カードローンの借り換えを即日終わらせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「インターネットで調べてみると、今のカードローンより低金利のカードローンってあるもんなんだな…」、といったことを考えた経験はありませんか?確かに、借入時のシチュエーションによっては低金利のサービスを探している余裕がないこともあります。後から金利の低いカードローン商材が出てくることもあるでしょう。

そんなときに有効な方法が借り換えです。好条件のカードローンでお金を借り、現在のカードローンを一括返済してしまうのが借り換えの狙いとなります。借金が消えるわけではありませんが、金利差のぶんだけ返済の負担は軽くなるのです。

金利が日割りで課せられることを考えると、いい条件のカードローンが見つかれば一日でも早く借り換えをしたいところですね。金利が高く、返済が滞りそうな方もいるかもしれません。即日融資を受けて借り換えを終わらせてしまえれば理想ですね。今回は、即日で借り換えを終わらせるために覚えておいてほしい知識をご紹介します。


どの金融機関で借り換えをする?

昨今では、即日融資を行っている賃金業者を見つけること自体は難しくありません。大抵のカードローン業者、キャッシング業者は即日融資を行っています。しかし、目的が借り換えという場合、即日融資を受けられるならどこでもいいというわけではありません。

金利に注目

利息による返済時の負担は大きいものです。低金利のカードローンに切り替えることが、借り換え最大の目的と言っても過言ではありません。まずは少しでも低金利のカードローンを見つけることが肝心です。

低金利のカードローンを提供している金融機関が、必ずしも即日融資しているわけではないのが難しいところです。時には即日融資を諦めても、より金利の低いカードローンをチョイスしたほうがいい場合もあります。長期的なメリットを考えてカードローンを選びましょう。

総量規制対象か否か

複数のカードローンを借り換えして一本化するというケースも考えられます。「おまとめ」と呼ばれるこの借り換え方法では、すべての借入を合計した額の融資を受けることになります。借入額を年収の3分1以下に制限する総量規制対象の貸付では、こうした借り換えの額をまかないきれない可能性があるのです。借り換えやおまとめで大きな借入額を希望している場合、総量規制対象外のカードローンを見つけなければなりません。

銀行系カードローンは借り換え向き

上記したような内容が、借り換えに適しているカードローンの条件です。これらを踏まえると、消費者金融ではなく銀行が提供しているカードローンが借り換え向きといえるでしょう。

銀行のカードローンは消費者金融で提供されているカードローンに比べると低金利です。また、総量規制対象外で貸付してくれる銀行も珍しくありません。少し前であれば、審査のハードルが高く即日融資は受けられないと思われていましたが、最近はかなりスピーディーに手続きが進むようになり、即日融資してくれる銀行も増えてきています。


即日で借り換えを終わらせるためのステップ

即日融資を行っており、条件のいいカードローンが見つかったらいよいよ申し込みです。ただ、いくら即日融資を謳っているカードローン業者でも、100%即日の融資を保証してくれるわけではありません。確実に即日融資を受けるために、以下の点に気をつけましょう。

スピーディーなWEB申し込みを利用する

即日融資を希望しているなら、一番手間と時間がかからないWEB申し込みがオススメです。銀行のカードローンでもWEB申し込みを受け付けているはずですから、インターネットで検索してみましょう。審査がスムーズに進めば、お金を手にするまでに60分とかかりません。

WEB申し込みならではの注意点として、誤字脱字、入力情報の不備には気を付けましょう。行程が遅くなってしまうだけでなく、虚偽とみなされれば審査自体が受けられなくなってしまいます。WEB申し込みでは必要書類も写真のアップロードで送信できますが、この写真も鮮明に撮影するよう心掛けてください。

営業時間を把握しておく

最近では24時間体制でカードローンの申し込みを受け付けている銀行も増えてきています。しかし、24時間申し込みできることはいつでもお金を受け取れることとイコールではありません。銀行への振り込みを希望するなら銀行の営業時間、カードを受け取るための自動契約機の場所と稼働時間などをぬかりなくチェックしておきましょう。

返済するまでが借り換え

借り換え目的で即日融資を受けたなら、手に入れたお金は当然今の借入の返済に充てることになります。返済が終了してはじめて借り換えが完了すると考えると、返済方法にも気を抜くことはできません。返済までがスピーディーに終わらなければ利息や遅延損害金が発生してしまう可能性があります。

カードローンの返済方法はさまざまなものがありますが、業者への入金反映が一番早い方法をとると安心です。一般的にはインターネットで返済すると入金情報が一番早く反映されると言われています。最後の最後でまごつかないように、インターネットでの返済方法をおさらいしておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。