「即日融資」の借り入れ方法は一つじゃない!あなたにあった方法はどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「即日融資」と一言で言っても、その借入方法は様々です。
どこからどのようにお金を借り入れるか、それにより申込方法から借入方法がまったく異なります。共通しているのは、「申し込んだ即日お金を借り入れることができる」ということのみです。
それぞれの「即日融資のスタイル」を理解しておき、自分にあった方法でお金を借り入れてください。

即日融資でお金を借りるための方法は大きく分けて二つ

即日融資を受けるにあたって、代表的な借入方法を二つご紹介します。細分化すればもっと細かく説明できますが、とにかく「即日お金を借りるにはこれらの方法を選ぶ」という認識を持っておけば大丈夫です。

借り入れカードを即日発行後、ATMからお金の借り入れを行う

まずいちばん確実なのが、「無人契約機」を使って即日借り入れカードを発行するというやり方です。

郵送でカードを受け取る方法を選ぶと、受取に最低でも3営業日の時間が必要となります。これでは即日融資は不可能というわけですね。無人契約機ならその場でカードを発行することができるので、カードを受取次第すぐにでもATMからお金の借り入れが可能になるのです。

土日の即日融資も可能だが、無人契約機が混み合っていることも

無人契約機は土日祝日も営業しているため、土日のカードローン申し込みも可能です。しかし一つ問題が。それは、「土日の無人契約機は混み合っていることが多い」ということです。

そして、無人契約機が利用可能になっても、カードローンの申し込み自体が混み合っていることも多いため、審査にも多くの時間がかかってきます。

確実に、無人契約機を使って即日融資を受けるなら、平日の早い時間帯に申し込むのがおすすめです。

即日振込可能なカードローンを利用して借り入れ

借り入れたお金が振り込まれる「振込キャッシング」でも、即日融資を受けることができます。即日振込に対応したカードローンは、年々多くなっています。

スマートフォンから可能な「振込キャッシング」の利便性は高いですから、多くの人から人気なのも納得ですよね。

どのキャッシングが、即日振込に対応しているのか知りたい方は、「スマートフォンからの申込みで即日振込可能なキャッシング」を読んでみてください。

時間や状況で借入方法を使い分けて

どちらの借入方法で、即日融資を受けるのか、現在の時間や自分が置かれている状況を考えて決定してください。

即日振込でお金を借りたいと思っても、自分が口座を持っている銀行の営業時間外では、振込融資を受けることはできません。銀行の営業時間外の借り入れは、夜遅くまで営業している「無人契約機」を使ってカードローンを利用してください。

ATMから即日融資

カードローンの基本は、発行した借り入れカードを使った「ATMからの借り入れ」です。
この借り入れカードを手に入れ次第、すぐにATMからお金を借り入れることができます。
即日カード発行を行うためには方法は一つしかありません。その方法とは、「自動契約機を使ってカードを発行する」というものです。

自動契約機で即日カード発行して即日借り入れ

簡単に借り入れカードを発行できる自動契約機は、駅前など人の集まる場所、もしくは一部銀行内に設置されています。
あらかじめ自宅や職場近くに設置された自動契約機を探しておくか、ネットから、今いる場所の近くにある自動契約機を探してみると良いでしょう。

自動契約機の多さなら「プロミス」

金利 限度額 自動契約機設置数
4.5~17.8% 500万円 約1200台

プロミスは大手消費者金融の中で、自動契約機の設置数がもっとも多いという特徴があります。
その数は日本全国各地に約1200台。なんと、アイフルの自動契約機設置数のおよそ倍位以上です。
それに加えプロミスは、提携している三井住友銀行内の「ローン契約機」を使ってカード発行が可能です。プロミスと三井住友銀行の契約機の数を合わせると、その数およそ1800台にもなります。自動契約機の数がこれだけあれば、自動契約機の場所に困ることはないのではないでしょうか。

振込で即日融資

わざわざATMを利用した借り入れを行わずとも、消費者金融や銀行へ振込依頼を出す方法でも、即日融資を受けることができます。
最近は気軽で秘匿性も高いこの「振込融資」を希望する人がとても多くなっています。
消費者金融や銀行へ振込依頼を出すには、ネットへアクセスして公式ホームページより振込依頼を申し込んでください。

ネットキャッシングで即日振込み

ネット環境があれば、簡単に振込依頼を出すことができます。
もちろんお持ちのスマートフォンからでも、消費者金融や銀行カードローンのネットキャッシングを利用可能です。
しかしこの時考えるべきなのが、「振込依頼を出す時間帯」です。カードローンの設定によっては、振込依頼を出す時間が遅いと、対応が翌日以降になってしまうからです。

即日振込対応可能時間一覧

業者名 即日振込対応時間
プロミス 平日14時50分
三井住友銀行の口座への振込は24時間可能
アイフル 平日14時
アコム 平日14時
SMBCモビット 平日14時50分
レイク 平日14時

ほとんどのカードローンが、銀行の営業時間との兼ね合いで、即日振込対応時間は14時頃までとなります。
まだ審査を受けていないなら、審査の時間も考えて、少しでも早い時間帯の申し込みを行いましょう。
しかし中にはプロミスのカードローンのように、特定の銀行口座を持っていれば24時間振込可能になるカードローン存在します。必要なら、探してみてください。

午後以降に申し込んだ場合は?

自動契約機の活用を

午前中に申し込みができれば、銀行振り込みによる即日融資は可能です。
しかし申し込みが午後になってしまうと、銀行振り込みが3時までに終了しない恐れが出てきます。
ところが銀行が閉まってからでも、即日融資を受けることも可能です。
大手のカードローン会社を中心に、自動契約機を日本全国に設置しています。
自動契約機で手続きをして、審査クリアできればその場でローンカードが発行されます。
そしてATMを使って手続きをすれば、即日融資で必要な現金を確保することもできるわけです。

即日融資はインターネットと自動契約機の併用がオススメ

自動契約機で申し込み手続きを行うことも可能です。
しかしこの場合、審査結果が出るまで小1時間、契約機のブースの中で待機しなければなりません。
この時間がもったいないと思うのであれば、まずインターネットで申し込み手続きを済ませてしまいます。
そして審査の結果、融資可能と出れば、その足で自動契約機に向かいましょう。
そうすれば待ち時間なしですぐにローンカードが発行され、即日融資が可能になります。
自動契約機はたいていのところが、夜の9時まで開いているので夜遅くなってからでも即日融資に対応できるでしょう。

来店融資で即日融資

業者によっては、社員が利用者と対面して行う「来店融資」を扱うところもあります。
大手消費者金融ではなく、俗に「街金」と呼ばれる消費者金融が主にこの「来店融資」を扱っています。
来店融資の利点は、「審査が甘くなり、お金を借りやすくなる」ことです。
来店融資の場合、キャッシング利用者が消費者金融の社員と直接話をして、「融資の可否」を決定します。直接会話後直接お金の貸付を行うため、利用者の抱えている事情や返済に関する情報を詳しく伝えることができます。
社員と利用者が直接会話を行うことで、ネット上の入力情報や、信用情報機関に残った情報だけではわからない情報交換が可能です。
それ故、より柔軟な基準での審査が可能となるのです。

来店融資をすすめる業者の中には「ヤミ金」も

正規の業者からの来店融資なら何も問題はありませんが、来店融資を扱う業者の中には、法律を無視した貸付を行う「ヤミ金」が紛れています。
利用する消費者金融が正規の業者かどうか見極めるためには、その消費者金融の「登録番号」を調べてみることが大切です。
正規の消費者金融なら国から認可を受けており、「登録番号」をもらっているはずだからです。
ヤミ金は法律を無視した、高額な利息の請求や、暴力的な取り立てを行います。くれぐれもヤミ金からお金を借りないようにしましょう。

現在の自分の状況によって「即日融資」を使い分けて

どの方法で即日融資を受けるべきか。それを決めるためには、現在の自分の状況を把握しておくことが大切です。
自分が今どこにいるのか。今可能なのはどの方法か。それらのことを理解しておけば、自ずと自分にあった借入方法が見えてくるはずです。

外出中なら自動契約機から即日カード発行

現在すでに外出中なら、自動契約機を使った申し込みをおすすめします。
今いるのが繁華街なら、どこかに消費者金融の看板がないでしょうか?その看板のあるビル内には自動契約機が設置されたブースが入っているはず。
もしくは三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行が近くにありませんか? これらの銀行も、銀行内に専用内の自動契約機を設置してくれています。
営業時間中に自動契約機を使えば、簡単に即日カード発行が可能です。自動契約機からカードを受け取って、その後すぐに即日融資を受けてください。

家から出れないならネットから振込依頼を出して即日融資

家から出られない状態で即日融資を希望している方は、ネットキャッシングで即日融資を受けるのをおすすめします。
大手消費者金融のカードローンは、どこもネットキャッシングで借り入れ可能です。銀行カードローンでも、特にネット銀行カードローンならば、即日融資に対応したネットキャッシングを備えた銀行も多いです。

審査に自信がないなら中小消費者金融から来店融資

「申し込みブラック」の方など、審査に自信のない方は、中小消費者金融の「来店融資」を利用してください。
「申し込みブラック」の時点で、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。ブラックな信用情報があるとわかっている方は、大手より審査基準が設定されている、中小消費者金融の審査を受けてください。

まとめ

「即日融資」と言ってもいくつか方法があり、それぞれ特徴が異なります。
どの方法で即日お金を借り入れるのか。現在自分が置かれた状況などで判断してください。
あなたがこれから正しい手順と方法でお金を借りないと、今抱いている「即日お金を借りたい」というそのニーズは果たされません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。