ステータスでクレジットカードを選ぶ!おすすめステータスカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゴールドカード

クレジットカードを選ぶ基順は多いです。人気なのが、カード利用で貯まるポイントの貯まり具合「ポイント還元率」です。ポイント還元率が高いクレジットカードは、それだけで「優秀なカード」として扱われるのです。

そして、もう一つ人気のクレジットカード選択基準が「ステータス」。ステータスとは、その人が持つ「信用」のこと。ステータスを感じられるカードを持っているということは、それだけでその人は信用できる人として扱われるのです。

持っているクレジットカードの種類で、その人の人間としての度量が試される文化は、特に海外では一般的です。年々クレジットカードが普及している日本でも、いずれ今よりもっと「ステータスカード」の需要が高まってくるはず。

人愛先に、そんなステータスカードの中でも優秀なスペックを持つクレジットカードを調べておきましょう。

クレジットカードのブランド、カードランクでもステータスが決まる

クレジットカードの持つ「ステータス」を決めるのは、カードの持つブランド、そしてそのカードのランクです。

日本どころか海外でも通用するカードブランド、そして高いカードランクのクレジットカードが、「ステータスカード」と呼ばれます。

つまり、カードブランドの優秀なカードかつ、ランクの高いカードともなれば、かなり優秀なステータスカードであるということですね。

カードランクの高いカード

「カードのランク」とは何のことかというと、俗にいう「ゴールドカード」や「プラチナカード」などの、クレジットカードのランクを分ける区分のことを指します。

何もランクがつかない「一般カード」から、「ゴールドカード」、「プラチナカード」そして一部の高級カードには「ブラックカード」が存在します。ランクが高いカードは、利用限度額やポイント還元率、サービスなどのスペックがかなり高くなります。しかしその代わり、クレジットカードの年会費がかなり高くなってしまいます。

海外で通用するカードブランド

日本国内で発行するカードは多いですが、その多くは海外で利用した際に店員に怪訝な顔をされてしまいます。

しかし、これが「世界中どこでも通用するブランド」のクレジットカードなら別。そうした、海外利用でも強いクレジットカードこそ、真の「ステータスカード」です。

一般人には縁のないステータスカードランキング

では具体的に、ステータスカードを何枚かご紹介します。まずは一般人には縁のない、お目にかかることすら難しい、真のステータスカードから。

クレジットカードのステータス格付けランク

超高級ステータスクレジットカード<SSS> アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
上級ステータスクレジットカード<SS> ダイナースプレミアム
高ステータスクレジットカード<S> SBIワールドカード
ハイステータスカード<AA> アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
ステータスカード<A> アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナースクラブカード
三井住友ゴールドカード
一般カード<B> 三井住友VISAカード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
生活密着型カード<C> イオンカード
楽天カード

ステータスランク<SSS> アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
ハイステータスな国際ブランドで有名な、アメリカン・エキスプレス・カードの中でも最もステータスに優れているのが、この「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。
その年会費は驚きの「367,500円」。どれだけのサービスを受ければこの年会費の元を取ることができるのでしょうか。ちなみに、カード入会には別途「540,000円」かかってきます。
数あるステータスカードの中でも最高峰のステータスを誇るのが、このアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードです。一般カードである「グリーンカード」でもそれなりにステータスがあると言われているのに、そのアメックスの中でもこのカードは最高峰の「ブラックカード」です。インビテーションは、カード会員の携帯に直接電話がかかってくるそうです。

付帯サービスもとんでもないもので、カード保有者には専属のコンシェルジュがつき、つねに生活をサポートしてくれます。聞いた話では、あらゆるわがままを、このコンシェルジュが叶えてくれるとか。

一部の芸能人、そして一流企業の役員クラスしか、このカードを持つことは許されません。もちろん限度額は無制限。どれだけ使ってもカードが止められることはありません。

ステータスランク<SS> ダイナースプレミアム

ダイナースプレミアム

アメックスと並ぶカードブランド「ダイナース」のブラックカードが、この「ダイナースクラブプレミアム」です。

年会費は、「135,000円」と、アメックスのブラックカードと比べると少し安いものの、それでもかなり高額です。アメックスのブラックカードと同じくコンシェルジュがつき、手厚い海外旅行保険など各種保険が付帯する、優秀なステータスカードです。

ステータスランク<S> SBIワールドカード

SBIワールドカード

SBIカードのトップランクがこの、「SBIワールドカード」です。

MasterCardブランドの中でも最高峰のステータスを持つSBIワールドカード、やはり持てる人は限られてしまいます。年会費は「150,000円」。驚きなのが、カードの券面にダイヤモンドが埋め込まれているという点でしょうか。

ステータスカードに名に恥じない、高いカードスペックと高級感を持ったクレジットカードです。

一般人に手が届くステータスカード

上では「一般人には手がとどかないステータスカード」を紹介しましたが、ここからは比較的取得が用意な「一般人でも手が届きやすいステータスカード」をご紹介します。

特に若者は、今から紹介するカードを利用して、優秀なクレヒスを作っていきましょう。いずれそのクレヒスを見たカード会社から「インビテーション」が届くかもしれません。

ステータスランク格付け<A>以下のクレジットカードは、比較的上位カードより審査が甘く作りやすいです。
そしてランク<A>ほどのクレジットカードになれば、持ってるだけで十分ステータスを感じることができるはずです。

ステータスランク<A> アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

通称「グリーンカード」と呼ばれる、アメックスブランドの一般カードです。

その知名度の高さ、旅行サービスの優秀さなどで、根強い人気を誇るカードです。

年会費は「12,960円」と、一般人には決して安いものではありません。しかしだからこそ、同年代に差をつける目的でこのカードを作る人が少なくありません。このカードをずっと使い続けていれば、アメックスから上級カードへのインビテーションが届くことでしょう。

ステータスランク<A> 楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天カードの上級カードへです。

「楽天カード」と聞くとなんだか安っぽいカードのイメージがありますが、その金色に輝く券面を見れば、問答無用でステータスを感じさせることができます。

そして意外と知られていないのがその優秀なカードスペック。楽天市場などの利用で高いポイント還元率、そして空港ラウンジが無料で利用が可能になるなど、数々の優秀な付帯サービスを利用することができます。

そして楽天カードは最上級カード「ブラックカード」があるので、ゴールドカードを利用していれば、ブラックカードへのインビテーションを狙うことも可能となります。

ステータスランク 三井住友VISAカード

三井住友VISAカード
三井住友VISAカードは、日本での知名度バツグンの、一般カード代表です。

「ステータス」という観点で見ると弱いですが、その知名度から来る信頼は抜群。持っている人の支払い能力、社会的信用を約束してくれるクレジットカードです。

癖のないクレジットカードなので、「最初に作るクレジットカード」として選ぶ人も多いです。

ステータスカードの強み

とはいえ、「ステータスカード」を普段使っていると、どんな強みを感じることができるのか。

ステータスカードだけのメリットについても、しっかりと熟知しておきたいですよね。ステータスカードの強みを理解したら、きっとあなたもよいステータスの強いカードが欲しくなるはず!

女子ウケがいい

クレジットカード
ステータスカードは、デートでの支払いで使うと、相手女子のハートをぐっと掴むことができるはずです。

女子は、デートで男性がどんなカードを使って支払いを行うか。そのポイントをしっかりチェックしています。以前行われたクレディセゾンのアンケートによると、デートで男性がゴールドカードを持っているのを見ると、その人に魅力を感じる女性が6割以上いました。

女性は、交際相手や結婚相手を見極める際に「支払い能力」をかなり重視するものです。

お相手の女性に、「自分は返済能力が高い」ことを一発で表明できる力が、ゴールドカードなどの「ステータスカード」にはあるのです。

海外旅行で良いサービスを受けられる

海外旅行先の現地住民としては、外国から旅行に来た旅行者には不審な目を向けるのが一般的です。日本人は世界的に信頼がある国民だと言われていますが、それでもやはり限度があります。

しかし、そこで支払いに「ステータスカード」を使うことで、「この人は、世界的に信頼がある人だ」と思わせることができます。それにより、レンタカーを借りる際、ホテルの宿泊時などに良質なサービスを受けられることがあります。

諸外国では、信頼できない客は「来店不可」なんてお店があるほどです。そんなお店でも、ステータスカードを提示することで、問題なくサービスを受けられることでしょう。

まとめ

クレジットカードを選ぶ基準で重要な「ステータス」について説明しました。ステータスが高いカードは、スペックも高いですがどうしても年会費も高くなってしまいます。

無理してステータスカードを持つわけにもいきません。生活とステータスを考えて、いい塩梅のクレジットカードを選ぶことができればいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。