アコムの審査基準について徹底解説~どんな人が審査に落ちる?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アコムのカードローンは、即日審査、即日融資に対応している、借入カードがクレジットカードとして利用可能など、とにかくサービス面に優れたカードローンです。

アコム、アイフル、プロミスという消費者金融御三家(私がそう呼びます)の中でも、新規申し込み者数がもっとも多いのです。それほど多くの人をひきつけてやまないアコムのカードローンですが、カードローン利用前に「審査」を受けねばなりません。

アコムのカードローンを利用したいならば、確実にアコムのカードローン審査をクリアするためにも、アコムの審査基準についてしっかり把握しておきましょう。

アコムの審査に落ちてしまう人はどんな人?

アコムに落ちてしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか?

とはいえ、アコムの審査基準はトップシークレット。外部の人間には知る由もありません。ですから、ここからは私の推測となってしまいますが、過去の情報を見る限り我ながらかなり信憑性が高いと思っています。

収入が極端に低い人 収入が安定しない人

やはり「キャッシングの審査」と年収、収入の要素は切っては離せないものです。

アコムの審査に通るためには、少ないとしても「安定した収入」が必要不可欠です。その、アコムが設定した「安定収入」の条件をクリアできなかった人は、残念ながらアコムの審査に落ちてしまうことになってしまうでしょう。

アルバイトの収入でもOK

収入が多ければ多いほど、アコムの審査に通りやすくなるのは間違いありません。

収入などの「属性」の審査は「加点方式」で審査されますから、収入が多ければ多いほど高いスコアが加算されます。

しかし何も「絶対に高収入でないと審査に通らない」というわけでもありません。たとえ、アルバイトの収入程度でも、その収入が安定したものなら審査に通ります。安定収入というのは、毎月定期的で、途切れない収入のこと。途切れ途切れの収入では、「安定している」とはみなされないのです。

信用情報がクリーンじゃない人

アコムの審査で重要なのは「信用情報」です。

信用情報は、専門機関に記録される、個人がお金に関わった記録のことです。信用情報を見れば、その人がどれだけ真摯にお金とか変わってきたか。その記録を見ることができます。

この信用情報に悪い記録が残っていると、アコムから「返済能力が低い」と判断されてしまうことになります。

返済遅延がある人

信用情報に残りがちな悪い記録といえば「返済遅延」です。多少返済が遅れたくらいでは、信用情報に返済遅延の記録は残らないかもしれません。しかし、あまりにも頻繁に遅延が起きている場合。または長期の返済遅れがあるばあいは、返済遅延の扱いとして信用情報に残ってしまいます。

アコムは当然その記録をみて「返済能力が低い」と判断するのです。

債務整理記録がある人

債務整理記録は致命的です。

他社のキャッシング返済が苦しく、負担を軽くするために債務整理を行ったその記録。その記録は最長10年残ってしまい、その記録がある時点でアコムの審査に大きな影響を及ぼしてしまいます。

他社借入が多すぎる人

他社借入状況も信用情報に残ります。

申込時に嘘をついて、「他社借入0件」なんて書いても、信用情報の審査で簡単にバレてしまいます。じゃあなんで他社借入状況を記入するのかというと、現在の借入状況をその人がきちんと把握しているのか、その認知能力を確かめるためです。

年収の3分の1借り入れがあると審査落ち

アコムは消費者金融で、キャッシングが総量規制の対象となってしまうので、年収の3分の1以上お金を借り入れることができません。

ですから、現在すでに多くのお金を他社から借りている自覚のある方は、繰り上げ返済などを行うなどして借入額、借入件数を少なくしてください。

審査に通っても返済能力が低いと限度額は低い

とはいえ、必要最低限の審査通過条件をクリアしたとしても、割り当てられる限度額は小さいです。そして同時に、適用金利も上限いっぱいが割り当てられるでしょう。

返済能力の高い人のほうが、アコム側としても「上客」となり対応がよくなります。そのため、適用金利が低くなり、借入可能額も高くなるのです。

まとめ

今回は、アコムの審査で落ちてしまいがちな人の特徴を説明しました。

今回の私の説明を見れば、アコムが初期審査においてどのポイントに注目しているのか、その部分も見えてくるのではないでしょうか。ちなみに、他の消費者金融のカードローン審査でも、審査されるポイント、そして審査基準もあまり大きく変わりません。

アコムは消費者金融御三家の中では、比較的審査通過率も高めなので、審査基準は柔軟であると言っていいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。