無人契約機対応のカードローンと、無人契約機の申し込みと借り入れまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無人契約機を使えば、時間をかけずにその場で借入カードを発行することができます。
即日お金を借りたいと思っている方のために、無人契約機対応のカードローンから、無人契約機のお得な使いかたまで紹介します。

プロミス
限度額 金利 審査時間
500万円 4.5%~17.8% 最短30分
店舗数の多さと無人契約機営業時間の長さで選ぶならプロミスがオススメ。

 

限度額 金利 審査時間
500万円 4.5~18.0% ※申込み完了画面に表示
無利息サービスは、「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」の2つから、いずれかを選択可能!

 

アイフル-234-60-20150305
限度額 金利 審査時間
500万円 4.5~18.0% 最短30分
ホッと安心アイフルなら初めての消費者金融でも怖くない!

 

ノーローン-234-60-20150406
限度額 金利 審査時間
300万円 4.9~18.0% 最短30分
1週間以内なら何度でも無利息。今後も利用する予定があるならノーローンに決まり

 

アコム-234×60-201419
限度額 金利 審査時間
500万円 4.7%~18.0% 最短30分
初めての消費者金融ならアコムもおすすめ。応対満足度が高いのが特徴です。

 

限度額 金利 審査時間
800万円 3.0~18.0% 10秒簡易審査
書類郵送物なしなので家族に内緒で借りたいならSMBCモビット

 

三菱東京UFJ銀行カードローン-234-60-20141219
限度額 金利 審査時間
500万円 4.6~14.6% 最短30分
低金利、即日融資を兼ね備えた珍しい銀行カードローン

 

限度額 金利 審査時間
800万円 4.0~14.5% 最短30分
ローン契約機を使えば即日融資でのキャッシングが可能

慌て過ぎ注意!まずはネット申し込みからスタート

無人契約機で手続きをすれば即日お金を借りられる率が上がる。これは間違いなく事実ですが肝心なのは「流れ」!まずはどのような手順で行えばいいのかを確認してから無人契約機に向かいましょう!

STEP①業者を選ぶ。
当たり前のことですがどこの業者からお金を借りるのかを決めることが先決。どこでも良いって思っていてもいざ申込もうと思うとアレコレ悩んでしまうのが人情というものです。無人契約機の営業時間が比較的長いのは「プロミス」ですので、迷ったらここにしてしまうのも一つの手かと。

申し込み後、即日審査結果を受け取るための審査対策を知りたい方は、「即日審査に通過するためにやるべき5つの審査対策」を参考にしてください。

STEP②ネットから申し込み
インターネット、スマートフォンから事前に申し込みを済ませておくことが何よりのキーポイント!無人契約機の中でも申し込みは可能となっておりますが、銀行ATMのようなタッチ画面で入力するよりも、慣れた自宅のパソコンなどから入力する方が圧倒的に早くてラクで確実です。さらに、ネットから申し込みを済ませておけば審査をしてもらっている間に無人契約機のある場所まで移動することが出来るのでオススメです。即日金を借りるならとにかく時間短縮を目指していきましょう!


STEP③無人契約機で手続き。

消費者金融からお金をその日の内に借りることが難しい理由はただ一つ。「お金をいつどうやって受け取ればいいのか」という点。銀行振り込みにするには銀行が開いている時間までに手続きする必要が出てきてしまうし、カードで引き出すにはカードを発行してから送付するまでの時間がかかってしまいます。その問題を出来うる限りで解決してくれたのがこの機械の導入なのですね!
基本的には無人契約機にはキャッシュディスペンサー的機能はついていません(中にはついているものもあります)。だいたいの契約機コーナーには別途専用ATMが設置されているので引き出しはそちらから行うケースが多いですね。というのも、この種のコーナーは「人目につきにくい」という点に配慮されていることが多い為、当然窃盗などの犯罪に狙われる確率が非常に高いのですね。人通りが多いところに堂々と路面店で出せる銀行とはちょっと事情が違います。なので、現金が入っている機械は出来る限り必要最低限の設置数にしておきたいという理由があるのですね。そのまま現金も引きださせてくれればいいのにと思う利用者側の気持ちも分かりますが諦めるしかなさそうです。

三井住友銀行のローン契約機でプロミスのカードローン契約が可能

三井住友銀行は銀行カードローンにして銀行内に「ローン契約機」という名の自動契約機を設置しています。ローン契約機を使えば、消費者金融の自動契約機と同じくその場で発行されたローンカードを受け取ることができます。
銀行カードローンにして自動契約機を展開しているのは、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行だけです。それぞれ「ローン契約機」と「テレビ窓口」という専用の自動契約機を展開しています。
新生銀行カードローンレイクも自動契約機がありますが、レイクの設定はどちらかと言うと消費者金融のカードローンに近いですよね。

三井住友銀行ローン契約機2

ローン契約機でプロミスのカードローン契と契約可能

三井住友銀行のローン契約機を操作する最初の画面で三井住友銀行カードローンの契約かプロミスのカードローン契約か選ぶ画面が表示されています。
ここでプロミスのカードローン契約を選べばプロミスの借入で利用するローンカードを発行できます。

消費者金融の無人契約ブースよりストレスが少ない

個人的な感想として、消費者金融の自動契約機があるブース内にいるのは、それだけでストレスを感じてしまいます。
ところが三井住友銀行内ローン契約機のブースは消費者金融よりストレスが少ないです。これはやはり都市銀行の店舗内にいるという心強さ故でしょう。

三井住友銀行のローン契約機の数は多い

プロミスの実店舗を見たこと無い人はほとんどいないはず。そのほとんどの店舗でローン契約機を利用できます。
ローン契約機設置数は700台以上。プロミスの自動契約機の設置数が1000台を超えていることを思えば、合わせて1700台以上の契約機を利用できるのです。これは他の消費者金融と比べても圧倒的に多い設置数です。
三井住友銀行カードローンは審査も柔軟で、借りやすい銀行カードローンです。三井住友銀行カードローンの審査について詳しく知りたい方は、「三井住友銀行カードローンの審査は果たして厳しいのか?甘いのか?」を参考にしてください。

三井住友銀行のATM利用手数はゼロ

三井住友銀行と提携していることのメリットはローン契約機だけではありません。三井住友銀行のATMを使ったプロミスのカードローン借入にかかる手数料はゼロです。
三井住友銀行のATMは多いですから、ATMを利用してお金を借入れるときにもATMの場所に困ることはないでしょう。
おすすめなのは、三井住友銀行の銀行内にあるローン契約機でプロミスのローンカード受け取り後、同じく銀行内の三井住友銀行ATMを使って手数料無料での借入です。

三菱東京UFJ銀行といえばテレビ窓口

三菱東京UFJ銀行内にもテレビ窓口という名の自動契約機が設置されているのを知っていましたか?
テレビ窓口を使って三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と契約を結ぶことで、消費者金融のカードローンと同じくその場でローンカードを受け取り、その後すぐ借入を行うことができる即日融資での借入が可能です。
しかし三菱東京UFJ銀行内にあるのはテレビ窓口だけではなく、アコムのカードローンコーナーも設置されていることもあるのです。
三菱東京UFJ銀行カードローンは審査対応がとても柔軟です。その柔軟な審査は「増額審査」にも及ぶほどです。増額審査の情報を知りたい方は、「三菱東京UFJ銀行カードローンの増額審査って厳しいの?」を参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行内にあるのはテレビ窓口だけじゃない

三菱東京UFJ銀行カードローンはテレビ窓口と呼ばれる独自の自動契約機でお馴染みです。
銀行カードローンの自動契約機にしてテレビコマーシャルや看板などの宣伝活動で高い知名度を誇っています。
都市銀行である三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は、大手消費者金融と提携することで、銀行内にあるテレビ窓口とローン契約機を生み出したのです。

アコムのカードローンコーナーが銀行内に

三菱東京UFJ銀行と提携している大手消費者金融といえば、大手消費者金融の中でも一番のカードローン契約者数を誇っているアコムです。
三菱東京UFJ銀行のいくつかは、銀行内にアコムのカードローンコーナーを設置しており、申し込みからカード発行まで行うことが可能です。
アコム カードローンコーナー

三菱東京UFJ銀行内へのカードローンコーナー開設のお知らせ

まだまだ数が少ない

テレビ窓口の設置数と比べると、アコムのカードローンコーナーの数はとても少ないです。
まだまだ関東の主要都市にか設置されておらず、アコムのカードローンコーナーが設置されてから2年が経とうとしている中、すべてを合わせても18ヶ所にかアコムのカードローンコーナーはありません。
今後需要があると判断されれば数は増えていくはずなのですが。

三井住友銀行のローン契約機との差別化?

三菱東京UFJ銀行のローン契約機は、三井住友銀行カードローンだけでなく、同時にプロミスのカードローン契約を結ぶ機能もあります。
ところがテレビ窓口には三菱東京UFJ銀行カードローンの契約、カード発行機能しかないところを見ると、三井住友銀行のローン契約機との差別化を図りたかったのかという三菱東京UFJ銀行の目論見が見え隠れします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。