スマートフォンからの申込みで即日振込可能なキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クレジットカードの引き落とし日や口座振替の引き落とし日の当日になって、自分の銀行口座にお金が入っていない、というのは誰にとってもよくあることです。他の銀行口座からお金を移動するのは、わざわざATMまで行き来しなければならないのでちょっと面倒。また、給料日前で少しお金が足りないこともあります。

そんな時、自宅にいながら融資を受けることができたら便利ですよね。即日振込に対応している金融業者には、どんなところがあるでしょうか。気になる消費者金融についてお伝えします。

即日振込の条件

即日振込でお金を借り入れるためには、条件をクリアしなくてはいけません。

平日の14時までに申込まないと口座に即日振り込まれない

多くの銀行で、即日振込対応時間が平日の14時までとなっています。その時間を過ぎると、振込対応時間が「翌営業日」となってしまいます。

「今日この日のうちに融資を自分の口座に受け取りたい」と思っている方は、一刻もはやく即日振込の手続きを進めるべきなのです。
カードローン契約後の即日振込は、ログインしてサービス上の振込依頼を出すだけなので時間がかかりませんが、これから申込みを行うなら相応の時間を覚悟しなくてはなりません。

即日振込

土日祝日の即日振込は注意

即日振込に対応している消費者金融業者でも、場合によってはその日のうちに振込をしてもらえないことがあります。たとえば、あなたが借入をする日が土日祝日などの、銀行が休業している日程であるケースには、特に注意しておきましょう。土日祝日まで無休で営業している消費者金融業者と違って、銀行などの金融機関には休みの日があるのです。もしもあなたの使っている銀行が休みの日に振込を希望するならば、銀行口座への送金が次の営業日まで延ばされてしまうかもしれません。

土日に即日振込可能な場合もある

ただし、土日祝日でも即日振込をしてもらえる方法もあります。消費者金融業者を選ぶとき、各銀行と提携している業者を選べばいいのです。たとえば、三井住友銀行とジャパンネット銀行はプロミスと提携しています。三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行はアコムと提携しています。このように、銀行と提携している消費者金融業者ならば、銀行が休業している土日祝日でも振込による借入が可能です。あなたが借入を希望する曜日によっては、上記のように銀行と提携している消費者金融業者を利用すると便利です。

即日振込に対応している消費者金融を探す

プロミス、アコム、アイフルなどの大手の消費者金融業者では、ほとんどが即日振込に対応しているようです。また、これらの大手以外の消費者金融業者でも、即日振込に対応している業者はいくつもあります。

即日振込キャッシングの選び方は?

即日振込対応のキャッシングの種類は少なくありません。

日本中には、多くの即日振込対応のキャッシングがあります。しかし、確固たる基準を持ってキャッシングを比較して、自分にぴったりの即日振込キャッシングを選ばねば、あなたのキャッシング利用はうまくいったと言い難いです。

では、どんな基準でキャッシングを選べばいいのか? その、キャッシングの洗濯基準をお教えします。

即日振込可能時間は何時までか

何時までに振込依頼を出せば、即日振込で借入可能か、「即日振込対応時間」も重要です。

多くの即日振込キャッシングが「当日14時まで」の申込みで即日振込などの場合が多いです。逆に、「即日振込対応」しか書いていないキャッシングは要注意です。

なぜなら、そういった業者は、多くの場合「対応が遅れるパターンが多い」からです。絶対に今日この日に即日振り込んでくれるのか、まずはその対応の早さを基点に、キャッシングを比較してみてください。

銀行振込に時間制限があるのは「全銀システム」があるから

なぜ即日振込の制限時間が「平日の14時までの申込み」など、厳しい制限がかけられているのか。それは、銀行には「全銀システム(全国銀行データ通信システム)を利用しているから」です。

全銀システムとは、全国銀行式決済ネットワーク(全銀ネット)が、利用者の為替取引を、全国の金融機関を網羅してリアルタイムに送金するシステムです。

1973年の発足して以来、国内の金融機関をほとんどすべて網羅するほどになった全銀システム。その全銀システムも現在は代6次システムにまで発展したのですが、まだまだ対応時間に厳しい制限が課せられているのです。

全銀システムは2018年にも24時間対応

しかし全銀システムは、2018年にようやく24時間化されると言われています。

全銀ネットから、今でもかなり根深い「平日夕方~夜間、土日祝日の取引ニーズ」に応えるため、2018年には全銀システムの24時間稼働を目指すと発表しました。

しかし、全銀システムと関係が深い「日銀ネット」が、24時間化にそれほど強い姿勢を見せていません。時間延長は行ったものの、24時間化の予定はありませんから、日銀ネットが24時間化しても、深夜と休日の取引はすぐに対応できないかもしれません。

どちらにせよ、全銀システムの24時間化の大きなカギを握るのは、「FinTech」です。FinTechに関する詳しい情報は、またのちほど説明します。

自分でも審査に通るキャッシングか

審査基準も重要です。

いくら「このキャッシングは優秀だ!」と思い申し込んだとしても、審査に落ちてしまっては意味がありません。自分でも審査に通る、確実に即日振込でお金を借りられるキャッシングを選んで借り入れるべきです。

お試し審査を受けておく

業者によっては、事前に簡単な数項目の情報入力だけで、借入可能かどうか仮の審査結果が出せる場合があります。

審査に通るか際どくて、自分は借入可能かどうか心配ならば、事前にお試し審査を受けておくことをおすすめします。

金利が低くて返しやすいか?

お金を借りるということは、そのお金は返さねばならないということ。

そしてキャッシングを利用すると、借り入れたお金の支払いに伴い「利息」を支払わねばなりません。

少しでも金利が低いキャッシングならば、支払う利息の額も少ないです。支払う利息を少しでも少なくしたいならば、低金利のキャッシングを利用してお金を借り入れてください。

低金利で即日振込に対応したカードローン「楽天銀行スーパーローン」

またあとでもご紹介しますが、「楽天銀行スーパーローン」が、低金利で即日振込にも対応していておすすめです。

金利は、「1.9~14.5%」ですが、キャンペーン期間中ならばさらに低金利で借りられることも。そしてネット銀行のカードローンということもあり、WEB完結する即日振込での借り入れにも対応しています。

即日融資で借りるまでの最短時間は?

融資までにかかる時間を一覧にしてみましょう。

金融業者 最短融資
プロミス 最短1時間
アイフル 最短1時間
アコム 最短1時間
新生銀行カードローンレイク 最短40分
三井住友銀行カードローン 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン 最短40分
ソニー銀行カードローン 最短1時間

公式サイトによると、大きな運営元が運営しているカードローンの融資にかかる時間は上記の通りです。
注目すべきは、三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行という、二つの都市銀行カードローンです。日本を代表する経営規模の大きな銀行カードローンにして、最短即日融資にも対応しています。三菱東京UFJ銀行カードローンは、公式ホームページに最短40分カード発行とありあしたが、カード受け取り後すぐ借入れることができるとして、最短40分審査としました。

おすすめの即日振込対応消費者金融

ここからは、即日振込のキャッシングを利用するのにぴったりな消費者金融を紹介します。
プロミスプロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
融資 最短一時間

即日振込対応の消費者金融は多いですが、中でもおすすめなのが「プロミス」です。プロミスは、ネット申し込み、電話申し込みなど、あらゆる申し込み方法で最短30分審査が可能です。
その後、自分の口座を指定すれば、銀行の営業時間という制限内で即日振込が行われます。「銀行の営業時間内」という制限が気になる方は、プロミスから借り入れたお金の振込先を「三井住友銀行」の口座にしてください。三井住友銀行口座への振り込みならば、振込依頼を出す時間に関係なく24時間いつでも即日振込が行われます。
お金の引き出し方法は自分で考えなくてはならないものの、「24時間いつでも振込可能」なのは嬉しいですよね。

審査通過率の高い消費者金融「アコム」

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
融資 最短一時間

毎月公開されている、株主向けの「月次報告書」によると、アコムは大手消費者金融で一番高い審査通過率です。つまり、大手消費者金融の中でもっとも審査が柔軟だということです。審査に自信がないあなたは、別のカードローンよりアコムへ申し込んでアコムからお金を借入れるべきです。
アコムは借入カードにクレジットカード機能を付帯できる、そしてはじめての利用者に限り無利息サービスを利用できるなど、メリットの多く揃った消費者金融です。

何度でも1週間無利息「ノーローン」

金利 4.9%~18.0%
限度額 500万円
融資 最短一時間

新生銀行のグループ消費者金融、「ノーローン」も、即日振込に対応しています。申込み、審査結果詳細ページの中で「即日振込サービスを利用する」という選択が可能です。

そしてなんといっても、ノーローンは、「何度でも利用できる1週間の無利息サービス」が強み。ノーローンからの借り入れを返済完結した翌月、再び「1週間無利息」となります。この無利息サービスには利用制限がありません。「継続的に即日振込のキャッシングを利用する」方はぜひ、ノーローンからの借り入れを検討してください。

ノーローンなら即日振込でも無利息サービス利用可能

ノーローンは、他消費者金融とも違う、優秀な無利息サービスを設定しています。

「何度でも利用できる」という無利息サービスを設定しているのは、消費者金融多くともこのノーローンだけ。ノーローンならば、時間をかけず即日振込でお金を借り入れた後、少ない利息を、時間書けずに返済完結が可能だということです。

即日振込でお金を借りるつもりだが、その後の返済が心配な方はぜひ、他のキャッシングではなくノーローンのカードローンを利用してください。

審査の甘い中小消費者金融でも即日振込可能

少ないですが、「即日振込に対応した中小消費者金融」も存在します。中小消費者金融の特徴はなんといっても、大手より審査基準が甘めであるということ。大手消費者金融や銀行の審査に通る自信の無い方は、中小消費者金融からの即日振込を受けることも考えてみてください。

ビアイジ

ビアイジ

金利 12.00%~18.00%
限度額 1万~200万円
融資 最短即日

ビアイジは最短即日振込に対応しています。審査時間も「最短30分」を打ち出すなど、時間のかからない「スピードキャッシング」を売りにした中小消費者金融です。

一つだけ注意するべきなのは、「振込対応地域」です。即日振込が可能なのは、北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、岡山県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県となっています。
これ以外の地域には、振込ができませんし、そもそも電話もつながりません。

条件さえあって、審査に合格さえすれば、専業主婦の借り入れも可能というのも大きなメリットですよね。

セントラル

セントラル

金利 4.8%~18.0%/td>
限度額 1万~300万円
融資 最短即日

愛媛県にある中小消費者金融、セントラルも即日振込に対応しています。
セントラルは、中小消費者金融にして全国に支店を持つ企業。独自の自動契約機もあるので、即日融資に強い中小消費者金融と考えて間違いありません。

クレジットカードでも即日振込可能

最近主流の「即日振込対応のカードローン」。しかし実は、即日振込が可能なのは、カードローンばかりではありません。クレジットカードのキャッシング機能。クレジットカードの種類によっては、「即日振込」でお金を借り入れることができる場合があります。

いくつか、即日振込に対応したクレジットカードを見てみましょう。

オリコカード

オリコカード

金利 15.0%~18.0%
限度額 10万円~100万円
融資 最短即日

オリコカードのキャッシングは優秀です。パソコンやスマートフォンからの依頼で、最短即日振込のキャッシングが利用可能です。
キャッシングの申込み自体は24時間いつでも可能ですが、キャッシング申込みが13:30以降だった場合は、振込が翌営業日となってしまいます。また
土日祝日の即日振込には対応しておらず、キャッシング申込み時間に関係なく翌営業日の振込となります。

しかし、少額キャッシングで利率が15%になる場合があるなど、金利という観点から見ても優秀なキャッシングが設定されています。

セディナ

セディナカード

金利 18.0%
限度額 1万~200万円
融資 最短即日

セディナカードも、電話、ネットからの申込みで即日振込のキャッシングを利用可能です。

それまですでにセディナカードを利用していた方なら当然のこと、すごいのは、まだセディナカードを持っていない人でも早めの申込みで即日振込が可能であるという点。
11:00までという、制限時間の短い申込み制限が気になりますが、11:00までにカードを申し込めばカードの受取前に、指定口座への振込が行われます。セディナカードそのものは、その後簡易書留で届けられます。

銀行カードローンも即日振込対応

銀行カードローンの中にも「即日振込でキャッシング可能」なものがいくつか存在します。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングと比べ低金利で、利用しやすいというメリットがあります。銀行キャッシングと振込融資の相性が良いこともあり、即日振込で借りやすいのです。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

金利 2.5%~13.8%
限度額 800万円
融資 最短一時間

ソニー銀行のカードローンは、「最短即日振込」に対応しています。
基本的にソニー銀行カードローンは、ソニー銀行口座を持っていることが利用条件となりますが、初回借入時に限っては「別銀行口座」への振込が可能です。
スピード振込での融資が可能なだけでなく、下限金利も上限金利も比較的低金利なのも、大きなメリットです。そして、最近取締が厳しく、利用しづらくなっている「専業主婦」の借入にも対応しているというメリットも。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
限度額 800万円
融資 最短即日

楽天銀行のカードローンも、最短即日振込に対応しています。
さすがネットに強い楽天銀行のカードローンらしく、スマホからの申込みとスマホからの借入で、即日振込での借り入れが可能となります。
他にも、カードローン利用で楽天スーパーポイントが貯まるなど、多くのメリットがある銀行カードローンです。

今後即日振込のキャッシングは増えていくのか?

とにかく便利な即日振込可能なキャッシング。

パソコン・スマートフォンを使えば、振込の手続き自体はものの数分で終えることができるでしょう。電子機器、ネットワーク技術の向上にともなって、即日振込可能なネットキャッシングキャッシングは、今後ますます増えていくはずです。

スマートフォン利用者の割合は年々増えており、現在すでにキャッシング利用者の多くが、「ネットキャッシング」での借り入れを行っている状況です。ハッキリ言って、スマートフォンなどを用いたネットキャッシングには、「借りすぎるリスク」以外のデメリットがありません。

Fintechによって広がる日本の即日振込キャッシング市場

cash
Fintechとは、「financ」と「technology」をあわせた造語です。

すでに日本国内でも、クレジットカード決済など、「ネットとお金」が絡む分野で「Fintech」の技術が使われています。

キャッシングにおいても、以前話題になった「CASH」などが、Fintechの技術を使っています。今後もますますこうした、Fintechを利用したキャッシングサービスが出て来ることは容易に想像できます。

それにより、多くの問題も発生するでしょう。しかし技術向上に伴う発展の過渡期というものは、得てしていつもこんな感じなのです。

CASHの危険性について詳しく書いた記事が、こちらです。→「CASH」や「Payday」…貧テックの恐ろしさをキャッシング内部から語ります

負債者の割合が増え自己破産件数も増える?

Fintechが発達し、これから即日振込対応のキャッシングがますます増えていくとなると、キャッシングが身近な存在となることでキャッシング利用者が増えることが予想されます。
負債者が増え、その中で返済不能となる人が多くなることによって、債務整理、そして自己破産件数が増えることでしょう。

国がこの事態を重く見て、Fintechを取り締まるか…いや技術の進歩だから法規制をしすぎるのもどうだ、みたいな議論が起こるところまで私には見えます。
そもそもどうして消費者金融や銀行のカードローンがここまで広まったかと言うと、「近くのATMで気軽にお金が借りられるから」に他なりません。
多くのキャッシング利用者は、「お金を簡単に、気軽に借りたい」と思っているものです。

「貧テック」なんて言われる始末

CASHが、「スマホを使った、体のいい金貸しサービス」であることに気づいたネットユーザーたちは、Fintechをもじって「貧テック」なんて呼んでいます。
いつの世も、頭のいい企業側の人間が、お金に困った人たちを騙してお金儲けを狙うものです。
我々サービスを利用する側は、そうした企業の真意を見抜いて、より良いサービスと未来を選びぬく審美眼を持っておくべきなのです。

携帯料金の現金化ってどうなの?

スマートフォンと現金
ちょっとかわった即日振込の方法として、「携帯電話料金現金化」があります。

携帯電話契約時に付随した携帯決済枠を利用して、デジタルコード購入後、そのコードで実際に買い物をします。あとはその品物を業者が買い取れば、現金化は終了です。

携帯電話料金の現金化は、キャッシングではなく、普通の「買い物」と変わらないため違法性は無い…といわれています。しかしきっと携帯電話規約など、突っ込まれるとキリがないでしょう。

クレジットカード現金化と同じく、なるべく使わないのがベターです。

即日振込の注意点

即日振込でお金を借り入れる際には、時間もかからないので利用者は気を抜いてしまいがちです。

しかし、目的のものがすぐ近くにある時こそ、しっかりと気を張っておく必要があるのです。

審査に時間がかかりすぎると即日振込で借り入れができない場合も

即日振込対応のキャッシングは、申込んでから行われる審査に時間のかからない設定がされています。

しかし申込時間、申込状況、申し込んだ時期などの要因で、審査が即日で終わらないことがあります。その場合、即日振込のキャッシングは利用できません。

早い借り入れを希望しているなら、確実に即日振込で借り入れることができる工夫をしておくべきでしょう。

在籍確認が職場に来る

即日振込で、誰にも知られずお金を借り入れるつもりでも、審査の「在籍確認」。これが職場にかかってくることを避けられません。

あらかじめ在籍確認がかかってくることを見越して、自分が電話に出るなどの工夫をおこないましょう。

取引明細書が郵送で届くことも

無事口座にお金が即日振り込まれたとしても、その後取引明細書が家に送られてくることがあります。家族に内緒でお金を借りたい方でも、この郵送物をきっかけにキャッシング利用がバレてしまうことが十分考えられます。

即日振込で借り入れた後も、気を抜かないように、郵送物へのマークも怠らないでください。

まとめ

即日振込に対応した消費者金融と、そうでない消費者金融があります。大手消費者金融のカードローンならば、最近はどこも即日振込に対応しています。
土日の即日振込や、銀行の営業時間外など、即日振込でお金を借りられないケースにも気をつけておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。