銀行カードローンのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

堅い印象のある銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりもイメージが良いと感じる人も多いようです。また、専業主婦でもお金を借りられるということから、必然的に銀行カードローンを選ぶケースもあるでしょう。

これから銀行カードローンの利用を考えているならば、あらかじめそのメリットとデメリットについて知っておきましょう。銀行カードローンについての耳寄りな情報をお伝えします。


キャッシングのイメージが良い

銀行カードローンのメリットとしてまず挙げられるのは、消費者金融と比べてイメージが良いという点でしょう。社会的に信用のある機関として認められている銀行。そんな銀行が提供するサービスである銀行カードローンには、それほど抵抗を感じないという人が多いようです。消費者金融と同様にお金を借りるサービスであっても、銀行カードローンの方がいくらかイメージが良いと知っておきましょう。

今、消費者金融業者は有名なタレントを起用した広告を出すなどして、イメージアップをはかっています。そのような経緯があってか、現在では昔ほど悪い印象を持たれているわけではありません。しかし、やはり未だに多くの人が消費者金融にあまり良いイメージを持っていないのは事実です。

金利が低い!借入限度額が大きい!

消費者金融よりも金利が低く、借入限度額が大きいのが、銀行カードローンのメリットです。大きな金額の借入をして、計画的に返済をしてゆくのであれば、銀行カードローンを利用した方がお得になるといえます。

なお、銀行カードローンの申し込みでは、借入をする金額によって収入証明書の提出が必要となります。大口の融資を受ける場合はほとんどの金融機関で提出を求められますから、念頭に置いておきましょう。

専業主婦でも借りられる!

銀行カードローンのメリットとして、収入のない専業主婦でもお金を借りられるという点が挙げられます。日本には“総量規制”といって、「消費者金融はその人の年収の3分の1以上のお金を貸すことはできない」と定めた法律があります。このため、収入のまったくない専業主婦は、消費者金融でお金を借りることができないのです。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外。専業主婦でも、配偶者に収入があれば借入できるようになっています。ただし、銀行カードローンの申し込みには、配偶者の許可が必要な場合があります。もしも旦那さんに秘密でお金を借りたいのであれば、配偶者の許可が必要ない銀行カードローンを利用するのがいいでしょう。


審査が厳しい?

消費者金融よりも審査が厳しいと言われるのは、銀行カードローンのデメリットです。銀行カードローンの審査は、保証会社の存在があるために、やや厳しくなっているようです。

保証会社というのは、お金を借りた人が返済できなくなったときに、銀行の代わりに支払いを立て替えてくれる会社のこと。通常、大手消費者金融が、銀行の保証会社となることが多いようです。銀行カードローンの審査は、銀行独自の審査基準の他に、保証会社の審査にも通らなければなりません。このため、審査が厳しいと言われているのです。

土日は振込による融資が受けられない?

銀行カードローンのデメリットとして、土日は振込による融資が受けられないという点が挙げられます。カードローンで融資を受けるには、店舗でATMから借入を行うか、指定した銀行口座へ振込してもらうか、いずれかの方法を選びます。このとき、振込による融資は、銀行の営業日でなければできないことが多いのです。銀行がお休みの土日祝日は、その日のうちに融資を受けたくても、次の営業日の振込となってしまいます。

ただし、消費者金融業者と提携している銀行を利用すれば、土日祝日でも振込による融資を受けられる場合があります。もしも土日祝日に振込してもらいたいのであれば、休日でも融資を受けられるサービスかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

銀行口座を作らなければならない場合がある?

銀行カードローンのデメリットとして、銀行口座を作らなければならない場合がある、という点が挙げられます。いくら銀行が提供しているサービスとはいえ、お金を借りているという情報は、あまり人に知られたくありませんよね。すべての銀行カードローンが口座を開設しなければならないわけではありませんから、気になる方は銀行口座を作らなくても利用できるカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。


まとめ

銀行カードローンのメリットとデメリットをお伝えしました。大きな額を長期間借入したい方は、特にメリットを感じやすい銀行カードローン。審査はやや厳しくなりますが、銀行カードローンの長所を生かした利用ができるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。