無利息サービスのメリットは?デメリットもある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

特に大手消費者金融のキャッシングが、期間限定の「無利息期間」を提供しています。この無利息期間中の借り入れなら、金利による利息が無料。

これにより、返済時の負担をかなり軽減することができるはずです。大手消費者金融のCMでもおなじみの「無利息サービス」ですが、そもそも「無利息サービス」とは? 今回は、無利息サービスによって金利が無料になるシステムについて学んでいきましょう。

無利息期間で金利が無料になるキャッシング

まずは、無利息期間によって金利が無料になるキャッシングを一覧にしてみましょう。キャッシングの種類によって、無利息期間の長さが違うことがわかるはずです。

キャッシング 無利息期間
プロミス 最大30日間
アイフル 最大30日間
アコム 最大30日間
ノーローン 何度でも1週間
新生銀行カードローンレイク 最大30日間
条件付きで180日間

大手消費者金融は無利息サービスが多い

消費者金融は、他の金融会社よりキャッシングのサービスが豊富です。中でも規模の大きな大手消費者金融なら、他キャッシング業者よりも豊富なサービスを利用しながらお金を借り入れることができるでしょう。

他にも、大手消費者金融のキャッシングは、即日融資、即日審査、レディースローンなど豊富なサービスが自慢です。キャッシングにおいて「豊富なサービス」を重要視される方はぜひ、大手消費者金融のキャッシングを利用しましょう。

「ノーローン」なら「何度でも1週間無利息」

消費者金融の中でも「ノーローン」の無利息期間設定が優秀です。通常、はじめてのキャッシング利用時しか適用されない「無利息期間」が、「何度でも」適用されるのが大きなメリットです。

「ノーローン」と聞いても、あまりテレビCMなど宣伝活動に熱心ではないため、ノーローンなんて知らないという方も多いのではないでしょうか。しかし実は、ノーローンは即日借り入れから優秀な無利息期間など、他消費者金融に負けないサービスが展開しているのです。

継続的に、金利を無料で借入れたいと思っているあなたにピッタリのキャッシングですよね。

レイクには2種類の無利息期間

新生銀行のカードローンブランド「レイク」には、他にはない二種類の無利息期間が設定されています。まず、一般的な「はじめてのキャッシング利用で適用される30日間無利息」のサービス。30日の借入れで金利が無料になります。

そして、「5万円まで」の借り入れに適用される「180日間無利息」になるサービス。180日間ということは、およそ半年もの間、小額借り入れのキャッシング利用で金利が無料になります。新生銀行のカードローンにして、即日借り入れも可能なレイクのキャッシング。おすすめです。

無利息期間中なら何度でも借り入れ可能

無利息期間中は、何度返済完結して、再び再融資を受けたとしても金利は無料です。ほとんどの無利息期間の設定が「30日間」と短いですが、短期間にキャッシング利用を繰り返す方にはうれしいポイントのはず。

この「期間中何度でも金利が無料」なのが効いてくるのは、やはり180日間無利息になる「新生銀行カードローンレイク」でしょう。または、ノーローンの何度でも金利が無料になるサービスも強いですよね。

無利息期間が始まるタイミングにも注目

無利息サービスの種類によって、「無利息期間がはじまるタイミング」が違います。無利息期間がはじまるタイミングを一覧にしてみましょう。

業者名 無利息期間スタート
プロミス 初回借入日の翌日
アコム 契約日の翌日
レイク 契約日の翌日
ノーローン 初回借入日の翌日

「初回借入日の翌日」から金利が無料になるなら良いですが、カードローン契約の翌日より金利が無料になる設定ならば、早くお金を借り入れないと損です。

基本的には少額キャッシングに向き!

「無利息」と聞くと、なんだかお得な感じがしますよね。しかし、「この機会に、それなりに利息のつくような大きな金額を借りておけばいいのか!」と思いきや、そうではありません。無利息期間内に高額なキャッシングをすれば、たしかに節約できる利息分の金額はそれなりに高くなるでしょう。しかし、一気に大きなお金を借りてしまうと、その分返済をするのも難しくなるのです。もしも返済をし忘れてしまったら、逆に、想定していないほど高い利息を払うことになるかもしれません。

そういうわけで、無利息サービスのもっともお得な使い方は、少額キャッシングだと言えます。自分の収入に合わせて、すぐに返済できるくらいの金額を借入しましょう。少し物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これくらいの金額ならば間違いなく返済できる可能性が高くなります。無利息期間内にお給料日が来るなどお金が工面できるようになったら、すぐに返済しましょう。

こんな勘違いには注意しよう

各消費者金融や銀行カードローンから提供されている無利息サービスですが、その無利息期間のルールは、各業者で異なります。業者によってルールが異なるということを知らなければ、勘違いをして利息を支払うことになってしまうかもしれません。まずは、無利息期間の2つのタイプについて、よく覚えておきましょう。無利息期間がいつ始まるのかには、2つのタイプがあります。「契約日の翌日に始まるタイプ」と、「初めての借入の翌日に始まるタイプ」です。

前者の「契約日の翌日に始まるタイプ」では、契約をした次の日から自動的に無利息期間が開始されます。お金を借りていなくても無利息期間が始まるので、注意が必要です。契約をしたら、なるべく早く融資を受けたいですね。それに対して、後者の「初めての借入の翌日に始まるタイプ」では、お金を借りた次の日から無利息期間が開始されます。借入するまでは無利息期間が始まらないので、それほど焦ってお金を借りる必要はありません。

カードローンに申し込みをするなら、自分が契約する業者はどちらのタイプの無利息サービスなのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

無利息期間中の返済期日はどう対応する?

無利息サービスの期間中に、その月の返済期日が来ることがあります。まだ完済していないならば、無利息サービスの最中でも、忘れずに返済しましょう。ちなみに、返済期日に滞納をしてしまうと、次の日からは通常通り利息が発生してしまいます。こうなってしまうと、せっかくの無利息サービスがもったいないですよね。お得にお金を借りるためにも、その月の返済期日はしっかり頭に入れて、利息無料のまま返済できるように心がけましょう。

少し変わった無利息サービス

無利息サービスの中でも、他の業者とは少し変わったサービスを提供している業者があります。それは、「ノーローン」です。ノーローンの無利息サービスでは、7日間の無利息サービスが、何度でも利用できるようになっています。給料日前の少し足りないお金を補うのに便利ですね。

また、「新生銀行カードローン レイク」の無利息サービスは、30日間無利息と180日間無利息の2種類から選べるようになっています。30日間の方には借入金額に上限がありませんが、180日間無利息の方は、上限5万円までと決まっています。長い期間の少額キャッシングをしたい方におすすめです。

金利が無料になるデメリット

メリットばかりに見える無利息サービスですが、デメリットはあるのでしょうか? もしかしたら、あなたもデメリットについて知らないままお金を借りているかもしれません。これからキャッシングやカードローンを利用するなら、ぜひこれからお伝えする情報を参考にしてみてください。

無利息サービスにデメリットはあるの?

消費者金融や銀行カードローンの中には、期間限定の無利息サービスを提供しているところがあります。無利息サービスというのは、決められた期間のうちなら、お金を借りても一定期間利息がまったくつかないサービスのことです。つまり、金利に関係なく借りた金額分だけ返済すればいいという、大きなメリットがあります。

そんな無利息サービスは、私たち利用者にとってかなりお得なサービスですよね。利息がまったくつかず無料で借りられるなら、一見、損することはまったくないように見えます。ところが、長い目で見ると、どうしてもデメリットがあるものです。

どんなものにも、メリットがあれば必ずデメリットも存在します単にメリットだけにとらわれていると、気づかないうちにデメリットを見過ごしてしまう可能性もありますから、お気をつけください。

無利息サービスは金利が高い?!

まず無利息サービスのデメリットとして挙げられるのは、無利息サービスを提供している業者ほど、金利が高くなるということです。たとえば、消費者金融の中でも30日間の無利息サービスを提供している「プロミス」の金利は4.5~17.8%、同じく「アイフル」は4.5~18.0%です。それに対して、「モビット」は3.0~18.0%となっています。比較してみると、モビットの金利がやや低いですよね。

また、銀行カードローンでもその傾向がみられます。無利息サービスを提供している「新生銀行カードローン レイク」の金利は4.5~18.0%、同じく「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」は2.5~18.0%となっています。それに対して、「三菱東京UFJ銀行カードローン」の金利は1.8~14.6%、「みずほ銀行カードローン」は3.5~14.0%です。金利の低さが強みの銀行カードローンでさえ、無利息サービスを提供している銀行は、やや金利が高く設定されています。

「無利息期間内に返済すれば関係ない!」とお思いになるかもしれませんが、ちょっと考え直してみましょう。一時的にカードローンを利用するのではなく、今後もずっと使い続けたいのであれば、低金利のカードローンで契約した方がお得になるのではないでしょうか。

無利息期間が終わっても、つい使ってしまう

他にも無利息サービスのデメリットとして考えられるのは、無利息という条件の良さにつられて、ついついお金を使ってしまうということです。これまでにカードローンを使ったことのない人でも、お得な無利息サービスがあると「少しだけなら使ってみようかな」と感じるのではないでしょうか。そして、実際にお金を借りて無利息期間内に完済できたら、「こんなに便利なら、また使ってみよう!」と考えるでしょう。

こうして、無利息期間が終わったとしても、ついつい利息つきでお金を借りてしまうのも、考えようによってはデメリットのひとつでしょう。無利息サービスは、ほとんどの業者で「初めての利用時」のみで使えるという決まりがあります。それ以降は通常通り利息を払う必要があるのを、頭に入れておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。