プロミスの無利息サービスを使ってキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大手消費者金融のプロミスは、CMや車内広告で誰もが一度は見かけたことのある、有名な業者です。ブルーとオレンジを基調としたデザインは、スタイリッシュなイメージがありますよね。そんなプロミスでキャッシングするなら、ぜひ無利息サービスを利用しましょう。今回は、プロミスの無利息サービスと特徴についてお伝えします。プロミスは他の業者と比べて使いやすいのでしょうか?


お手軽な条件で使える無利息サービスが魅力

大手の消費者金融業者がこぞって用意している無利息サービスですが、プロミスも当然、サービスを展開しています。プロミスの無利息サービスの期間は、30日間です。注目したいのは、お金を借りた次の日からサービスが始まること。他社に“契約した翌日から”始まるサービスが多い中で、お金を借りてからサービスが始まるのは嬉しいですよね。契約をしたからといって、焦ってすぐに借入する必要がありません。

プロミスの無利息サービスを利用するためには、条件が2つあります。「申し込み時にメールアドレスを登録すること」と、「利用明細をWeb明細にすること」です。2つの条件はあるものの、直接借り入れや返済に関わるような項目ではないため、お手軽に利用できるでしょう。このように、プロミスの無利息サービスは、気軽に使える上に焦って借入する必要がないのが魅力です。

Web明細にすると何がどう変わるの?

プロミスの無利息サービスの条件のひとつに、「利用明細をWeb明細にする」というのがあります。これは具体的にどういうことかというと、これまで紙で郵送されていた利用明細書や受取証書が、インターネット上で確認できるようになるということです。その代わり、紙の書類は発行や郵送がされなくなります。

このようにWeb明細にすると、ユーザーの側としてもかなりメリットが多いと言えるでしょう。まず、郵便で送られてくる書類がなくなるので、家族や身の回りの人に借入していることがバレにくくなります。また、書類を紛失するなどのトラブルも防げます。もちろん、これまでとまったく同じ内容がインターネットの個人ページからいつでもどこでも確認できるようになりますから、利便性も高いです。

プロミスの金利はどれくらい?

気になるプロミスの金利ですが、4.5~17.8%となっています。一般的な消費者金融よりも上限金利がやや低めに設定されているのが特徴です。たった数パーセントの違いでも、長く利用することを考えると、後々の返済にかなり差が出てくるでしょう。大きな金額の借入をする方や、長い期間借り入れをする予定がある方は、なるべく金利の低い業者を選びたいですね。

ちなみに、銀行カードローンと比べると、やはりこれでも金利は高い方です。とはいえ、消費者金融の方が申し込み時の審査の厳しさも比較的ゆるく、使いやすい方でしょう。あなたのお金の使い方に合わせて、もっとも適したサービスを選びたいですね。

プロミスの限度額はどれくらい?

プロミスの借入限度額は、1~500万円となっています。ちなみに、他の大手消費者金融業者のアコムでは1~800万円、モビットでは1~800万円が限度額です。比較すると、300万円の差があるのが分かります。

とはいえ、500万円の融資を受けるためには、年収が1,500万円以上なければなりません。つまり800万円までの融資を受けるなら、それ以上の年収が必須となります。これは一般的なサラリーマンの年収とはかけ離れていますし、それほど多くの方が限度額ぎりぎりまでお金を借りるわけではないでしょう。他の業者と比べて限度額が低くても、少額の融資を受けるくらいなら気にすることはないかもしれません。


プロミスは融資スピードも速い!

プロミスは、融資のスピードにも定評があります。店舗にある無人契約機での申し込みももちろんスピーディーですが、インターネットからの申し込みも魅力的です。Webでの手続きでは、審査は最短30分となっています。即日融資も可能ですから、すぐにお金を借りたい人にもおすすめできます。Web、来店、電話、どの方法で手続きしても即日融資できますから、あなたにもっとも合った方法を選びましょう。

プロミスで借りるなら無利息サービスを使おう

プロミスのカードローンでお金を借りるなら、無利息サービスを使いましょう。プロミスの無利息サービスは、融資を受けた翌日から数えて30日間が無利息になります。契約してからすぐにお金を借りなくてもカウントダウンが始まらないので、焦る必要がないのが魅力的ですね。自分のタイミングで利用してみてください。

すぐに返済できる見込みがあるならば、無利息期間内に返済してお得にお金を借りましょう。プロミスは融資までのスピードも速く、即日融資を受けたい人にもおすすめです。初めてお金を借りるときの業者選びで迷っているなら、今回お伝えした情報をぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。