消費者金融のおまとめローンの金利ってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

そもそも、おまとめローンとはどのような商品なのでしょうか。
どういったところが提供している商品なのでしょうか。


おまとめローンとは

おまとめローンとは、あちこちから借り入れをしている利用者に、複数の借り入れを一本化させるローンのことです。
銀行や消費者金融が提供しています。
借金を一本化することで、金利や毎月の返済額を小さくすることを目的としています。

おまとめローンが登場した背景

2010年に貸金業法が改正され、総量規制というルールが消費者金融に課せられるようになりました。消費者金融は年収の3分の1しか貸してはいけないという制約が新たに設けられたのです。返済のために新しく借り入れを行おうとしても、総量規制にひっかかる人が多発してしまったのです。そういった人たちの救済措置として登場したのがおまとめローンなのです。

総量規制がかからないおまとめローン

おまとめローンは例外的に総量規制の範疇ではないと定められています。
金利も顧客に有利になるように考慮されています。


おまとめローンのいろいろ

一口におまとめローンといってもさまざまな商品があります。大別すると、

  • 大手消費者金融系
  • 大手銀行系

このふたつにわけられます。

大手消費者金融系

大手消費者金融の商品は一般的に総量規制のルール下にあります。
しかし、おまとめローンだけは別で年収の3分の1以上でも借りることができます。
審査はあまり厳しくなく、短時間ですむ商品がほとんどです。しかし、金利は高めです。

消費者金融各社によって、借金の総額に上乗せしてさらに借り入れをする、追加融資が可能なものとそうでないものがあります。ネットで申し込みできるものもあれば、郵送または店頭窓口と制限を設けているものもあります。

大手銀行系

低金利で利用できるのが何よりの魅力です。しかし、審査は厳しく、長い時間がかかります。
もともと銀行は総量規制の対象外ということもあり、高額ローンを組むこともできます。

返済額の違いは意外と大きい

消費者金融よりも銀行の金利が低いのはわかりました。実際、銀行と消費者金融の金利の違いでどれぐらいの差が生じるのか見てみましょう。たとえば200万円を60回で返済すると、およそ30万円も銀行の方がお得になる場合もあります。


おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがお得?

金利が低い銀行の方がお得なのではと考える人も多いでしょう。
しかし、必ずしもそうではない場合もあります。

金利以外に注意すべき点

おまとめローンを利用するにあたっては、金利はもちろんですが返済方式にも注意しましょう。
いくら金利が低くても、返済回数や利息がかさむ商品はいけません。そういった商品は毎月の返済額がきわめて少なくすむことをセールスポイントにしているので要注意です。くれぐれも200万円を400回以上にわたる分割にして、総額600万円以上を返済したというようなことのないように気をつけなくてはいけません。

返済回数を設定しよう

金利の低い銀行系おまとめローンでも、とんでもない返済額になってしまうこともあります。
そうならないためには返済回数をしっかりと設定して、利息総額をできるだけ抑えることをおすすめします。
返済シミュレーションを行っている銀行、消費者金融も多いので、そういったものを利用してできるだけ利息が少なくてすむような商品を探してみましょう。
また、できるだけ繰り上げ返済をして早期完済をめざしましょう。


安易なローン一本化はおすすめできない

たしかにおまとめローンは消費者金融系でも金利面から考えてもお得なような感じがします。
しかし、本当にローンはどんどん一本化してしまって良いのでしょうか。

管理がしやすい

消費者金融複数から借り入れをしていると、返済日もバラバラで、つい返済日前に銀行口座をカラにしてしまったというようなことにもなりかねません。
返済日が1日になれば、そんな間違いもないようにスムーズに管理できます。

月々の負担が減る

ローンを一本化すれば毎月の返済額はだいたい減ります。
しかし、消費者金融などで極端に返済回数の多いローンを組んでいた場合などは、少し増えてしまうこともあるかもしれません。
返済回数が多すぎるということは利息がかさみ、支払総額が大きくなるということです。
借金の健全化という意味では、月々の負担が多少不増加するのは問題ないのです。

金利を低くできる

基本的におまとめローンは一般的なローンやキャッシングよりも低金利で設定されています。
したがって、一本化した後には消費者金融でも金利はより低くなっていることがほとんどです。
せっかくの低金利をいかすためにも、できるだけ返済回数は少なく、利息をおさえたいところです。


まとめ

……いかがでしたでしょうか。
銀行系でも消費者金融系でも、おまとめローンというのは利用してみる価値が大いにあるのです。
より金利を低くできるのは何よりの魅力ですし、月々の支払額や支払総額を見直すことができるのも良いでしょう。
おまとめローンで借金を健全化してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。