最優先したい項目で絞り込み
もっと詳しい条件で検索する

ファミマTカード

ファミマTカード

年会費永年無料!普段使いに強いクレジットカードです。毎週火曜・土曜はポイント3倍!

年会費 永年無料
限度額 100万円
ポイント還元率 0.5%
マイル還元率 0.3%

「ファミマTカード」の巨大なメリット特集!

「ファミマTカード」を利用する上で考慮に入れるべき特長を3点ほど紹介します。
まず第一に様々な特典を付与しているという点が挙げられます。その代表例が「T-ポイント」になります。ファミリーマートでの買い物やJCB加盟店で買い物を行った場合にその特典として200円につき1ポイントが与えられます。この貯蓄されていくポイントは1ポイントつき1円の価値を持ち、たまるとショッピングの際に利用することができます。またT-ポイントに対する増進のサービスも存在し、「ファミマランク」のようなファミリーマートでの1カ月の買い物金額によってポイント交換レートが微妙に違ってくるというサービスや毎週水曜日に女性会員の方に限ってポイントが2倍になるという「レディースデー」のサービスもあります。このほかにもトラベルが最大8%割引されるシステムであったり、対象店舗でレンタカーの割引が行われるサービスも存在しています。「TSUTAYA」のようなレンタルサービス機能ともコラボしているサービスもあります。このように様々な側面において非常に使い勝手のよいカードですので、一度試しに契約をしてみるとよいと考えられます。

Famiポートの利用にも強い

また24時間の「Famiポート」のサービスを利用することもできます。これは1日3回まで「Famiポート」を操作して料金の支払いなどを行うことができるというシステムになります。「ファミマTカード」を利用する場合、翌月1日までに利用明細に従って利用料金を支払う必要があります。
加えて「T-ポイント」でファミリーマートのような店舗に対する可能性も非常に大きくなります。先述したように「ファミランク」というサービスではT-ポイントに対する倍率が購入量の増加と共に上がっていきます。これにより消費者の方はファミリーマートでより多くの買い物をしようと考えるでしょう。すなわち消費者の消費欲求を刺激する形でシステムは形成され、人々はシステムの中に取り込まれて様々な購入活動を楽しむことができるのです。さらに1ポイント1円の交換レートでT-ポイントはそのまま電子マネーとして活用することができ、利用者の方の急な金欠にも素早く対応することができます。続けて「ファミマTカード」は火曜日と土曜日にポイントが最大で5倍になります。具体的な内訳としては「ファミマTカード」を利用しての買い物によりポイントが3倍、そしてVisaデビットカードも利用することでポイントが2倍になり、結果としてポイントは5倍になります。このようなポイント増進により、利用者の方は様々なクレジットカードによる購入を進め、これから成長していく日本経済の一翼を担う可能性すらあるクレジットカードになるのです。
以上述べた3種類のサービスが大まかな特長ということになります。年会費や入会費が基本的に無料なので、この状態で様々なポイントサービスや優待、特典を受けることができるのは非常にありがたいと考えられます。

「ファミマTカード」に付いてくるサービス!

「ファミマTカード」における付属サービスを複数種類紹介します。
まず第一にETCカードを挙げることができます。この機能を追加することにより高速道路をノンストップで快適に進んでいくことができるのです。またマイレージサービスや通勤割引を受けることもできるのでその点で言ってもお得です。申し込みに際しては年会費や入会費も無料で、ファミマTカードのクレジット払いですのでそういう金銭面でも安心することができます。
続いて挙げるのは会員専用Webサービスです。このサイトでは利用金額明細の照会や支払金額変更、キャンペーンの確認やネットキャッシングの申し込みのように様々な種類のサービスを受けることができます。また本人確認サービスもあり、「ファミマTカード」を利用する上で非常に有益に働くサイトであると言い切ることができます。
そのほかにも各種料金の支払いやファミマTカードに関する電子マネーのように様々な付属サービスが準備されていて、非常に便利です。

「ファミマTカード」の総評

「ファミマTカード」の利用方法として注目されるのは当然T-ポイントになります。T-ポイントはその増進サービスや割引サービスにおいて利用者の方の懐に貢献する設計になっています。T-ポイントはそのまま電子マネーとしても利用することができるのでその点では非常に魅力的でしょう。また付属サービスとしてETCカードやそのほかの料金支払い、Webサイトまで準備されているので非常に機能性豊かなカードです。入会費もないので利用をお勧めします。

セディナカード

セディナカード

年会費永年無料のクレジットカード。ステージプログラムを採用しており、前年度利用によって翌月のポイント還元率が決まります。

年会費 永年無料
限度額 -万円
ポイント還元率 0.35%
マイル還元率 0.25%

「セディナカード」の各種サービスの使い方!

「セディナカード」にはセディナのベーシックのカードとして様々な種類のサービスが付帯しています。
まず全国のセブンイレブンやイトーヨーカドー各店舗で毎日ポイントが3倍になります。これは21世紀の日本で急速に力をつけてきたコンビニエンスストアの力を十分に反映した素晴らしいサービスであるということができます。
続いてパッケージツアー割引サービスを挙げることができます。セディナトラベルデスクでは海外や国内のパッケージツアーの予約に際して基本旅行代金が会員割引価格になるというサービスも行っています。これは本来の価格の3%から8%における割引であるということができます。このサービスは株式会社シティツアーズが提供するサービスになります。
トラベル関連に関してはウキウキトラベル賞も提供されています。毎月のカードショッピング利用合計金額1万円を1口として、毎月抽選で150名の方に海外旅行や国内宿泊をプレゼントしているのです。
利用代金明細の照会やキャンペーン応募、ポイントの照会に加えて交換等を受け付ける会員専用インターネットサービスである「OMC Plus」を利用することもできます。インターネットショッピングの場合には本人認証サービスも充実しており、パスワードによるカード利用者の方の本人確認を行うことで安全なショッピングを充実させています。

セディナカードはWEBサービスが基本

セディナのカードによっては三井住友キャッシュカードATM手数料が無料になるサービスも付帯されています。これは具体的に言えば三井住友のSMBCポイントバック契約口座からセディナのクレジットカード利用代金を引き落とすと、その契約口座のキャッシュカードのATM手数料が無料になります。
注意が必要なのは「セディナカード」はWEB明細サービス限定になります。カード利用代金の明細書は基本的に郵送されないのでその点には注意が必要です。
安心と安全の補償が充実しているのもこの「セディナカード」の特徴になります。まず第一にカード紛失や盗難に対する被害を受けた場合、その届け日から60日にさかのぼって損害を全額あるいは一部負担します。この損害負担サービスはネットショッピングにおける不正利用で利用者の方が損害を受けた場合にも適用されます。「セディナカード」を利用してj購入した商品が破損、盗難という直接的な被害を受けた場合でもショッピング保険が適用されます。補償期間は少し長めにとられており、損害額最高50万円が補償されるのです。

「セディナカード」のお得なポイントサービス体系!素晴らしきシステム!

「セディナカード」を利用する各種の場面においては様々なポイント付与のサービスが行われています。この項ではその付与に関してひとつひとつ見ていきます。
まず「ファーストチャンスポイント」という、入会後3カ月間はポイント3倍になるサービスが付与されています。これは新規加入者の方が喜んで利用を促進できるように設計されたサービスであると分析することができます。
続いてETCによるポイントアップも存在します。これはETCに利用によりポイントが1.5倍になるのです。高速道路などで何気なく利用しているETCもこの視線で見ると非常に有意義なものになりますね。
また海外でのポイントアップも存在します。海外でのショッピング利用や海外ショッピングサイトの利用により、付与されるポイントが1.5倍になるのです。このグローバル化の時代に非常に合致したサービスであるということができます。
ポイント拡大は年間の料金請求の場面においても設定されています。例えば「トクトク!ステージ」というサービスでは翌年にポイントが1.3倍になるシステムが構築されています。このサービスを利用することで簡単な支払いの場面においても少しお得な気分に浸ることができるのです。

「セディナカード」の申し込み対応!

「セディナカード」の申し込みに関してはインターネットよりの受付が主流になります。入会に当たっての基本事項を確認したり個人情報を記入することで契約が進行し、最後にカードが送付されてサービスの利用という段になります。

「セディナカード」の総評

「セディナカード」においては様々な場面における優れたポイント増進サービスを取り上げることができます。ショッピングやキャッシングにも利用することができ、加えてETCカードやiDなどでもポイントを貯蓄することができるので非常に便利であると言い切ることができます。
また安全や安心のための補償サービスも充実しています。オンラインショッピングにおける不正利用から商品の直接的な破損、盗難による被害に至るまで利用することができます。このように心理的なクッションを完備することで利用者の方が安心してカードを利用できるようになっています。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)
年会費 永年無料
限度額 50万円
ポイント還元率 0.5%
マイル還元率 0.25%

「イオンカード(WAON一体型)」のお得の源!特典!

「イオンカード(WAON一体型)」の特典には複数種類のサービスが加えられています。今回の記事ではそれぞれのサービスについて細かに見ていきます。
まず全国のイオンやイオンモール、ダイエーやマックスバリュのようなイオングループの対象店舗で利用が行われた場合、200円ごとに2ポイントが進呈されます。これはときめきポイントがいつでも2倍付与されるということを意味しています。
また毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」では買い物代金が5%オフになります。これは代金の支払いの際にイオンマークのクレジットカードやWAONの利用が条件になります。
このサービスは55歳以上の利用者の方のみになりますが、毎月15日は「G.G感謝デー」として5%オフになります。これもイオンカードやWAONの利用が条件になっている点で特異的です。
そして毎月10日は「ときめきWポイントデー」としてときめきポイントが2倍になります。
加えて優待加盟店を利用することでときめきポイントが貯蓄されます。
このように「イオンカード(WAON一体型)」に関するサービスの特徴としては日数に応じたサービスがポイントの形で示されているという点になります。これも消費促進の一環として行われていると考えられます。

「イオンカード(WAON一体型)」のポイントに関して

「イオンカード(WAON一体型)」のポイント優待に関しては、様々な特徴を挙げることができます。まず根本としてのポイントの種類分けでは、ポイントは「ときめきポイント」と「WAONポイント」の2種類に分けられます。このそれぞれのポイントについて紹介します。
「ときめきポイント」の大まかな特徴としてはカードショッピング200円ごとに1ポイント分が付加される、また毎月10のつく日は「ときめきWポイントデー」としてポイントが2倍になり、また貯まったポイント数に応じて素敵な商品との交換が行えるという点もあります。ポイントは対象となるWEBサイトで確認できます。さらにときめきポイントにおいては旅行や映画、ガソリン代金やレストラン利用でポイントが2倍から5倍程度になります。このようなポイント優待に加盟している店舗としては「近畿日本ツーリスト」や「コスモ石油」、「ワタミグループ」を挙げることができます。
もうひとつの種類のポイントである「WAONポイント」はWAONの利用により貯蓄されていくポイントになります。交換比率としては利用金額200円ごとに1WAONポイントになります。WAONポイントには有効期限が存在します。加算期間としては1年、ポイントの有効期限としては2年になります。このポイントの活用方法は100WAONポイントごとに100円分のWAON電子マネーと交換して買い物に利用できます。WAONポイントはそのままの形では買い物などで利用することはできないので注意が必要です。
このようにそれぞれのポイントは最終的に買い物における代金として回収できるのでお得であるということができます。

「イオンカード(WAON一体型)」の様々な機能を紹介!

この「イオンカード(WAON一体型)」の機能としてはETCカード機能がまず挙げられます。高速道路においては基本的に検問で料金を支払う必要がありますが、ETCカードによる自動読み取りで料金の支払が完了し、煩わしい手間もなく高速道路を楽しむことが可能です。
また家族カードとしての機能もあります。家族カードを利用することで本会員の方と同等のサービスを家族の方も体験することができるのです。このような家族へのサービスの広がりがそのまま、このカードの汎用性を示していると考えられます。
WEB明細としても利用可能です。このサービスにより紙媒体での情報提供がWeb媒体での情報提供に変更されます。この形式は資源に気を遣い、環境保全の面でも社会参画を果たしていると考えることができます。このようなサービスを利用し尽くすことが同時に利用者の方の社会参画に繋がると考えられます。
そのほかにも映画鑑賞割引や海外に配置されたイオン関連のデスクのサービスを容易に利用できるサービス、各種公共料金の支払いやショッピングセーフティ機能を兼ね備えた防御面でのサービス、安全のサービスとしての利用が考えられます。

「イオンカード(WAON一体型)」の総評

「イオンカード(WAON一体型)」の利用としては、日付に制約されたサービスやポイント増加サービスを受けることができるという印象があります。カードの受取に際しても店舗で受け取ることも自宅で受け取ることも可能なので、そういう意味では非常にフレキシブルなサービスであると断言することができます。
この「イオンカード(WAON一体型)」の申し込みに際してはWEB上から簡単に申し込みが可能になりますので、他のイオンカードから切り替えを望んでいる利用者の方も簡単にアクセスすることができます。ポイント狙いという利用者の方にオススメです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天市場での買い物でポイントアップだけでなく、空港ラウンジ利用可能など、通常の楽天カードでは得られない特典が盛りだくさんです。

年会費 10,000円+税
限度額 100万円
ポイント還元率 1.0%
マイル還元率 0.5%

「楽天プレミアムカード」のサービス紹介!

「楽天プレミアムカード」のサービスには上記の基本性能の項でも述べたように様々なサービス機能が付帯しています。これらのサービスはひとつひとつに固有の威力があり、この記事ではそれらひとつひとつについて確実に紹介していこうと考えます。
まず国内や海外での空港における無料のラウンジサービスが代表例として挙げられます。具体的には「プライオリティ・パス」の取得により空港ラウンジの無料サービスを受けることができるのですが、そのパス取得に際して「楽天プレミアムカード」が有利に働くのです。海外や国内の空港ラウンジを利用する際にはプライオリティパス会員カードと航空券を提示することでこの無料サービスを受けることができます。このように離陸までのほんのひとときを最高クラスのサービスの中でくつろげるということは社会に生きる者として非常に有効な時間であるということができます。
加えてトラベルデスクの利用も可能になります。このトラベルデスクとは旅行先での様々な事態や場合に対して種々のサービスを提供するサービスを言います。例えばパスポートやカードを失った場合や盗難に病気、ケガというような緊急時には各種案内がデスクにより行われます。加えて平常時でも常に現地情報が紹介され、サービス利用者の方のより豊かなトラベルに貢献する設計になっています。また各種の予約や手配も引き受けます。確かにこれらのサービスの中には実費や手数料が必要になる類いのサービスもありますが、そういう面を差し置いても、このデスクサービスは海外旅行の水先案内人として非常に有効であるということができます。

旅行保険も充実

各種保険についても充実したシステムが整っているということができます。旅行に関していうなら海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の2種類が取りそろえられています。どちらも不慮の傷害事故や疾病に備えて最高額5000万円のサービスが準備されています。このような保険は後遺症が発生した場合でも利用できるので、そういう意味でも非常に利用者の方を安心させることができる保険であるということができます。保険に関しては動産総合保険も存在します。「楽天プレミアムカード」で購入した商品が購入日より90日以内に偶然な事故により発生した損害に対して最高300万円まで補償が行われるというシステムです。これにより様々な場合に対応して楽しんでショッピングを行うことができます。
このようにサービスが充実した「楽天プレミアムカード」はその年会費を回収するには余りに大きい安心感や満足感を利用者の方にもたらすのです。

「楽天プレミアムカード」のポイントアップ!高揚!

「楽天プレミアムカード」についてはポイントアップのシステムも充実していることで有名です。
まず「スーパーポイントアッププログラム」を提言します。これは楽天市場におけるポイント付与が5倍になるというもので、他のサービスとも併用できる点で優れています。
また楽天市場においてもそれ自身にポイント加算の機能があり、1%が付与されます。また利用者の方の誕生月に関しても「誕生月サービス」が行われ、誕生月に関して1%の加算が行われます。
楽天ポイント自体は「サンクス」や「ジョーシン」、「松坂屋」などで利用することができ、加盟店で決済する場合でもポイントが3倍たまるという特典があります。
ためたポイントはそのほかの種類のポイントと交換することも考えられます。例えば「楽天Edy」や「ANAマイレージ」と交換できることで知られています。ただANAのマイレージでは50ポイント以上をためる必要があり、そうした上で利用を開始することができます。
カードショッピングを安全に執り行うシステムも完備され、ネット不正に対する安心のサービスが提供されることで利用者の方も緊張することなく自然体でサービスを利用することができるのです。

「楽天プレミアムカード」の総評

「楽天プレミアムカード」はその利用対象者が様々なポイントで優待を受けたり、その他にも購入した商品に対して様々な保険が付帯されたりと非常に機能性に優れたカードであるということができます。
一方で年会費は少し高めに設定されていますが、その分ポイント回収能力も優れたクレジットカードで、その他にもポイント交換先が多く用意されていることからも現金並の威力を持つことが証明されています。故に、このような「楽天プレミアムカード」を利用することで様々な高級アイテムを賢く買いためることが可能なのです。

dカード GOLD

dカードゴールド
年会費 永年無料
限度額 100万円
ポイント還元率 1.0%
マイル還元率 0.3%

「dカードGOLD」の付帯サービスの活用!

「dカードGOLD」の付帯サービスについては「dカード」と大枠としての相違点はありませんが、その規模などで大きな差異が生じていることが散見されます。それぞれについて個別に見ていきます。
まず「お買い物あんしん保険」のサービスがあります。これは「dポイントGOLD」で購入した商品が万が一盗難や破損のような損害を受けた場合、購入日から起算して90日までは補償の対象になります。一方で補償の条件も細かく決められておりますが、「dポイントGOLD」のクレジットカードを契約している方は基本的に全ての商品、そして支払い方法において補償が下ります。補償の金額についても「dカードGOLD」においては年間300万円と定められており、通常の「dカード」よりも金額としては大きく設定されています。他方で自己負担金を1事故当たり3000円支払うのも事実です。

海外旅行にも強い!

また海外旅行保険も行っており、「dカードGOLD」の利用者の方であれば、特に何の制限もなく最大1億円までサポートします。この海外旅行保険の補償事例としてはホテルでカーペットを汚してしまったというような事例も含まれ、補償に範囲は広くとられています。
旅行という側面で見ると、国内旅行保険に対しても保険は行われていおり、こちらは金額が半分になるものの最大で5000万円の補償が下りることになっています。
「dカードGOLD」における利用額特典としては、入会2年目以降に前年の利用額累計に応じてサービスを受けることができるようになるというものがあります。これは具体的に言えばケータイ割引クーポンやdトラベルクーポン、dTVターミナルクーポンのような種類の商品から選ぶことができます。
このように「dカードGOLD」には様々なサービスが付帯され、それぞれが利用者の方の日常的な消費活動や非日常的な経験を様々な側面からサポートする役目を負っているのです。

「dカードGOLD」の様々な活用!

「dカードGOLD」におけるお得な側面としては様々な料金割引やケータイ補償、空港ラウンジサービスなどがあります。これらについて詳細に見ていきます。
まず毎月のドコモの携帯電話や「ドコモ光」の利用料金の10%がポイントとして還元されます。例えば月9000円の使用料であった場合、年間で10800ポイントがたまるという計算になります。このように発生する月々の料金をポイントという形で緩衝してくれるのは非常にありがたいことです。
また携帯電話の破損に関しても購入から3年間で最大10万円の補償が行われます。携帯電話の紛失や事故による破損に関しても最大10万円が最新機種、同一カラーの端末購入に関して下ります。このように未然に防げない事故に対しても後続でバックアップを与えてくれるのは非常に優れたシステムです。
また国内空港のラウンジを無料で利用できるという利点もあります。「dカードGOLD」の利用者の方はこのクレジットカードと空港を利用する証明であるフライトに関する半券を提示するだけで全国28カ所の空港でラウンジが無料で利用できます。出発前のひとときを実に快適に過ごすことができるのは旅行において非常に些細ながら重要であると考えられます。こういうきめ細かいサービスにドコモの顧客を思う精神が現れていると思うと、非常に利用したい気分になりますね。
このようなサービスを取りそろえて「dカードGOLD」は利用者の方を待っています。最後に加えて、入会利用キャンペーンとして最大10000円相当のプレゼントが行われていることも付記しておきます。このような新規入会者に対する手厚いサービスが利用者の方の意欲を高めているということができます。

「dカードGOLD」の総評

「dカードGOLD」は「dカード」の上位互換のカードとして、年会費が割高ながら、様々なアフターフォローや空港ラウンジのサービスをほぼ無制限に利用することができます。「dカード」ではあったサービス利用時の細かな制限が「DカードGOLD」ではほとんど撤廃されるのです。
この「dカードGOLD」を申し込むに当たっては「dアカウント」というドコモ独自のアカウントを利用する必要があります。普段から携帯電話や光回線などでドコモと取引のある方は利用の一考に価値があります。