アイフルのレディースローン「SuLaLi」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アイフルのレディースローン「SuLaLi」(スラリ)は、女性のために作られた細やかなサービスがあります。
キャッシングローンのイメージを覆すおしゃれな雰囲気が漂います。


「SuLaLi」独自のおしゃれなカード

アイフルのレディースローン「SuLaLi」では、女性専用の特別なカードがあります。
消費者金融のキャッシングローンのカードをお財布に入れているということ自体に抵抗感のある人というのは多いものです。
特に女性はこうしたカードローンの利用を人に知られたくないことが多くなります。
アイフルの「SuLaLi」であれば、そんな引け目のようなものを払拭するおしゃれなカードでキャッシングがたのしくな理想です。
淡い色調の2種類のカードからお好きなデザインが選べて、見た目はまるでショップカードのような風合いです。
女子力高めなカードで、若い女性にも使いやすくなっています。


女性専用ダイヤル

アイフルのレディースローン「SuLaLi」では女性専用の電話窓口を設けています。
時間内であれば、女性スタッフのみのレディースローン「SuLaLi」専用のダイヤルを使用することが可能です。
利用できる内容はキャッシングローンに関する質問や相談で、気になることや困ったことを気軽に聞くことができます。
専用ダイヤルを利用できるのは、土日祝日を除いた平日9時から18時までとなっており、家族の出かけている時間帯に利用できそうです。


連絡方法がSMS

キャッシングローンでは、返済日を知らせるお知らせなどが連絡されることが多く、こうした連絡を家族に知られたくないという人は多いものです。
アイフルのレディースローン「SuLaLi」では、こうした連絡方法を全て携帯電話のメッセージ機能を利用しており、手紙や電話などがかかってくることがありません。


アイフルのレディースローン「SuLaLi」の注意点

アイフルのレディースローン「SuLaLi」では、いくつか注意しなければいけない点があります。
借り入れできる場合が決められているため、条件に当てはまらない人には利用できません。

限度額は10万円まで

アイフルのレディースローン「SuLaLi」では、限度額が10万円までとなっています。
ちょっとした出費や急場をしのぐために利用するには手軽ですが、これ以上借り入れをしたい人には不便です。
その時には普通のアイフルのキャッシングローンを利用することとなります。
限度額を際限なく使ってしまいそうで怖いといった人には、借り入れのしすぎを防ぐ手立てとなるかもしれません。

他社での借り入れがない方が対象

アイフルのレディースローン「SuLaLi」は、他社借り入れのない、初めてキャッシングローンを利用する人のものです。
そのため、他社から借り入れをしている人は女性であっても利用することはできません。
他社借り入れは信用情報によって共有されているため、申し込みをしても分かってしまいます。
キャッシングローン初心者の女性には優しいサービスとなっていますが、その分利用出来る人が限定されます。

WEB申し込みのみ

アイフルのレディースローン「SuLaLi」で利用できる申し込み方法はインターネットのアイフルサイトからのみです。
電話窓口や無人契約機も使用できませんし、カードの時間指定配達もありません。
インターネットでの契約が終わったら、カードは郵送されますが、通常のアイフルカードよりも時間がかかることもあります。


アイフルのレディースローン「SuLaLi」で快適にキャッシング

アイフルのレディースローン「SuLaLi」は、生活(life)、サポート(support)、女性(lady)の頭文字で作られています。
生き方が多様化している女性の人生や生活(life)をサポートするという意味があります。
また、SuLaLi(スラリ)とした女性のイメージを意識して作られました。
そんなレディースローン「SuLaLi」のキャッシングでは、借りすぎの恐れのない限度額による無理のないスマートなキャッシングによって生活の困ったシーンを助けてもらえそうです。
いつもお財布に入れておきたくなるおしゃれなカードで、いざという時に備えられます。
また、アイフルの魅力である初めての利用で使うことができる「30日間利息0円」サービスも使えます。
キャッシングローン初めての人限定の人のSuLaLiであれば、多くの人がこのサービスを利用できるということです。
契約日の翌日から30日間の無利息期間も利用することで、さらに便利でお得にすることができます。
便利とお得が大好きな女性にうれしいサービスを十分に活用して、快適でスマートなレディースローンを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。