収入ゼロの専業主婦がキャッシングを利用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

専業主婦をしている人の中には、家計のやりくりが厳しくてキャッシングを利用していた人も多いでしょう。
しかし2010年以降、専業主婦のキャッシングを巡る環境が変化しました。
貸金業法の改正で、新たに総量規制が導入されたためです。
総量規制は、年収の1/3を上限として貸し出すというルールになります。
専業主婦のような収入がゼロの人には、キャッシング会社が融資できなくなってしまったのです。


専業主婦がキャッシングサービスを利用するには?

専業主婦がキャッシングサービスを利用するためには、主に2つの方法があります。

配偶者貸付の利用

専業主婦のような自分名義の所得はなくても、配偶者に収入があれば、夫婦の年収の合算の1/3まで借入が可能です。
ただし配偶者貸付を行っているキャッシング会社はあまり多くありません。
そして夫婦であることを証明する書類や配偶者の収入証明書、借り入れすることに関する同意書などを提出しなければなりません。
同意書が必要なので、配偶者に内緒でキャッシングサービスは利用できません。

銀行カードローンを利用する

キャッシング会社に課されている総量規制は、あくまでも貸金業者が対象です。
銀行は貸金業者ではないので、総量規制のルールに則った融資を行う義務はありません。
銀行カードローンの場合、配偶者に安定した収入があれば借入可能です。
銀行カードローンの場合、専業主婦本人の本人確認書類だけあれば借り入れできる商品も多いです。
つまり配偶者に内緒で、専業主婦がキャッシングサービスを利用することも可能なわけです。


パートをすれば利用できるキャッシングサービスの選択肢も増える

専業主婦の方で、少し時間に余裕があれば、パートタイマーで仕事に出るのも良いでしょう。
というのもパートをしていて自分の所得がある、しかも給料のように安定した収入であれば、いろいろなキャッシング会社を利用できるようになるからです。
最近のキャッシング会社の傾向を見てみると、パートやアルバイトに積極的に貸付を行っているところが多いです。
もし1日数時間でも働きに出られるのであれば、専業主婦の方もパートで仕事をしてみるのはいかがですか?
収入が多少あれば、それを生活費の足しにすることも可能です。


レディースキャッシングの利用も

専業主婦の方でキャッシングサービスを利用することに抵抗感のある人もいるでしょう。
キャッシングサービスというと男性のスタッフがほとんどで、そのようなところに行くと緊張してしまうかもしれません。
専業主婦で男性ばかりのお店に行くのに抵抗があれば、レディースキャッシングを利用しましょう。
レディースキャッシングはその名の通り女性専用のキャッシングサービスです。女性スタッフだけで応対してくれます。
同性であればあまり抵抗感もないでしょうし、専業主婦の方も気軽にいろいろなことを相談できるのではありませんか?


まとめ

専業主婦の場合、収入がないというのがキャッシングサービスを利用するにあたってネックになるかもしれません。
もし仕事に出られる状態にあれば、パートをしてみるのが良いでしょう。
子どもが小さいなどで仕事に出られないのであれば、専業主婦の方はまず銀行カードローンを利用することです。
ただしキャッシングを利用するのは、一時的に想定外の出費が起きてお金が足りなくなったときに限定しましょう。
慢性的にお金を借り入れても、結局どこかで破たんしますから、キャッシング以外の方法で現状を打破すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。