ノーローンとレイク違いは?どっちのほうが借りやすいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ノーローンとレイク…。どこかで関係があると聞いたような?という方から、レイクの自動契約機を操作した時に、「NOLOAN」の名前を見たという方まで様々でしょう。
ノーローンとレイクの違いが明確にわかっていない方のために、それぞれのキャッシングの違い、それぞれのメリットについて、明確に説明したいと思います。


ノーローンとレイクは違うの?

まずノーローンとレイクの関連性に気付いたあなたは、中々のキャッシングリテラシーだと言えます。大前提として、ノーローンとレイクはどちらも同じ、新生銀行グループのキャッシングサービスだからです。普通に暮らしているとわかりませんよね。
ノーローンは、新生銀行のグループ企業、「新生パーソナルローン」が運営する消費者金融です。そしてレイクは、新生銀行のカードローン商品となっており、会社名ではありません。
ただ、新生銀行グループであることは共通しています。


どっちが借りやすい?

ノーローンとレイク、どちらがより優れているとは言い切るのが難しいです。どちらの設定もあまり大きな差が無いからです。試しに、金利で比較してみましょう。

レイク 4.5~18.0%
ノーローン 4.9~18.0%

金利にほとんど差が無いのが見て取れますね。
審査基準もほとんど変わらないものの、最短審査時間で比較すると若干、ノーローンの方が審査に時間がかからないようです。設定に大差がないからこそ、しっかりとそれぞれのキャッシングを比較しておきましょう。

ノーローンのメリット

まず、ノーローンからキャッシングを行うメリットをみていきましょう。
ノーローンの審査時間は短く、最短20分審査を可能としています。この最短審査時間は、他のキャッシング会社と比較してもかなり短い審査時間となっています。そしてノーローンは、「楽天銀行」の口座を振込先の口座にしてキャッシングを行うと、24時間365日キャッシング可能な「リアルタイム融資」のサービスを利用可能です。
さらに、ノーローンだけのサービスとして有名なのが、「何度でも一週間無利息」のサービスです。通常一度しか利用できない無利息サービスを何度でも利用できるなんて、こんな突飛な無利息サービスを展開しているのはノーローンくらいのものです。
ノーローンからキャッシングを行うメリットについてもっと詳しく知りたいという方は、「ノーローンの詳細ページ」を参考にしてください。

レイクのメリット

レイクのメリットとしては、全国に800台以上ある自動契約機を使ってその場でカードを受け取り次第すぐにキャッシング可能であるということです。ちなみにレイクの自動契約機を使えば、ノーローンの借入カードを発行することも可能なのですが、それに関しては後述します。
ノーローンと違い、初めてのキャッシングでしか利用できないものの、2種類の無利息サービスから選択して利用できるというメリットも大きいです。

両キャッシングを比較して

楽天銀行の口座を持っている人はノーローン!

楽天銀行の口座を持っていれば、ノーローンの「リアルタイム融資」を利用してキャッシングできるというのが大きな強みです。楽天銀行ユーザーは迷わずノーローンからキャッシングを行うべきでしょう。
また、何度も繰り返し無利息サービスを利用しながらのキャッシングに魅力を感じる方。特に、小額キャッシングを定期的に行う予定がある方は、ぜひともノーローンからのキャッシングを検討してみてください。

ATMを利用してお金を借りるならレイク

レイクのメリットは多いですが、提携ATMの利用手数料が無料なのは魅力的です。主にATMからのキャッシングを行うつもりの方はぜひ、レイクからのキャッシングを考えてください。
また、レイクはスマートフォンからのネットキャッシングにも強いです。キャッシングサービスの利便性という点ではレイクに軍配が上がります。


レイクとノーローンの共通点

ここからは、同じ新生銀行グループのレイクとノーローンの共通点を探していきましょう。

レイクの自動契約機からカード発行可能

レイクの自動契約機を操作すれば、ノーローンのカードも発行できます。つまり「レイクの自動契約機」は、「ノーローンの自動契約機」でもあるということです。レイクの自動契約機を使えば、レイクとノーローンのどちらも、即日融資でのキャッシングが可能だということです。

無利息サービスの設定が独特

レイクもノーローンも、他社の無利息サービスとは違う独特な無利息サービス設定が組まれています。通常、初めてのキャッシングでしか利用できない無利息サービスが、ノーローンでは返済完結の翌月、再び使うことができるようになります。また、レイクは初めてのキャッシング時にしか無利息サービスが利用できないものの、30日間の無利息期間と5万円以下の借入に180日間の無利息期間という2種類から選択可能です。

新生銀行グループの安心感

どちらも新生銀行グループのキャッシングサービスなので、キャッシングに対する安心感が強いです。
レイクに至っては、新生銀行のカードローン商品なので分類としては「銀行カードローン」です。キャッシング自体に安心感を求める方には、他の独立した消費者金融からの借入よりも、レイクかノーローンからのキャッシングをおすすめします。


まとめ

レイクとノーローンは、どちらも新生銀行グループのキャッシングサービスです。
どちらのキャッシングの共通点は、同じ自動契約機からカードを発行できる点、そして独自の無利息サービスが利用できるという点です。その他のキャッシング設定に大きな差がないからこそ、それぞれの違いをしっかり比較した上でお金を借入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。