キャッシングで得たお金の返済に苦労したUさん(体験談)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

給料日前の金欠や、ちょっと大きな買い物をしなければならないといった場面で、いつも活躍してくれるのがキャッシングなどの金融サービスでしょう。現代では当たり前のサービスとなっていますので、よく利用しているという方も多いのではないでしょうか?最近では、審査などのスピードも大幅にアップしていますので、より利用しやすくなっています。
ネット申し込みなどを利用すれば、金融機関の窓口まで足を運ぶ必要すらありません。これによって、急な出費などの際に、どんどん利用しているという方も多いでしょう。

※本ページにはPRが含まれます。

キャッシングは危険?

私もこういったキャッシングサービスを頻繁に利用してきました。最初の頃はどうしてもお金が足りず、生活ができないというレベルになってやっと利用するという程度でしたが、ある時期から次第に「お金がなくなったら借りればいい」と考えるようになりました。その結果、使用頻度がかなり高くなってしまいました。
また、それに伴って、利用額も大きくなって行きました。特に生活費に困っているわけではないという場合でも、大きな買い物などでもどんどん利用するようになったのです。

利用する頻度が高くなってしまうと、少し感覚がおかしくなってしまいます。借りたお金であるにもかかわらず、最初から自分のお金のような気になってしまうのです。
しかし、当然ながらお金を借りているのですから返済しなければなりません。私は、このように簡単にお金を次々と借りるようになってしまったことから、返済にかなり苦労するはめになってしまいました。

そこで、ここでは私のキャッシングと、その返済に関する体験談をご紹介したいと思います。

いくらでも借りられるような気がしてしまう

ネットなどを利用することによって、簡単にキャッシングなどのサービスを利用できるようになったことによって、申し込みさえすればいくらでもお金を借りることができるような錯覚をしてしまうこともありました。
特に、カードローンなどの場合、申し込みすら必要ありません。一度契約してしまえば、あとは何度でもATMなどの簡単な操作でお金が借りられてしまいます。こうなってしまうと、もう借金をしているという意識さえも薄くなってしまいます。

また、私は基本的に契約時にウェブ明細を選択していました。自宅に紙の明細書が届いても確認すればあとは捨ててしまうだけです。それに、業者によってはウェブ明細を選択することによって、金利面で有利になるといったキャンペーンを実施していることもありましたので、いつもウェブ明細にしていたのです。
これも、お金を借りているという意識が薄くなってしまった原因の一つかもしれません。郵送で届けば、いやでも毎月お金を借りていることを思い出すことになります。しかし、ウェブ明細の場合、自分でチェックしようと思わなければ目を通すことすらないのです。特に、私はかなりズボラで面倒くさがりな性格なので、ほとんど自分の利用履歴などを確認することはありませんでした。

そのため、いつの間にかじぶんがいくら借りているのかがわからないという状況になってしまったのです。

次第に膨れ上がって行く返済額

それでも、毎月のようにキャッシングをし続けていれば、返済額もどんどん大きくなってしまいます。そのうち、この返済に圧迫されて生活が苦しく感じられるようになってしまいました。
その段階になって、ようやく自分が借金地獄の中にいることに気づきました。しかし、ここで私は大きな選択ミスをしてしまいました。とにかくその場を乗り切ろうと、返済するためにまたキャッシングを利用したのです。

こうなってしまうと、借金の額は一気に膨れ上がってしまいます。そして、ついにはあまりにもその額が多くなりすぎてしまったことから、新規の借り入れができなくなってしまいました。

そこで、ようやく私は冷静に自分の抱えている借金の額を確認して唖然としました。私はなんと数年で400万円もの借金をしていたのです。

どんどん苦しくなって行く生活

お金を借りることができなくなってしまえば、あとは返済によって生活が圧迫されてしまうだけです。
本当に苦しい日々が続きました。もともと、生活をするには十分な収入を得ていましたが、とにかく返済によって消えてしまう額が大きいのです。
だからといって、お金を借りたのは事実ですので、返済は続けなければなりません。

食費も光熱費も削ってようやく返済

この返済中、とにかく必死に節約をしました。好きだったお酒もタバコもやめ、食費も光熱費も削りました。真夏も真冬もエアコンなしで過ごしました。
その結果、約5年をかけてなんとか返済が完了しました。

気軽に利用できるキャッシングだからこその注意点

あまりにも気軽に利用できてしまうキャッシングですが、だからこそ自分の意思でしっかりとした計画性をもって利用しなければなりません。

もう二度とこんな目には遭いたくない!

今では借金とは無縁な生活を送っています。本当にもう二度とあんな目には遭いたくなりません。みなさんもどうか、キャッシングのご利用は計画的にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。