが送られてきます。

指示に従い免許証の写真などを送ると、それを元に審査が行われるという仕組みです。

その後、審査結果を知らせる電話がかかってきて、合格の場合には電話口で契約内容の確認が行われ、その後に契約内容確認のメールが送られてきます。

こちらのメールに記載されているURLにアクセスし、承諾を終えると振り込みが行われます。

即日融資を受けられなかった場合には?

先程もご説明しましたが、振り込み指定先の口座をジャパンネット銀行か三井住友銀行で開設していない場合には、14時までにメールの承諾まできちんと行っていないと即日融資は難しいでしょう。

また、仮に14時までに申し込みを終えることができなかった場合には、振り込みは翌営業日の9時になります。

そのため、翌日お金が必要であることが分かっている場合には、前日までに申し込めば朝の9時には振り込まれているでしょう。

カードを発行するまでの流れ

次にネット申し込みから、カードを発行してもらうパターンの流れを簡単にご説明します。

オペレーター付きで安心

カードを発行する場合でも、ネットで申し込みを行なうまでは先程の口座に振り込んでもらう方法と全く同じです。

ただ、1つ異なる点として先程はWeb契約と来店契約の選択肢で前者を選択しましたが、今回は後者の来店契約を選択してください。

その後、駅前などにあるプロミスの無人契約機まで出向き、そちらで指示に沿ってカード発行の手続きを行ないましょう。

もし、分からないことがあってもオペレーターに繋がる受話器がされているので、手続きで迷うといったことはないでしょう。

無人契約機はATMの隣にある

プロミスの場合はカード発行後すぐに借り入れを行えるように、無人契約機の隣にATMが設置されています

もちろん、カードさえ発行していれば他のコンビニATMなどでもキャッシングが利用可能なので、もしものときのためにカードだけ発行しておくのも手かもしれません。

また、稀に三井住友銀行の看板が出ているプロミスの無人契約機もありますが、こちらでは三井住友銀行カードローンの申し込みやカードの発行も行えます。逆に、三井住友銀行に設置されている無人契約機でプロミスの申し込みやカードの発行が可能となっています。

即日融資は振り込み方式とカード発行方式から選ぶ

即日融資を受けたいと思った場合には、ネット申し込みから口座に振り込んでもらう方法or無人契約機でカードを

発行してもらう方法がスムーズな流れとなっています。

審査は最短30分程度で終了するので、どちらの方法でも早くて1時間遅くても2時間程度で融資まで進めるはずです。

直接振り込みとカードの発行はどちらもそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合った方法でキャッシングを行なうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。