最優先したい項目で絞り込み
もっと詳しい条件で検索する

銀行カードローンの審査基準が厳しくなる!多重債務者は利用できなくなります

以前より問題になっていた「銀行カードローン」。総量規制の対象外となっているため、他社借り入れ額合計が年収の3分の1を超えていたとしても、追加借入可能です。

しかしそんな「銀行カードローン天下」の時代も終わり。これからは、銀行カードローンも総量規制の対象となります。

…とはいえ、これはまだ貸金業法改訂の際と同じような、「法で制限」を受けたわけではありません。

一部の銀行が、カードローンの取締を自主的に厳しくしたというだけの問題です。

みずほ銀行カードローンは自主的に「総量規制」導入

法的には「総量規制の対象外」である銀行カードローン。しかし、都市銀行カードローンである「みずほ銀行カードローン」は、自主的に総量規制を取り入れます。

他社借入額合計が「年収の3分の1」という条件を満たしていた時点で、みずほ銀行カードローンは利用不可能となってしまうのです。

三菱東京UFJ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンも「50万円以上の借り入れ」に収入証明書が必要

残る二つの都市銀行、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンでも、利用規約が厳しくなります。

それぞれの銀行カードローン申込時に、「50万円以上の借り入れ」を行う際には「収入証明書」が必要になるのです。

以前は300万円の借り入れまで、収入証明書の提出は不要だったのですが、これからはその条件が厳しくなるのです。

銀行カードローン審査基準取締の背景

銀行側が自主的に動かなくてはいけないほど、銀行カードローンに対しての目線が厳しくなった背景をもう一度思い出してみましょう。

消費者金融カードローン利用者が銀行カードローン利用に移った

やはり大きかったのは、「総量規制」の制定です。貸金業法改訂により総量規制が生まれたことで、多重債務者はカードローン利用が不可能となりました。

そうして、高まったカードローンニーズ応える形で、銀行カードローン利用者は増えていったのです。

結果自己破産件数が増加

総量規制の影響を受けず借入可能な、銀行カードローン利用者が増えたことで、結果どうなったかというと「自己破産の件数が増加」するに至りました。

銀行カードローンだってカードローンはカードローン、その返済が追いつかない人は出てきます。いくら銀行カードローンの金利が低いとはいえ、その返済の労力たるや大きいものなのです。

テレビCMなどで「銀行カードローンは借りやすい」ものだという認識が広まった結果

最近はテレビCMで、銀行カードローンのCMが頻繁に放送されています。

それを見た視聴者の多くが、銀行カードローンを認知します。そうしたテレビCMで「銀行カードローンって使いやすくいいものなんだ」と認識されると、ますます利用者が多くなるという仕組みです。

銀行口座が無くても利用できるカードローンが増えた

以前は銀行カードローンを利用するには、その銀行の口座を持っていなくてはなりませんでした。しかし最近では、都市銀行カードローンのように、口座をもっていなくても利用できるカードローンが多くなっています。

つまり、審査基準も厳しくないため、「誰でも使いやすい」設定が多数凝らされているのです。

銀行カードローンは危険なのか?

銀行カードローンによって、自己破産の件数が多くなっていると聞くと、「銀行カードローンは利用するべきではないのか」と思う人もいるはず。

しかし、銀行カードローンの利用それ自体には危険性は少ないです。低金利の設定での返済は、利息の支払いが少ないため気軽です。「借りすぎてしまう」という危険にだけ気をつけておけば、とても使いやすいカードローンだと言えるでしょう。

今後多重債務者はどこにいくのか?

しかしわたしは、今回のニュースを見て、「今現在多重債務で苦しんでいる人はどうなるのか?」と疑問に思ってしまいました。

銀行カードローンの多くは総量規制で使えなくなる。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、前から総量規制の対象である。

となると使えるのは、「まだ総量規制の対象外」である銀行カードローンか、より審査の甘い「闇金」くらいしか思いつきません。

行政は、銀行キャッシングへの注視を行うのと同時に、「多重債務の返済に悩む人」への対応も行って欲しいですね。

まとめ

銀行カードローンに対して法律が厳しくなる前に、みずほ銀行など一部銀行が自主規制を行っています。

みずほ銀行は自主的に「総量規制」を取り入れていますし、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行も「50万円以上の借り入れには収入証明書」が必要になっています。

以前の設定が銀行カードローンに甘すぎたくらいですし、これくらいの規制は当然…。とも言えますが、今後ますます銀行カードローンは使いにくくなることが予想されます。

現在多重債務を抱えている方も、銀行カードローンに新規で申し込むつもりの方も、しっかり気を配っておきましょう。

メルカリの現金購入、クレジットカード現金化を考えるくらいなら「債務整理」を行いましょう

先日メルカリの、「現金出品」が問題になりました。

クレジットカードのショッピング枠で「現金」を購入することにより、多少色がついた値段でも、お金に困っている人が買ってしまうというものです。

この他にも、お金に困っている人をターゲットにした、悪質な商売は蔓延しています。どうしてそんな、お金に困っていない人からみたら、「そんなことしなくても…」と思ってしまう商売に飛びついてしまうのか。

それはやはり「お金に困っているから」にほかならないのです。

「支払い」「返済」のためのお金を求めている

どうしてそんな、クレジットカードありきでお金を手に入れる方法を選んでしまう人がいるのか、それは何より「自由に使えるお金がすぐに欲しい」と思っているからです。

設定された限度額を超えた時、クレジットカードを利用することはできるの?


お金が欲しい理由は「支払い」や借りたお金の「返済期限」が迫っているから。これらの方法いがいの現金入手手段を思いつかない人が、社会的にグレーなこうした方法を選んでしまうのです。

「キャッシング限度額」はとっくに到達している

「そんなことをしなくても、まだ消費者金融や銀行のカードローン」を選んだほうがまだマシでは?そう思う方も多いでしょう。

しかしそんな「キャッシング」なんて手立てはとうに済んだ話。とっくにカードローン借入限度額は到達してしまっている状態です。あとは闇金から借りる選択肢もありますが、そうなるといよいよ終わりです。

藁にもすがる思い

そうした、なんらかの「現金化」を行う人は、藁にもすがる思いで、そうした行動を選択しています。うつ病で仕事をやめてしまう人に少し似ていますね。

身の破滅を予感して、正常な判断力も無くしている。選べる方法をそもそも知らない。そういった理由で、こうした「グレーな手段」を選んでしまうのです。

「行動が成果に直結する」という安心感

こうした何らかの現金化が人気な理由は他にもあります。それは、こうしたネットから気軽に行う方法ですぐに「結果に現れる」安心感です。

他の行動では、すぐに金銭的な得が発生するのが遅い場合があります。すぐにお金が手に入る、本当の猶予がまた伸びるという満足感もここにあるのでしょう。本当はあとでもっと大きな損失が発生してしまうのですが、そのことには気づかないふりをしているのです、、

他の方法を選択する「金融リテラシー」があればメルカリは選ばないはず

そもそも、他の金策を思いつくほどの「金融リテラシー」を」有しているなら、こんな方法は選ばないはずです。

もっと安全なお金を即日手に入れる手段は、他にもたくさんあります。日払いバイト…他社借入が多くても審査に通る、甘い審査のキャッシングなど。

クレジットカードの現金化を行うにしても、「新幹線の回数券を金券ショップに売る」など、もっと安全な方法があるはず。

キャッシング利用で本格的に困っているなら「債務整理」を選ぶべき

ここからが本題です。メルカリでの現金購入、クレジットカードの現金化などの方法を選択するくらいなら、確実にキャッシング返済額を減額できる「債務整理」を行いましょう。

公的機関が通ることが多いため、確実に「合法」で「安全」。多少の手間と時間は求められるものの、債務整理を行えばあなたの返済の負担がとても軽くなるでしょう。

過払い金請求が気軽

一大ブームとなりつつあるのが「過払い金請求」です。借入期間が長くなっている人は、かつて存在したグレーゾーン金利での返済を行っている可能性があります。過剰に支払いすぎている利息「過払い金」を請求することで、結果的に返済額の減額を行うことができるのです。

過払い金請求は、専門の弁護士を通して消費者金融と交渉することで、簡単に行うことができます。最近は「相談までなら無料」という弁護士事務所も増えています。心当たりのある方は、まず相談してみてください。

本当に手が負えないなら「自己破産」を

そして債務整理の中で、もっとも効果が大きいのが「債務整理」です。自己破産を行うと、返済額が減るどおろか、今後その返済は「免責」となります。つまり、もう返済の必要はなくなるのです。

しかし自己破産の代償も大きいです。自己破産を行うと、その人の資産がすべて「差し押さえ」となってしまい、所有権がなくなってしまうのです。そしてその自己破産記録は、10年間ほど信用情報に残ってしまい、その後の審査などにかなり悪影響が出てしまうことも。

本当にどうしようもなくなった時の「最後の手段」として、債務整理は認識しておきましょう。

まとめ

今話題の「メルカリ」の現金出品や、クレジットカードのショッピング枠現金化など、現金を手に入れる手段として少し良くない方法を選ぶ人もいます。

ですが。、返済や支払いのためにお金が必要だと思ったときも、そうした方法を選ぶべきではありません。本当にキャッシングの返済で悩んでいるなら
「債務整理」を検討してください。

キャッシング利用前にしっかり比較!

「キャッシングを利用してお金を借りたい」

と思っているということは、それだけお金に困っているということ。お金に困っているあなたは、一刻もはやくお金が欲しいと思っているはず。

しかしキャッシング利用時に焦りは禁物。しっかり事前にキャッシング設定を比較してから、自分が利用するに相応しいキャッシングサービスかどうか、当サイトで比較して見てください。

そもそもキャッシングとは?

自分の利用するキャッシングを比較する前に、そもそもキャッシングとはどういったものを指すのか、キャッシングの意味から考えていくことにしましょう。

クレジットカードのキャッシング

「キャッシング」と聞いて、多くの人が思い起こすのが、「クレジットカードのキャッシング」。クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯する、ショッピング機能の補助をする機能のことです。

後に説明する「カードローンなどのキャッシング」機能と違い、金利や限度額の設定に多様性が無いのが特徴です。

カードローンなどのキャッシングサービス

当サイトで扱っているのが、こちらのキャッシング。消費者金融や銀行が運営する、「カードローン」や「フリーローン」などのキャッシングサービスです。

こちらのキャッシングは、設定が非常に多様性を帯びており、金利や限度額設定など様々。だからこそ、利用する際にはしっかりと設定を比較する必要があるのです。

キャッシングの何を比較すればいいのか?

では、種類の多いキャッシング、どのポイントを比較すればいいのか。比較するべきポイントを見ていきましょう。

キャッシング運営元で比較

まず、キャッシングの運営元がどこかは重要です。民間企業である「消費者金融」なのか、銀行が運営するキャッシングなのか。運営元によって、キャッシングの大部分の設定が決まります。

銀行キャッシングは総量規制の対象外

銀行のカードローンなど、銀行キャッシングの大きな特徴の一つに、「総量規制の対象外」であることがあげられます。

10年ほど前の貸金業法改訂で生まれた総量規制の対象にならない「銀行」は、年収の金額に影響を受けない借り入れが可能です。大きな額の借り入れを希望している方、また、すでに他社借入額が年収の3分の1を超えている方は、銀行キャッシングを利用するようにしてください。

審査時間を比較

キャッシングの種類によって大きく違うのか、キャッシングへ申込んでから審査結果が出るまでの時間です。消費者金融のキャッシングなど、審査に時間がかからないものなら、申込んでから最短30分ほどで審査結果が出るものも。

借り入れに時間を書けたくない方、審査結果を少しでも早く受け取りたい方は、審査時間が短いキャッシングへ申込んでください。

融資を受けるまでの時間を比較

審査結果を知らされてから、実際の借り入れまでにかかる時間も、キャッシングの種類によって異なります。

キャッシングによっては、審査結果が即日知らされるのに、実際に借入可能となるのはそれから1週間後なんてものが。審査時間だけでなく、合わせて融資時間もしっかり比較しておきましょう。

金利設定を比較

キャッシングで気なるのは、やはり「金利」です。金利設定が高ければ高いほど、返済時支払う利息が大きくなります。

キャッシングを比較する時、何を一番重要視しますか?というアンケートによると、この金利を一番重要視する、というアンケート結果もあります。

少しでも返済時の負担を小さくするためにも、キャッシングで設定されている「金利」。しっかり事前に比較しておきましょう。

限度額を比較

キャッシングには、それぞれ借り入れることのできる上限が設定されています。

それが、「キャッシングの限度額」です。この限度額でもキャッシングをしっかり比較しておかないと、その借り入れにて自分のニーズを叶えることができません。

例えば、おまとめローン目的での借り入れなら、限度額は1000万円など少しでも高限度額の方が良いでしょう。いくら金利他条件が良くとも、自分の借り入れニーズにあった限度額設定のキャッシングでないなら、あなたにとって「良いキャッシング」だとは言い難いです。

事前のキャッシング限度額比較もお忘れなく。

その他キャッシング設定を比較

キャッシングにはその他様々な「設定の違い」があります。専業主婦利用可能なキャッシング、無人契約機で申込み、契約可能なキャッシング、来店不要で借入可能なキャッシングなど独自の設定は様々。

それら「独自のキャッシング設定」も比較を忘れずに、自分にピッタリのキャッシングを居つけてください。

事前の比較なしに借り入れを成功させることはできない

事前の細かいキャッシング設定の比較なしに、あなたの借り入れは成功しません。借り入れたお金でより良い結果を得たいと思っているなら、事前のキャッシング比較は「必須」です。

すぐにお金を借りたいあなたも、しっかりキャッシングを比較した後借り入れを行いましょう。

大手チケット販売会社の「ぴあ」でクレジットカード情報が大量流出

わたしもたまに利用していた、大手チケット販売会社「ぴあ」が、クレジットカード情報を流出させてしまいました。

ニュースによると、運営を受託しているプロバスケリーグ、「Bリーグ」のチケットサイトとファンクラブサイトに不正アクセスがあり、そこから個人情報が流出してしまったとのこと。流出したとみられる情報は、最大でも15万5000件の個人情報、うちクレジットカード情報が3万2000件含まれているそうです。

そしてすでに、流出してしまったクレジットカードを不正利用されたという被害が、すでに197万件届いているとのことです。

ぴあの関連サイト、そしてBリーグのサイトは別サイトであり、チケットぴあ本体への被害は小さいそうです。だとしても、ぴあ自体のセキュリティの脆弱性が浮き彫りになった今回の事件。個人情報が流出しただけで大事ですが、クレジットカード情報まで流出したとあれば大事件ですよね。

やはりクレジットカードはネット上で使うべきではないのでしょうか?

どうして情報が流出するのか?

クレジットカード情報が流出する仕組みをまずは知っておきましょう。今回のように、インターネットから、不正アクセスがありクレジットカード番号が抜かれるケース。これが最も多いです。

もちろんサイト運営側も、不正アクセスを防止するためにあの手この手でブロックするものの、一度情報を奪えば莫大な利益がある「クレジットカード情報流出」。犯罪者側もその利益のためにあの手この手でアクセスを試みます、その様子はまさに「いたちごっこ」の様相を呈しているのです。

「クレジットカード情報」はサイバー攻撃のメインターゲット

サイバー攻撃で目的となるのは「個人情報」であるというケースもあります。個人情報そのものにも大きな価値がありますからね。しかしやはりそれよりターゲットとなりやすいのが、「クレジットカード情報」です。クレジットカード情報はそのまま金銭的価値に直結しますし、比較的足がつきにくいというのがその理由です。

「番号盗用」のクレジットカード犯罪被害はクレカ犯罪1位

インターネットから「番号盗用」を行う手法が、数ある国内のクレジットカード犯罪でもっとも大きな割合を占めます。

手軽に狙えて、そのリターンも大きい。犯人が狙いたくなる気持ちも理解できるというものです。

ネットからのクレジットカード犯罪を防ぐ手立ては無いのか?

一向に減る気配の無いインターネットからのクレジットカード犯罪。

これを防ぐ手立ては無いのでしょうか?

利用者側が備えるのが難しい

インターネット犯罪は犯人側が動く部分が大きいので、クレジットカード利用者側からできることは少ないです。サイト側がしっかりセキュリティに力を入れてくれることを願うくらいしか…。

カードによっては保険が適用されないケースも

万が一、クレジットカード情報を抜かれて、カードを悪用されて被害が出たとしてもその被害を補償してくれるカードがあります。

しかし、反面、補償してくれないカードも同時に存在します。例えば、インターネットで使うカードは保険がしっかりしているカード…といった、「工夫」も必要かもしれませんよね。

ますます増える「クレジットカード対応店」それに比例して増えていくであろうクレジットカード犯罪

東京オリンピックに向けて、ますます「クレジットカード利用可能店」は増えていくことでしょう。

「マクドナルド」「モスバーガー」がそのいい例です。

モスバーガーも「クレジットカード決済」に対応!今後クレジットカードで支払えないケースの方が珍しくなるかもしれません

しかしそれだけ利用者が増えるということは、同時に「クレジットカード犯罪」の数も多くなるということ。悩ましいですね…。

クレジットカードは利用するべきではないのか?

増加するクレジットカード犯罪。この要素だけ見ると、はっきり言ってクレジットカードは危険だと思ってしまいがち。

しかし、やはりリスクを承知で使っても良いと思うほど、クレジットカードは便利です。クレジットカードの良し悪し、その判断は難しいですが、やはりクレジットカードは「気をつけながら使う価値がある」と私は考えます。

クレジットカードセキュリティも力が入る自分のできる範囲の犯罪抑制を!

クレジットカード犯罪の抑制は難しいです。しかし、少し気をつけるだけで、極力クレジットカード犯罪被害に合わないように努力することも可能。

クレジットカードの裏にサインを書く。クレジットカードごとに違ったパスワードを設定するなど、犯罪リスクを減らす努力を怠らないようにしてください。

まとめ

チケット販売サイト大手「ぴあ」がサイバー攻撃を受け、大量のクレジットカード情報が流出しました。

クレジットカード犯罪はますます増えており、カードの取扱は慎重さが求められます。クレジットカードのメリット・デメリット。そして危険性もしっかり気を配りながらカードを利用しましょう。

いよいよ春本番!映画館でいま見られる傑作映画5選

長かった冬は終わり、待ちに待った春到来です。今これを書いている日の東京なんて、最高気温が26℃という暖かさ。今日も街なかを、半袖で出歩いている人がいるほどです。

さて、春の休日は暖かい陽気でウキウキ、公園や川辺に出かけるなんていうのも良いですが、私がおすすめしたいのは「映画館」です。なぜならこの時期、日本の映画館ではアメリカの「アカデミー賞」で勝ち抜いた傑作が公開され始めるからです。

それに個人的な実感として、寒い日や暑苦しい日に見た映画より、過ごしやすい日に機嫌良く見た映画の方が楽しいです。

今回は自他ともに認める映画好きである私が、今映画館でみるべき映画を厳選して5つ紹介します。

今映画館でみるべきなのはこれ!

さて、これから2017年春みるべき映画を紹介します。

映画館でその映画を見られるのは、映画が映画館で公開している今この時だけです。今を逃すと、もう映画館でその映画を見ることができない確率がかなり高いです。このチャンスを逃さないためにも、見るべき映画を先取って抑えておきましょう。

1 夜は短し歩けよ乙女


夜は短し歩けよ乙女公式サイト

湯浅政明監督、森見登美彦原作のこの映画。何を隠そう私はこの原作も監督も大ファンであります。ちなみに、主人公の声を担当している星野源もファンです。

そんなあらゆる視点からのファン目線の評価となってしまいますが、今回の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化、大成功だったと思っています。いや、贔屓目無しに。小説一冊の出来事を「一晩の出来事」とする大胆な改変。星野源、ヒロイン役の花澤香菜両者の声の演技。そして何より湯浅政明の演出。そしてエンドロールで流れるASIAN KUNG-FU GENERATIONの主題歌。すべてが相乗効果で映画を楽しく彩っています。

細かいことは言いません。映画を見てもらえば、みんながみんな幸せな気分になること間違いなしです。

私がお気に入りなのは、黒髪の乙女と李白さんが飲み比べするシーン。李白さんの暗い独白と、黒髪の乙女の幸せな心情描写の対比が気持ちいいです。あの表現は実写にはできないアニメならではの表現ですよね!

2 キングコング 髑髏島の巨神

キングコング
キングコング髑髏島の巨神公式サイト

「キングコング 髑髏島の巨神」は数あるキングコング映画史の新たな一本。実は、2014年公開の「GODZILLA ゴジラ」の続編でもあります。ワーナーは、マーベル映画のような、多数の映画をまたにかける世界を作りたいのです。今作も、その足がかりとなる一本。

キングコング 髑髏島の巨神は、今まで発見されていなかった秘島に「異世界の住人」を調査するという物語。この異世界の住人こそ、キングコングです。

この映画は本当に、映画館で見ないとまったく意味がありません。キングコングがスクリーン内で大暴れ、木をなぎ倒す効果音が劇場内に響き渡る。この感動は映画館でないと味わえません。そしてこの感動を味わってようやく成立する映画です。

まったく色合いが違いますが、この「映画館で見ないと意味ない」感動は、2013年公開の「ゼロ・グラビティ」を彷彿としますね。とにかく、木々が色づきはじめる春にピッタリのジャングル映画です。

3 パッセンジャー


パッセンジャー公式サイト

3月公開のパッセンジャー。あまり期待しないで見たんですけど、普通に楽しめました。これを見たきっかけは、毎日通勤で使う表参道駅のホームにでかい看板があったから。

いろんな意味で衝撃的な展開があったりして、映画の内容について誰かとあーだこーだ言いたくなる映画でもあります。この春地球を離れて宇宙の映画を見たくなったら、この映画がおすすめです。

4 赤毛のアン


赤毛のアン公式サイト

ここからは、まだ公開していない映画の話になります。私も見てないので、どんな映画か私もわかりません。私がこれから見る予定の映画をご紹介します。

まずわたしがご紹介したい、日本未公開映画はこの5月6日公開予定作品「赤毛のアン」です。

題材は言うまでもなく、あの「赤毛のアン」です。1908年に原作が発表されてからというもの、何十回も映画や舞台に起こされたであろう、もはや古典作品。

「なぜ今リメイク?」という疑問はかなり強く頭に訴えかけて来ます。似た映画が、少し前公開された「アニー」のリメイクです。あっちは「黒人を主人公にする」という試みがあった分、狙いがわかりやすかったですが、今回の「赤毛のアン」は本当に狙いが謎。

しかも監督はおそらく長編デビュー作。

じゃあなんで私がこの映画をこんなに推すかというと、「ギャンブル性」があるからです。ぶっちゃけつまんなそうな映画を、数パーセントある「傑作」である確率にかけて見に行く。こんな上級者向けの見方も、春の陽気の後押しがあれば可能です。

5 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス MARVEL公式サイト

もうあまり言うことがありません。5月12日公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」です。どうしてあまり言うことが無いかというと、ほぼ間違いなく面白いから。

素直に見に行ってください。前作を見てない人は、すぐに見てください。

今年の映画の兆候

ここからは、今年公開の映画の兆候を見ていきましょう。

アカデミー作品賞の行方は「モラル意識の高い」映画のもとに

今年のアカデミー賞は、受賞作発表までは「ラ・ラ・ランド」一色でした。アカデミー賞の中でも一番重きが置かれている「作品賞」も、順当にラ・ラ・ランドが受賞するであろうという予想がされていました。

しかし箱を開けてみれば、受賞したのは「ムーンライト」。私はまだ見られていないものの、あらすじだけ見たところめちゃくちゃモラル重視の、今のアメリカ大統領にメッセージを送るかのような作品ですよね。

これを見るに現代の観客は、映画の中身はもちろんのこと、映画が公開されている背景までみるようになっていると言えるでしょう。これは、映画を楽しむ世界中の人達のリテラシーが上がっていると言えます。

邦画業界は「質の高い作品」と「胸キュン映画」が入り乱れる展開に

ではもっと業界を狭めて、「邦画業界」に絞って考えてみましょう。日本で映画を見ている限り、邦画の話題からは逃れることができません。

現代の映画は、常に一定数女子高校生がメインターゲットであろう「胸キュン映画」が幅を効かせています。具体的に言うと、土屋太鳳とかが主演で、山崎健人あたりが相手役の…。なんか恋愛したり、付き合ったりキスしたりするやつです。

しかし同時に、常に一定数ちゃんと傑作邦画も公開されている印象です。6月にも、入江悠監督作品のビッグバジェット映画「22年目の告白 私が殺人犯です」が公開されます。

楽しみ方が違う映画がそれぞれ公開されているので、きちんと住み分けが出来ているという意味で、今の邦画界は層が厚くなっているとも言えます。これからも邦画業界の動向には注視し続けたいところです。

春映画鑑賞中の嗜み

ここからは、春映画を映画館で楽しむ際の「嗜み」についてご紹介します。気にしない方も多いですが、映画館でも作法があるので、正しい作法で映画を楽しみましょう。

鑑賞する映画の前情報は極力入れない

これから見に行こうと思っている映画に関する情報を、事前になるべく入れないところからはじめましょう。これから見る映画の口コミを見てから見に行くなんて人もいますが、それはNGです。ネタバレももってのほか。

事前に予告編を見るのがギリギリです。できれば予告編を見るのも避けたいくらいですが…。

ポップコーンNG ジュースもトイレリスクが高いのでNG

劇場内でポップコーンを食べたくなる気持ちもわかりますが、ポップコーンは我慢しましょう。映画を楽しむ上で、ポップコーンに意識が散ってしまいます。味とか音とか…。喉が渇いたとか…。周りの人もポップコーンを食べる音が迷惑です。

そしてジュース。ポップコーンとワンセットですが、ジュースを飲むのは、トイレに行きたくなるリスクが発生してしまうためNGです。ビール、コーヒーなど、利尿作用のある飲み物はなおさら危険です。

トイレに行った時見れなかったシーンが、映画で一番面白いシーンだったらと思うと…考えるだけで恐ろしいです。

ポップコーンを買うのは映画館の収益を考える上級者のみ

今しがた、ポップコーンとジュースを「買うな」と言ったばかりですが、ポップコーンとジュースには良い面もあります。それは、ポップコーンとジュースの利益がほとんど映画館の利益となることです。

「お気に入りの映画館へのお布施」としてポップコーンを買うことは、私は大賛成であります。ですがこの買い方はかなり上級者向けですね。

気になったセリフ、展開はメモ

鑑賞中、メモをとることをおすすめします。そのメモには、走り書きでもかまいません。気に入ったセリフや、良い感じの情景描写その他思ったことを書いておきましょう。

あとでそのノートを見返せば、より映画の理解が深まります。パンフレットを見るのが手っ取り早いのですが、パンフレットは値段が高い!そしてパンフレットに書いてない部分も多い!(個人が気になるポイントも違う)なので是非メモを!

周りの人に迷惑なので、スマートフォンにメモするのはやめてくださいね!暗いけどがんばってメモ帳にメモしましょう。

映画は一人でみるもの デートなんてもってのほか

これも大切です。いいですか?映画はみんなでわいわい楽しむものではありません。一人で楽しむものです。誰かと一緒に映画を見ると、その相手の事が気になって映画が楽しめません。デートで映画?ちゃんちゃらおかしいです。映画鑑賞をイチャイチャのネタに使うのはやめてください!

一人でじっくり映画を楽しんで、映画鑑賞後はおしゃれなカフェに行ったりせず、松屋に行って牛丼でも食べてください。

楽しい映画体験で春を充実させましょう

映画鑑賞で春を充実させましょう!

毎年思うのですが、一年が過ぎるのはあまりにもあっという間です。まだまだ一年の前半。今を目一杯楽しむことで、一年の最後、「今年は充実してたな」と思い返すようにしましょう。

その手助けしてくれるのが、毎週公開されている「映画」です!