キャッシング審査に落ちるような人はそれまでの生活を見直すべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシング審査に落ちてしまっている人の数は少なくありません。

大手消費者金融の発表によると、カードローンの審査通過率はおよそ50%。申し込んだ人のおよそ半分の人が審査に落ちてしまっているのです。

どうして審査に落ちてしまったのか。その審査落ちの原因は様々あるでしょうが、私が思うに、審査に落ちてしまった人はそれまでの生活に審査落ちの理由があると思っています。

それまでのお金の管理が甘かったのではないか

キャッシング審査に落ちた時まず考えてほしいのは、「それまでのお金の管理」です。審査に落ちたなら、「もしかしたら、それまでのお金の管理が甘かったのではないか」と考えてほしいのです。

しっかりきっちりとお金の管理が出来ていた人が、キャッシング審査に落ちてしまうとは思えません。

収支のバランスは取れていたか

まず考えてほしいのは、「収支のバランス」です。収入がどれくらい入り、そこからどれだけ支払いを行うのか。そのバランスがきっちり取れていれば、キャッシングの審査に落ちるどころか、キャッシングを利用する必要すらなくなるはずです。

クレジットカード利用代金の支払いは円滑だったか

クレジットカードで普段の買い物の決済を行う人は多いはずです。クレジットカードでお金を支払っているとしたら、そのクレジットカード利用代金の支払い遅れは無かったか。そのことをもう一度考えてみてください。

キャッシング返済時に延滞は発生しなかったか

キャッシング審査時に一番痛いのが、「過去のキャッシングで起こした金融トラブル」です。もし、過去キャッシング利用経験があるなら、そのキャッシング利用時に返済遅延は無かったか。それを思い返してもらいたいのです。返済遅延があると、審査通過が一気に難しくなります。

それまでのお金との付き合いが上手く行かなかったのは「信用情報」に表れる

それまでの金融商品とどのように付き合ってきたか。その記録は、すべて「信用情報」に残った情報で表れます。クレジットカードの支払いが雑だったならその記録はすべて残りますし、キャッシング利用履歴の中にある問題も同じです。

自分のお金との付き合い方を知るには、「信用情報に残った問題」を見るのが一番だということですね。

キャッシング審査を受けなくてはいけない状況を見直すべき?

私はそもそも「キャッシング審査」を受けなくてはいけない状況を見直すべきだと思っています。これからはむしろ、どうすればキャッシングとの縁を切れるかを基点に物事を考えていくべきでしょう。

収支のバランスを見直しましょう

収支のバランスを、今一度見直してみましょう。今現在の自分の収入はどれくらいか。そして絶対に行う支払いはどれくらいなのか。それを今一度確認してみないことには、今後の行動を定めることはできません。

家計簿をつけてみましょう

今自分がどんな状況なのか知るために、「家計簿」をつけてみましょう。実際に帳簿に手書きで収支を記録しても良いですし、最近はスマートフォンアプリなんかでも簡単に家計簿をつけることができるようになりました。

そんなに難しいことではありません。まずは家計簿をつけることから、あなたの節約はスタートするのです。

少しでも多くの貯金を蓄えておきましょう

これからは、「お金を貯める」意識を持つべきです。収入を全部使ってしまうのではなく、最低限これだけは残しておくという意識を持っておくこと。まずは数千円からでも良いので、「貯金」をはじめてください。

キャッシング審査に落ち続けるのは不利益しかない

実は、キャッシング審査に落ちたというその記録も「信用情報」に残ってしまいます。キャッシング審査に落ちるのは不利益しかないということです。

キャッシング審査はクレジットカード審査やその他ローン審査にも関係する

キャッシング審査の結果は、その後受けたクレジットカード審査や、その他ローンの審査にも影響を及ぼします。

不用意にキャッシング審査を受けまくるのではなく、確実に自分でも通るキャッシング審査に申し込み、そのキャッシング利用履歴を重ねていく。

それが、キャッシング審査に強い信用情報を作るための手立てです。

まとめ

キャッシング審査との付き合い方について説明しました。

キャッシング審査に落ちてしまったとお嘆きの方もおおいでしょうが、キャッシング審査を受けなくてはいけない状況になっている時点で、問題もあります。

今後は家計簿など、自分の経済状況を改善するための工夫を凝らして、キャッシングとの縁を切ることにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。