メルカリの現金購入、クレジットカード現金化を考えるくらいなら「債務整理」を行いましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日メルカリの、「現金出品」が問題になりました。

クレジットカードのショッピング枠で「現金」を購入することにより、多少色がついた値段でも、お金に困っている人が買ってしまうというものです。

この他にも、お金に困っている人をターゲットにした、悪質な商売は蔓延しています。どうしてそんな、お金に困っていない人からみたら、「そんなことしなくても…」と思ってしまう商売に飛びついてしまうのか。

それはやはり「お金に困っているから」にほかならないのです。

「支払い」「返済」のためのお金を求めている

どうしてそんな、クレジットカードありきでお金を手に入れる方法を選んでしまう人がいるのか、それは何より「自由に使えるお金がすぐに欲しい」と思っているからです。

設定された限度額を超えた時、クレジットカードを利用することはできるの?


お金が欲しい理由は「支払い」や借りたお金の「返済期限」が迫っているから。これらの方法いがいの現金入手手段を思いつかない人が、社会的にグレーなこうした方法を選んでしまうのです。

「キャッシング限度額」はとっくに到達している

「そんなことをしなくても、まだ消費者金融や銀行のカードローン」を選んだほうがまだマシでは?そう思う方も多いでしょう。

しかしそんな「キャッシング」なんて手立てはとうに済んだ話。とっくにカードローン借入限度額は到達してしまっている状態です。あとは闇金から借りる選択肢もありますが、そうなるといよいよ終わりです。

藁にもすがる思い

そうした、なんらかの「現金化」を行う人は、藁にもすがる思いで、そうした行動を選択しています。うつ病で仕事をやめてしまう人に少し似ていますね。

身の破滅を予感して、正常な判断力も無くしている。選べる方法をそもそも知らない。そういった理由で、こうした「グレーな手段」を選んでしまうのです。

「行動が成果に直結する」という安心感

こうした何らかの現金化が人気な理由は他にもあります。それは、こうしたネットから気軽に行う方法ですぐに「結果に現れる」安心感です。

他の行動では、すぐに金銭的な得が発生するのが遅い場合があります。すぐにお金が手に入る、本当の猶予がまた伸びるという満足感もここにあるのでしょう。本当はあとでもっと大きな損失が発生してしまうのですが、そのことには気づかないふりをしているのです、、

他の方法を選択する「金融リテラシー」があればメルカリは選ばないはず

そもそも、他の金策を思いつくほどの「金融リテラシー」を」有しているなら、こんな方法は選ばないはずです。

もっと安全なお金を即日手に入れる手段は、他にもたくさんあります。日払いバイト…他社借入が多くても審査に通る、甘い審査のキャッシングなど。

クレジットカードの現金化を行うにしても、「新幹線の回数券を金券ショップに売る」など、もっと安全な方法があるはず。

キャッシング利用で本格的に困っているなら「債務整理」を選ぶべき

ここからが本題です。メルカリでの現金購入、クレジットカードの現金化などの方法を選択するくらいなら、確実にキャッシング返済額を減額できる「債務整理」を行いましょう。

公的機関が通ることが多いため、確実に「合法」で「安全」。多少の手間と時間は求められるものの、債務整理を行えばあなたの返済の負担がとても軽くなるでしょう。

過払い金請求が気軽

一大ブームとなりつつあるのが「過払い金請求」です。借入期間が長くなっている人は、かつて存在したグレーゾーン金利での返済を行っている可能性があります。過剰に支払いすぎている利息「過払い金」を請求することで、結果的に返済額の減額を行うことができるのです。

過払い金請求は、専門の弁護士を通して消費者金融と交渉することで、簡単に行うことができます。最近は「相談までなら無料」という弁護士事務所も増えています。心当たりのある方は、まず相談してみてください。

本当に手が負えないなら「自己破産」を

そして債務整理の中で、もっとも効果が大きいのが「債務整理」です。自己破産を行うと、返済額が減るどおろか、今後その返済は「免責」となります。つまり、もう返済の必要はなくなるのです。

しかし自己破産の代償も大きいです。自己破産を行うと、その人の資産がすべて「差し押さえ」となってしまい、所有権がなくなってしまうのです。そしてその自己破産記録は、10年間ほど信用情報に残ってしまい、その後の審査などにかなり悪影響が出てしまうことも。

本当にどうしようもなくなった時の「最後の手段」として、債務整理は認識しておきましょう。

まとめ

今話題の「メルカリ」の現金出品や、クレジットカードのショッピング枠現金化など、現金を手に入れる手段として少し良くない方法を選ぶ人もいます。

ですが。、返済や支払いのためにお金が必要だと思ったときも、そうした方法を選ぶべきではありません。本当にキャッシングの返済で悩んでいるなら
「債務整理」を検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。