おまとめローンの審査はどんな人が通りやすいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バラバラの借り入れを一本化できるおまとめローンは魅力的です。しかし、そもそも審査が通らなければ利用できません。

審査に通りやすい人

おまとめローンの審査に通りやすい人には以下のような特徴があります。

  • 借入先がそんなに多くはない。
  • 短期間に複数の会社から借り入れをしたりしていない。
  • 勤続年数が一定年数以上ある。
  • 信用機関の情報にキズがない。
  • 住宅ローンなどを組んでいない。

借入先数にも限度がある

おまとめローンの審査に通りやすい人は、3社までの借り入れにとどまっていることが多いようです。4社以上から借り入れがあると、審査は難しくなるようです。
一社から多額の借り入れがあったとしても、逆にそれは利用者の社会的信用の高さをしめすものでもあります。何社からも少しずつ借りているというような状態は好ましくないのです。

あやしい履歴は要注意

たとえば、ごく短い間に集中していくつもの会社から借り入れをしているといった履歴も好ましいものではありません。利用者の社会的信用を低くしてしまいます。

勤続年数の長さも大事

おまとめローンは高収入の人が審査を通りやすいイメージを抱いている人も多いかもしれません。
しかし、じつは収入が多くて勤続年数が短い人よりも、収入はいくらか少なくても勤続年数が長い人の方が審査を通りやすいのです。
転職が多いのも良しとはされませんし、1年以上在籍期間がないと審査を通りにくくなる傾向もあります。
必要な在籍期間は各社それぞれで、短いところでは3カ月、長いところでは半年から1年とされています。
社会的ステイタスの高い職業なのか、正社員かパート・アルバイト7日ということ以上にチェックされる勤続年数なのです。

信用機関の情報のキズ

過去に延滞などをして信用機関の情報にキズがある場合も、審査に通りにくくなってしまいます。
なかなか審査をパスしないからといって、1カ月に3社以上に申し込むことも「申し込みブラック」というブラックリストに入ります。
ブラックリストに入ってしまうと大手金融機関のおまとめローンを利用するのは難しくなります。
しかし、信用情報は固定ではありません。
早ければ半年、長くても5年で消去されます。
一度断られたおまとめローンでも、ある程度時間をおいてから再挑戦してみると、審査が通りやすい状態になっていることもあります。

住宅ローンなども問題に

通常のローンならば、住宅ローンや自動車ローンなどは審査対象になりません。
しかし、おまとめローンでは参考情報として聞かれることもあります。
おまとめローンは50万円以上の高額審査になるケースが多いため、そういったローンの問題もクリアしていなければ、審査を通りやすいとはいえないのです。

おまとめローンの申し込みの注意点

以上のようなポイントをクリアしていても、おまとめローンの申し込みでは気をつけなくてはいけないいくつかのポイントがあります。
本来ならば審査に通りやすい人でも、うっかりミスで駄目になってしまうこともあるのです。

正しい情報を記載する

たとえば他社からの借り入れが3社あっても、少なめに2社と記載してしまおうかと考える人もいるかもしれません。
しかし、借り入れ情報に関しては銀行も消費者金融もしっかりと把握しています。
4社以上では厳しくなるかもしれませんが、3社であればまだ通りやすい方です。
うっかり2社と嘘を書いたためにかえって信用を落としてしまい、通りやすい審査をドブに捨ててしまう場合もあります。

書類への記入は慎重に

ウソをつくつもりはなかったのに、うっかり間違えて本当ではない情報を書いてしまうこともあります。
しかし、ローンの申し込みでウソは禁物です。
信用情報機関には個人情報や支払い能力に関するデータがいろいろと残っています。
ウソをついたとみなされると信用を落とし、審査が通らないこともあります。
記入漏れはもちろん、記入の誤りがないか何度も見なおしてから提出しましょう。

記入間違えにも注意

嘘をつくつもりはなかったのに、うっかり間違えた情報を書いてしまって通りやすい審査を台無しにしてしまう人もいます。
せっかく審査に通りやすいスペックを持っていても、思わぬ落とし穴もあるのです。
金策に奔走している中で必要書類を書かなくてはいけないわけですから、ミスしやすい状況ではあるかもしれません。
しかし、あせらず落ち着いて記入していくことが審査を通りやすいものにします。

ヤミ金にはくれぐれも注意

とても便利なおまとめローンゆえに、詐欺まがいの行為も横行しています。
審査の通りやすいヤミ金などには絶対に手を出さないようにしましょう。

ブラックリスト解除が有料?

おまとめローンを申し込んだところ「金融庁のブラックリストで審査が通らなくなっている。解除して通りやすい状態にするには20万円必要」といわれたというケースがあります。
はっきりいってこれは詐欺です。
金融庁は個人の信用情報を管理していることはありませんし、個人融資にかかわるようなこともありません。
ただちに警察に情報を提供することをおすすめします。

大手がおすすめ

おかしな話を持ちかけてくるのはマイナーな会社のおまとめローンことが大半です。審査の通りやすい無登録営業、いわゆるヤミ金とは連絡をとってはいけません。おまとめローンは大手銀行、大手消費者金融がおすすめです。

逆に、おまとめローンの審査に落ちやすい人の特徴は?

おまとめローンの審査に通らないのは理由があります。信用情報と返済能力を見られているのです。

おまとめローンの審査は厳しいという意見も多いですが、審査に対して正しい知識を持っておき、適切な対策を練っておけば審査に通ります。

今回は私と一緒に、おまとめローンの審査に関する正しい情報を集めていきましょう。

おまとめローンの審査に通らない人には皆似た特徴がある

おまとめローンの審査に落ちる人にはこんな特徴があります。

審査に通らない人

  • 借入先が多すぎる。
  • 短期間にいくつもの会社から借り入れをしている。
  • 勤続年数が短すぎる。
  • 信用機関の情報にキズがある。
  • 住宅ローンやマイカーローンを組んでいる。

他社借入状況や、返済履歴などは、信用情報機関に残った記録で簡単に一覧できます。それらの情報で嘘をついても無駄だということです。
一つずつ、状況を見ていきましょう。

借入先が多すぎる

複数の借り入れを一本化するためのおまとめローンではありますが、4社以上から借り入れがあると審査に通らないことが多くなります。
借入総額が大きいとおまとめローンの審査が通らないようなイメージが一般的かもしれません。
しかし、じつは借入総額よりも何社から借りているかというのが問題なのです。
たとえば一社から多額の借り入れがあったとしても、逆にそれは利用者の信用をしめすものでもあります。
どこも少額しか貸してくれないというのは、信用が低いともいえます。

短期間で複数の借り入れ

あまりに何社からも借り入れがあると、おまとめローンの審査が通らない状況になってしまいますが、とくにまずいのが短期間で集中して借り入れを行っている場合です。
借り入れにまでいたらなくても、申し込みがあったという記録があっただけでも、審査に通らないこともあるので要注意です。

職業よりも勤続年数

社会的ステイタスの高い職業でも、おまとめローンの審査に通らないこともあります。
審査で重要視されるのは勤続年数なので、どんなに立派な仕事をしていたとしても、まだ半年も継続していないということでは審査に通らないのです。
消費者金融では本人に安定収入があることが返済能力の証明と見なされます。
パートやアルバイトでも勤続年数が長ければ評価にもつながります。

どれぐらいの勤続年数が評価対象になるかは各社まちまちです。
短ければ3カ月、長ければ1年は最低でも必要で、それ以下では審査は通らないようになっています。

ブラックリストに載っている

過去にローンやクレジットの支払いに延滞があり、信用機関のブラックリストに入っている人もおまとめローンの審査に通らないことが多いようです。
「延滞したことがないのに審査に通らない」という人もいるかもしれません。
もしかしたらそれは「申し込みブラック」に入っている可能性があるます。1カ月の間に3社以上に申し込んだことがあると「申し込みブラック」に入ってしまうのです。1社の審査が通らないからといって次々申し込むようなことはくれぐれもやめましょう。

一度ブラックリストに入ってしまうと、おまとめローンの審査には未来永劫通らないのでしょうか。
じつは、そんなことはありません。
信用情報は早ければ半年、最長5年で消去されるので、時間を置いて申し込んでみると通らない審査も通るようになっていることもあります。

借入状況は関係ある?

通常、ローンの申請には自動車ローンや住宅ローンはあまり関係ありません。ところが、おまとめローンに限っては参考情報として聞き取りが行われる場合もあります。どうしてもおまとめローンは50万円以上の高額になることが多いので、審査も慎重に行われるのです。
当然、キャッシング借入件数が多ければ多いほど、返済能力は低くなってしまいます。

おすすめおまとめローン

具体的に、審査が柔軟な、借りやすいおすすめのおまとめローンを紹介します。

イオン銀行フリーローン・目的型ローン

イオン銀行ネットフリーローン

金利 3.8~13.5%
限度額 700万円
審査 最短1週間
融資 3~4週間程度

イオン銀行のフリーローンは、おまとめローン目的での借り入れに対応しておりおすすめです。

融資を受けるまでに実店舗への来店が不要。申込みもネットから完結します。しかし、イオン銀行とのやり取りが郵送でのやり取りとなってしまうこともあり、融資を受けるまでに長い時間がかかってしまうことだけ注意が必要です。

おまとめローン審査を申し込む際の注意

スペック的にはおまとめローンの審査をクリアできるはずなのに通らない。そんな時は、申し込みの際の注意を怠ったことが原因かもしれません。

嘘があると通らない

申込書は必ず本当のことを書くようにしましょう。
他社からの借り入れに関して少なめに申請しておこうかと思う人もいるかもしれません。
しかし、それはいずれかならず発覚します。
信用情報は各金融機関で共有しているので、いずれはわかってしまうのです。
正直に3社と書いていれば通った審査が、2社と書いてしまったために通らない場合もあるのです。

審査申込情報入力は慎重に

嘘をつくつもりがないのに、結果として嘘を書いてしまったために審査に通らないこともあります。
おまとめローンを申し込もうというのは、何らかの大変な状況にある時かもしれません。
あせってつい間違えそうになることもあるでしょう。
だからといって、うっかりミスで通るものも通らないようになってしまっては大変です。落ち着いて必要事項をしっかりと記入するようにしましょう。

「数撃ちゃ当たる」で復数のおまとめローンに同時申し込みを行わない

「信用情報」には、キャッシングの「申込情報」も含まれます。おまとめローンの審査では、消費者金融や銀行が、「現在どのキャッシングに申し込んでいるか」も審査対象とします。
もし、多くのおまとめローン他キャッシングに申し込んでいる情報が残っているなら、審査でそれを見た消費者金融から「お金の問題に困窮している」と判断されるのです。キャッシング業者が知りたいのは「返済能力」です。お金の問題に困っている人が、高い返済能力を持っているとは言い難いですよね。
申し込むおまとめローンの数はあくまで一つに絞るべきです。一刻もはやく、おまとめローンでキャッシングの一本化を行いたい気持ちはわかります。おまとめローンの審査に通るか不安な気持ちも十分理解できますが、自ら審査に通りにくくなる状況に追い込むのはやめましょう。

まとめ

おまとめローンの審査は、絶対に審査に通らないというほど厳しくはありません。審査に落ちる人の特徴をしっかり理解しておき、適切な審査対策を行っておけば、審査に落ちてしまうことはないはずです。
大切なのは、年収や勤続年数が表す「返済能力」と、過去のキャッシング履歴など「信用情報」です。それらの情報で、「この人ならきちんと返済できる」と思われる状況を作っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。