ポイントカードはデメリットしかない!今すぐ財布の中にあるポイントカードをゴミ箱へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「当店のポイントカードはお持ちですか?」

普段の買い物で、レジ店員が私に投げかけるこんな言葉。私はこれがとても嫌いです。私はポイントカードが嫌いなので、当然そのお店のポイントカードも持っていません。なので当然「持ってません」と答えます。すると店員は、

「ポイントカードをお作りしますか?今ポイントカードを作ると普段の買い物でポイントが溜まって~」

という、聞いてもないポイントカードの説明を始めたりします。これが本当にムカつく。このお店に来たのが初めてで、今後二度と買い物に使わないだろうお店ならなおさらムカつく。

私は前々から、ポイントカードにはデメリットしかないと思っています。もちろん私はバカじゃないのでポイントカードを作りたくなるお店側の狙いもわかる。でも私と関わらないでもらいたい。これからも。

ポイントカードのデメリット

では率直に、ポイントカードのデメリットを説明していきたいと思います。「お買い物でポイントが貯まる!」こんな言葉に惑わされてはいけません。

企業側のそんな呼び水に騙されてはいけません。ポイントカードのデメリットを知れば、きっとあなたも目がさめるはず。

ポイントカードありきの買い物になってしまう

ポイントカードを提示する買い物を続けていると、「ポイントカードありき」の買い物になってしまいます。ポイントは、あくまで買い物で手に入る「おまけ」。買い物をする上で最優先目的ではありません。

「あそこのポイントカード持ってるから」
「ポイントがもう少しで貯まりそうだから」
「あのお店ポイントがたくさん貯まるんだって」

なんていう、ポイントが貯まることで成り立つ買い物、これは良いとは言えません。買い物を行う上での思考が「ポイント優先」となってしまうのはまずひとつ目のデメリットですよね。

行動が制限される

これも上のデメリットと似ていますが、「ポイントカードに行動が制限されてしまう」のは大きなデメリットです。

「ポイントカード持ってるから、ちょっと離れてるけどあっちのお店行こう」
逆に、
「今日ポイントカード忘れちゃったから、今日は買い物我慢しよう」
なんてこともあり得るでしょう。あなたはポイントカードにこれ以上行動を操られるべきではありません。

得したつもりで損してることも

当たり前ですが、お金は使わないと減りません。ポイントカードがあるがばっかりに、無用な買い物をしている…なんてことはありませんか?あなたはポイントカードを持っているばっかりに、使えるお金が気づかない間に減っているのです。

店側からいらない情報が送られてくる

ポイントカードによっては、住所やメールアドレスなど、「個人情報」を提出するものも少なくありません。そうするとどうでしょう、企業やお店から、大量の「情報」が送られてきます。セール情報、ポイント○倍キャンペーン、イベント情報、友達招待キャンペーン…。

知るかよ!

ポイントカードを持ってるばかりに、そんな聞いてもない情報が大量に送られてきます。そしてその情報があなたの琴線に触れてしまうと、お店に誘わえれていらぬ買い物をしてしまう。この繰り返しです。私の経験上、計画していない買い物で手に入れたものには、なんの愛着も湧きません。だって必要ないから。

財布がパンパンになる

これも地味にデメリットです。いらないポイントカードをたくさん財布に入れていると、それだけで財布がパンパンになります。ちょっと大きめの長財布ならまだしも、コンパクトな二つ折りの財布にポイントカードをたくさん入れていると、見てられないくらいパンパンです。

財布がパンパンな人を見ると、実際にどうだかは知らないけど、私は「お金持って無さそうな人だな」という印象を受けてしまいます。印象で勝手な決めつけをして悪いと思いつつ、「貧乏なのかな」と胸の内で思っています。

しかしまあ、その予想は当たっている面もあると思っています。その人はつまり、「お金周りのことで何も考えていない」ということなのですから…。

ポイント還元率、セール情報その他取り込まず、「必要な時に必要なものだけ買う」

ポイントカードに惑わされない、正しい買い物をお教えします。それは、「ポイント」や「セール」に惑わされず、必要な時に、必要なものだけ買うという方法です。外部からの情報に操られることなく、自分の正しく修正した価値基準で、自分の身の丈にあった買い物をする。これが一番正しい財テクです。

一時期ミニマリストなどという、「所有しない」ライフスタイルが流行りましたが、それだって逆に所有を強く意識している結果だと言えます。

極端に「持たない」のでもなく、「持ちすぎない」のでもない、誰にも何にも他の情報に左右されない「所有」が一番正しいのです。

財布の中のポイントカード、何割が稼働してますか?

ここで考えてほしいことが一つあります。あなたの財布の中のポイントカード、一体何割が「現役稼働」していますか? 多くのポイントカードが、財布から出ていない生活を続けているのでは…。

別にポイントカードを財布の中に入れておくだけでは、金銭的な損は発生しません。しかし、使っていないポイントカードを入れっぱなしにして、後の買い物で「あ、このお店のポイントカード持ってたような気がする」と、財布の中をゴソゴソ浅る様は、とっても貧しいです。

精神的に貧しくなってはいけません。その貧しさは、いずれあなたの行動に表れて、結果的に直接お金を損することに繋がるのです。

財布内はお金にとって居心地の良い場所にする

財布の中身をゴチャゴチャにし、財布を見にくくパンパンにすることの不利益がもう一つあります。それは、貯まったポイントカードによって、財布の中がお金にとって「居心地の悪い場所」になってしまうことです。

なんだかオカルトな話になってしまうようですが、財布の中がお金にとって居心地の悪い場所だと、お金はすぐに出ていってしまいます。反対にお金にとって財布内が居心地の良い場所なら、ずっとそこでとどまってくれるばかりか、仲間を呼んできてくれます。

たしかにこれにはなんの科学的根拠も無い話ですが、この例え話で大切なのは、「どれだけお金に関心があるか」という話だと思います。当然お金に関心を払わないと、お金はどんどん無くなってしまい、増えません。財布内の状況に気を配る努力からはじめてみませんか?

まとめ ポイントなんかに固執するからあなたにはお金がない

今回私が言いたかったことは、「ポイントに惑わされない買い物をしろ」ということでした。

節約などに気をつかわず、対してお金を増やす努力もしてないくせに、ポイントにはいつも熱心なあなた。そんな状態では、あなたは貧しいママです。なにより心が貧しいです。ポイントカードに惑わされず、高潔な買い物を。

さあ、財布の中のポイントカードをゴミ箱に捨てる勇気を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。