キャッシングの返済方法の種類は?おすすめの返済方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシング利用で大切なのは金利、限度額などさまざまですが、返済方法もかなり重要です。返済方法の選択を間違えると、毎月しっかり返していてもなかなか総額が減っていかないというケースも。キャッシングの返済方法にはさまざまな種類があり、その特徴やメリット・デメリットなどをしっかり抑える必要があります。

目次

キャッシングの返済方法は自分が返しやすいものを選んでください

キャッシングを利用して借り入れたお金を返済する方法はいくつかありますが、自分が一番返しやすい方法でお金を返しましょう。一番考えることは、「どの方法で返済すれば、一番返済完結までの流れがスムーズになるか」ということです。

ATMからの返済

カードローンのキャッシングと言えばATMからの借り入れです。カードローンの返済においても、このATMは大活躍します。私の個人的な実感としても、ATMからの返済は、一番お金を返した実感を感じることができます。
口座から勝手にお金が引き落とされるのでは、「自力でお金を返した」という実感が薄くなってしまうのです。ATMから自分のタイミングで返済を行うと、「返済計画を立てながら返済しやすくなるのでおすすめです。

口座振替での返済

自分で定めた日に、指定した口座から返済する分のお金が引き落とされるのが「口座振替」での返済です。
口座振替での返済のメリットは、なんといっても「返済の忘れがない」ということです。自分の都合と関係なく返済が行われると、「うっかり返済の日取りを忘れていた」なんてことを避けることができますよね。口座内の残高にさえ気をつけておけば、一番スムーズで確実な返済方法と言えます。

口座振込で返済

消費者金融や銀行から指定された口座へ、キャッシング利用者が返済するお金を振り込むという方法もあります。しかしこの方法は、銀行の営業時間や、振込手数料など、煩わしい条件につきまとわれながらの返済となってしまいます。
はっきりいって、カードローンで借り入れたお金の返済方法としては、おすすめできません。

キャッシングの返済方式とその特徴

キャッシングの返済方式には、まとめて支払う一括払い、複数回に分けて支払う分割払い、または元金と利息の返済方式によってさまざまな種類に分けられるリボルビング払いと、多くの種類があります。

1回払いについて

いわゆる一括返済です。少額キャッシングを利用したときに用いられ、クレジットカードのキャッシング枠の返済に多い返済プランです。利息は借りた日の翌日をスタートに、返済日まで日割りで付き、利息分と元金を次ぎの返済日にまとめて返済することになります。

分割払い

分割払いは何回かに分けて利息と元金を返済していく方式です。分割支払いの期間ごとにプランが設けられます。契約時に3回払い、6回払い、12回払いなど、具体的に回数を決め、そのプランにのっとって返済していきます。分割払いの利息支払い額は、借入残高に応じて決まります。

元金均等返済方式

元金均等返済方式とは、毎月の返済額のうち、元金部分は変わらない返済方式です。特徴として、返済のスタート時は返済額が大きく、徐々にその額は縮小していきます。分割支払いのもう一つの方式である元利均等返済方式より、利息総額が少ないというメリットがあります。

元利均等返済方式

元利均等返済方式は、元金も利息も固定し、毎月同じ額を返済していく方式です。月々一定額の利息額と元金額の合計を支払うかたちになります。月々の返済額が固定化されるので、経済状況に関係なく、決められた金額を支払えばいいので返済計画が立てやすいというメリットがあります。しかし、先に紹介した元金均等返済方式より利息総額が増えて実質的に負担が重くなるという面もあります。

リボルビング払い

リボルビング払いは通称「リボ払い」ともよばれます。キャッシングの利用総額に対し、毎月決められた金額を返済していく方式です。毎月の返済額は一定で返済計画が立てやすいという特徴があるものの、元金が減らず返済が長期化するというデメリットがあります。

定率リボルビング方式

定率リボルビング払いとは、借入総額に応じて一定の割合の金額を返済していくリボルビング方式です。5%や10%など、借入総額に対する支払いの割合を決めておき、その額を毎月支払う仕組みです。借入当初の返済額がもっとも大きく、返済するごとにその額は小さくなっていきます。

残高スライドリボルビング方式

もっともスタンダードなリボルビング方式です。借入総額に応じて毎月の返済額が決まります。借入総額が大きいほど、月々の返済負担も大きくなり、小さければそれに応じて負担も小さくなります。借入額が大きければ月の返済額も増えますので、注意しなければなりません。

元金定額リボルビング払い

分割払いで紹介した元金均等返済方式のリボルビング版です。月々返済する元金は据え置き、借入総額に応じた利息額をプラスして支払う方式です。

元利定額リボルビング払い

分割払いで紹介した元利定額返済方式のリボルビング版。元金と利息を含めた返済総額を毎月固定して支払います。

おすすめの返済方式は?

返済方式は、なるべく早く完済できて、返しやすい方式がおすすめです。このポイントを押さえて返済方式を選ぶ必要があります。

リボ払いと分割払い、どちらがお得?

借入総額に応じて金利が設定されるのが分割払いですが、リボルビング払いは利息がそれにかかるかの違いがあるだけで、どの方式も毎月同じ返済額を返済していくことになります。

リボ払いのほうが、月々の返済額が一定のため、返済計画が立てやすい面もありますが、返済回数も返済期間も決められておらず、返済が長期化する怖れがあります。返済が長引くと、返済総額も大きくなり、負担が重くのしかかります。

分割払いにも2種類あり、そのうちおすすめなのが元金均等返済方式です。元金均等返済方式は、返済スタート時は返済額が大きいものの、その後だんだん額は減じていき、結果的に利息総額が小さくなるというメリットがあります。

どの返済方式がおすすめか見極めるポイントは、早く完済できて、最終的な返済総額が小さくなる方式です。この点を勘案すれば、もっともおすすめなのは分割払いの元金均等返済方式となるでしょう。

キャッシング業者の見極めも大切

おすすめの返済方法をご紹介しましたが、返済方法はキャッシング業者によって異なり、自分では選べないケースもあります。損をする返済方法を選んでしまうと、返済負担が重くなってしまいますので、キャッシング業者を選ぶときは、どんな返済方法があるのかきちんと調べたうで申し込む必要があるでしょう。

キャッシング返済における手数料の種類

元金以外に支払う手数料はキャッシングのいろいろな場面で発生してきます。手数料の代表的な例は金利手数料、ATMの手数料の2つです。それぞれの内容や支払うことになるケースについてご紹介します。

金利手数料

キャッシングにおいて発生する最も代表的な手数料が金利手数料です。単に金利、利息と呼ばれることもあります。キャッシング会社で設定している金利、借入額、借入期間に応じた利息を返済の際には元金に上乗せして払うことになります。金融業者は元金を返してもらうだけでは利益になりません。この金利手数料が、金融業者にとって利益の源となっているのです。利息は1日ごとに上乗せされていきますので、返済は1日でも早いほうが負担は少なくなります。

ATMの利用手数料

キャッシング返済に関わるもうひとつの手数料がATMの利用手数料です。大手消費者金融のほとんどは提携ATMでの返済の際、手数料を徴収しています。手数料の金額は返済額によって変わり、1万円以下の返済では108円、1万円を超える場合は216円となります。微々たる金額ではありますが、返済の都度発生するため煩わしく感じる方もいるかもしれません。

手数料をゼロにする方法

手数料の存在を知っても、できることなら払いたくないと考える方がほとんどでしょう。実は条件を満たせば上述したような手数料を払う必要がなくなるのです。金利手数料、ATMの手数料を失くす方法をそれぞれご説明します。

無利息サービスを利用して利息をゼロに

多くの金融業者は初回の利用に限り利用者に対して無利息期間サービスを提供しています。一定の期間内に返済を行えば利息がゼロになる、というのがその内容です。この無利息期間は大半の金融業者では30日間と定められていますが、一部例外もあります。また、契約日・初回借入日のどちらをカウント開始日にしているか、といった違いもあるので、利用する前には規約をくまなくチェックしたほうがいいでしょう。「ノーローン」のように借入日翌日から7日間の無利息期間を初回に限らず何度でも提供する特殊な金融業者もあります。

自社のATMを使えば手数料がかからない

提携しているATMでの返済では消費者金融、銀行問わず手数料が発生してしまうことがほとんどです。一方、自社で提供しているATMで返済を行えば、原則手数料はかかりません。その他、提携ATMでも手数料がかからない場合がありますので、詳しくは金融業者の規約をチェックしておくようにしましょう。

要注意!キャッシングの契約に手数料は発生しない

キャッシングにおいて手数料が発生するのは、原則借入と返済のときだけです。契約の段階で手数料が発生することはありません。もし、契約手数料としての請求があれば、その金融業者は法律に抵触する営業を行っている可能性がありますので、注意してください。以下のようなケースに遭遇したら、その業者とコンタクトをとるのはやめましょう。

何かしらの名目でまずお金を請求してくる

「保証金」「契約金」といった名目で最初にお金を請求してくる業者がいます。大抵は融資前に必要なお金として要求されますが、お金を渡したところで融資は行われません。多くは実在する大手金融業者をかたり、はがきなどを送ってきます。おかしなはがきが届いても、その業者とは関わらないようにしてください。

低い利率を謳う広告を出している

あまりにも安い利率を謳っている業者が広告を出していることがありますが、これらはほとんどの場合違法な貸付を行っています。お金を借りるためにこのような業者へと連絡、信用情報確認のため提携している他社から借入を行い、お金を提供するよう促されるのです。指示通りお金を渡しても融資が行われることはありません。お金を渡した時点で連絡が取れなくなってしまうことがほとんどでしょう。

キャッシングで借りたお金は延滞することなく返済していくのが理想です。しかし、やむを得ない事情で延滞してしまうこともあるかもしれません。そして再度キャッシングで融資を受けたくても延滞の履歴から審査に通らないこともあります。お金が必要になり、再度キャッシングを利用する可能性を考えると、延滞の履歴がいつまで、どのように管理されているのかは気になるところですね。今回はキャッシングの返済が延滞された場合の履歴について、詳しくお話しします。

延滞履歴はいつまで、どのように管理されるのか

延滞の有無にかかわらずキャッシングの利用履歴は必ず信用情報として信用情報機関に登録されます。また、それとは別にキャッシング会社では顧客の利用状況を個別に管理しています。キャッシング会社、信用情報機関が情報を管理している期間や方法についてそれぞれお話ししましょう。

信用情報は5~10年でリセットされる

信用情報機関ではキャッシングの解約後も5~10年の間、キャッシング利用者の信用情報を管理しています。この期間の違いは日本に存在する信用情報機関によるものであり、CICと日本信用情報機関は最長5年、全国銀行個人信用情報センターは最長10年と保存期間を定めています。つまり延滞があったとしても、長くても10年たてば信用情報はリセットされるということです。また、完済がすなわち解約と同義でないということも覚えておきましょう。完済しても金融業者との契約が解除されなければ、信用情報は保存されつづけます。

キャッシング会社で管理している情報

信用情報とは別に、キャッシング会社は顧客の利用履歴を独自に保存しています。保存期間については明確な情報がありませんが、基本的にいつまでも保存されていると考えたほうがいいでしょう。また、同系列の金融機関があれば同様に情報を共有しているとみて間違いありません。

過去の延滞履歴が問題になることはあるのか?

キャッシングの返済を延滞した過去があり、再度キャッシングに申し込んだ場合、審査に通過しないことがあります。この場合は問題点がどこにあるのか見定め、解決していく必要があるでしょう。具体的な解決策を以下にご紹介します。

信用情報の開示を要求する

キャッシング業者は信用情報機関に登録されている情報をもとに、申し込み者を審査します。そのため、信用情報に傷があれば審査において障害となる可能性が捨てきれません。実際にはキャッシング業者に損害を与えるほどの大幅な延滞や債務整理の実績がなければ信用情報として保存されことはないようですが、心配なようであれば信用情報の開示を求めることができます。金融業者はいずれもCIC、日本信用情報機関、全国銀行個人信用情報センターどれか1つの会員です。複数の期間の会員になっている金融業者もあります。3社すべてに情報の開示を求めれば、間違いはないでしょう。残念なことに信用情報に傷が見つかってしまえば、情報のリセットを待つしか手はありません。

別のキャッシング会社の審査に申し込む

キャッシング会社は会社ごとに独自の情報保存期間を設定しており、各社はその期間を明らかにしていません。また、延滞の履歴をどれほど重要視しているかも未知数です。もし、過去に延滞したキャッシング会社と同じ会社の審査を受けて通過しなかったならば、延滞をした事実から信頼できないと判断されたということです。しかし、信用情報さえ無傷であれば、ほかの会社に審査を申し込めば融資を受けられる可能性はあります。ただし、連続して複数のキャッシング会社に申し込むと、今度はその事実が信用情報に登録されてしまい審査に通過しづらくなってしまいますので注意が必要です。

低い借入金額で申し込む

融資希望金額が低いほど審査には通りやすくなる、というのが通説です。これは過去に延滞したことがあるキャッシング会社の審査にも当てはまります。延滞の履歴があることから信用度が低いが低い金額であれば融資しやすい、というのがその理屈です。顧客の評価基準はキャッシング会社によって違うので一概にはいえませんが、再度の融資で問題なく返済を行っていれば、過去の延滞から落ちてしまった信用を回復できるかもしれません。

返済延滞には十分注意!お金を借りるためには信用情報が重要

信用情報機関に登録された信用情報がクリアになるためには最低でも5年という決して短くない期間を要します。また、キャッシング会社ごとに管理されている情報で「信頼なし」のレッテルを貼られてしまえば少なくともその会社から融資を受けることは難しく、手の施しようがありません。お金が必要になる機会はいつ訪れるかわかりませんので、自分の評価を落とさないように延滞には十分注意する必要があります。キャッシングで融資を受けたら、将来のためにも延滞はしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。