プロミスの無利息サービスを使ってキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プロミスは非常に大手の消費者金融ですので、テレビCMや車内広告などで誰しも一度は見かけたことのあるとは思います。

消費者金融の中には、ヤミ金と呼ばれる悪質な業者も潜んでいますが、プロミスのような大手であれば安心です。

今回は、そんなプロミスの大きな魅力の1つでもある無利息サービスについてご紹介します。


30日間の無利息サービス

プロミスは30日間の無利息サービスを行っています。

ただ、こちらのサービスは残念ながらプロミスだけのサービスというわけではありません。

プロミス以外にもアイフルやアコムなど大手と呼ばれる消費者金融では、大抵30日間の無利息サービスを行っています。

では、どこの会社を選んでも同じなのかと言われると、実はそういうわけではありません

プロミスの無利息サービスが選ばれているわけ

大手の無利息サービスは大抵どこも30日間ですが、その中でもプロミスが選ばれているのには理由があります。

それは、プロミスの無利息サービスが初めての借り入れ日の翌日から開始されるからです。

アコムやアイフルを見ても、基本的に無利息サービスは初めての契約日の翌日からとされていますので、これは大きな違いとなっています。

「借り入れを行った翌日と契約日の翌日からでは具体的にどう違うの?」

このように考える方も多いとは思いますので、ここでは両者の特徴とそれぞれ詳しく説明したします。

借り入れ日の翌日からの無利息サービス

プロミスの無利息サービスは、借り入れ日の翌日から開始されます。

そのため、たとえキャッシングの契約を行っても、焦って借り入れを行なわなければならないということはありません

つまり、もしものときのためにキャッシュカードを契約しておこうという方などに非常に向いているというわけです。

契約日の翌日からの無利息サービス

プロミス以外のアコムやアイフルの無利息サービスは、契約日の翌日から開始されます。

そのため、このサービスを最大限に利用したい場合は、契約を行ったその日に借り入れを行なう必要があります

仮に契約日から1回も借り入れを行わなかった場合でも、契約日から31日を過ぎれば自動的に無利息サービスは終了してしまうので、注意しましょう。

無利息サービスを受けるには?

プロミスの無利息サービスを利用するためには、下記の2つの条件を満たしていなければなりません。

  • 申し込み時にメールアドレスを登録している
  • 利用明細をWeb明細にしている

これは、どちらも申し込みの際に選択することができます。

また、これら直接借り入れや返済に関わるような項目ではありませんので、無利息サービスを利用したい方は申し込みの際にこの2点を忘れないようにしましょう。

Web明細にすると何がどう変わるの?

プロミスの無利息サービスを利用するの条件の1つに、利用明細をWeb明細にしておくという条件があります。

具体的には、これまで紙で郵送されていた利用明細書や受取証書が、インターネット上で確認できるようになるということです。

もちろん、紙の書類は発行や郵送がされなくなりますので、紙の書類を補完しておきたいという方にとっては不便かもしれません。

しかし、Web明細を選ぶことによるユーザー側のメリットも多くあります。

Web明細のメリット1:いつでもどこでも確認可能

皆さんはスマートフォンをお持ちですよね。

明細を紙媒体からWeb媒体のものに切り替えることで、スマートフォンでいつでも明細などを確認することが可能になります。

そのため、外出先から書類確認のためにわざわざ自宅まで帰る必要もなくなりますので非常に便利ですよ。

Web明細のメリット2:家族や同居人にバレる心配がない

Web明細にすることによって紙の書類は届かなくなりますので、同居人に借り入れを行っていることがバレるという心配もなくなります。

キャッシングに対しての社会的評価からか、その事実を同居人には知られたくないという方はたくさんいらっしゃいます。

家族など同居人に心配をかけたくないという方にとっても、web明細は都合が良いのではないでしょうか。

Web明細のメリット3:紛失の心配がない

明細書が他の書類に紛れて紛失してしまった、という報告は非常に多く挙がっています。

しかし、web明細なら紛失する心配もないので、よく物を失くしてしまうという方にも非常におすすめです。

手紙をまとめて捨ててしまうという方・書類を置いた場所をよく忘れてしまうという方には、web明細をおすすめします。

プロミスの金利はどれくらい?

プロミスの金利は4.5~17.8%となっており、一般的な消費者金融よりも上限金利がやや低めに設定されているのが特徴です。(一般的な大手消費者金融は上限金利を18.0%に設定しています)

たった数パーセントの違いでも、長く利用することを考えると、後々の返済にはかなり差が出てきます。

大きな金額の借入をする方や、長い期間借り入れをする予定がある方は、なるべく金利の低い業者を選びたいですね。

ちなみに、銀行カードローンと比べると、やはりこれでも金利は高いほうですが、消費者金融のほうが申し込み時の審査など柔軟に対応してくれることが多いので利用しやすいのは後者です。

あなたのお金の使い方に合わせて、消費者金融や銀行から適したキャッシングサービスを選びたいですね。

プロミスの限度額はどれくらい?

プロミスの借入限度額は1~500万円となっています。

ちなみに、他の大手消費者金融業者のアコムでは1~800万円、SMBCモビットでは1~800万円が限度額です。

比較すると、大手他社とは300万円の差があるのが分かりますよね。

とはいえ、消費者金融は総量規制の対象なので500万円の融資を受けるためには、年収が1,500万円以上なければなりません。

つまり800万円までの融資を受けるなら、それ以上の年収が必須となります。

これは一般的なサラリーマンの年収とはかけ離れていますし、それほど多くの方が限度額ぎりぎりまでお金を借りるわけではないでしょう。

他の業者と比べて限度額が低くても、少額の融資を受けるくらいなら気にすることはないかもしれません。


プロミスは融資スピードも速い!

プロミスは融資のスピードにも定評があります

店舗にある無人契約機での申し込みももちろんスピーディーですが、インターネットからの申し込みも魅力的です。

Webでの手続きでは、審査は最短30分となっています。

即日融資も可能ですから、すぐにお金を借りたい人にもおすすめできます。

Web、来店、電話、どの方法で手続きしても即日融資できますから、あなたにもっとも合った方法を選びましょう。

プロミスで借りるなら無利息サービスを使おう

プロミスのカードローンでお金を借りるなら、無利息サービスを使いましょう

プロミスの無利息サービスは、融資を受けた翌日から数えて30日間が無利息になります。

契約してからすぐにお金を借りなくてもカウントダウンが始まらないので、焦る必要がないのが魅力的ですね。

また、すぐに返済できる見込みがあるならば、無利息期間内に返済してお得にお金を借りましょう。

プロミスは審査や融資までのスピードも速く、即日融資を受けたいという方にもおすすめです。

初めてのキャッシングで業者選びに迷っているのであれば、今回お伝えした情報をぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。