どれくらいの勤続年数がキャッシングの審査で有利?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシングやカードローンなどのサービスを利用するためには、当然審査が必要となります。過去に金融トラブルを起こしてしまったこともなく、収入も十分な方であれば、キャッシングの審査に落ちてしまうことはほとんどありません。ですが、それでも審査に落ちてサービスの利用ができなかったという声も聞かれます。それはどうしてなのでしょう?

※本ページにはPRが含まれます。

審査基準は業者によって様々

キャッシングの審査の基準にはさまざまなものがあります。もちろん、収入の安定性や年収の額、そして他社からの借入額などがその審査の基準の中でも大きなウエイトを占めているのは言うまでもないでしょう。
しかし、審査のポイントとして注目されるのはこれらだけではありません。なので、収入や他社からの借入などに問題がない方であっても審査に落ちてしまうことがあるのです。

そこで、ここではキャッシングの審査でチェックされるポイントや、審査で有利になるにはどうすれば良いのかといった点について考えてみたいと思います。
もしかすると、あなたがまったく想像すらしていなかった点がチェックされ、それが原因で審査に落ちてしまっていたのかもしれません。

勤続年数も意外と大きなポイントとなる?何年以上で審査に有利になる?

まず挙げられるポイントが現在の勤務先での勤務年数です。勤務先や、この勤務年数は収入に直結するものです。そして、もちろん返済能力に関わってくるポイントですので、意外と重要な審査の要素となります。
では、どのくらいの勤務年数であれば審査で有利になるのでしょうか?一般的には3年以上で審査ではマイナスになることはないと言われています。もちろん、金融機関によってその基準は異なっていますが、長くても勤続年数が5年もあれば、これが原因で審査に落とされてしまう心配はないでしょう。

ただ、近年では転職を頻繁に繰り返しているという方も少なくありません。単にその職場で働き続けることができなくなったわけでなく、キャリアアップのための転職も一般的なものとなっています。
そのため、ある程度の年収がある場合は勤続年数が1年程度であっても、それほど審査で不利になることはないようです。
ただ、さすがに勤続年数が1年未満の場合は審査において不利になってしまう可能性も高くなりますので、頭に入れておくようにしましょう。

一般的に、この勤務年数が在籍確認などの際にチェックされることはありませんが、もしバレてしまった場合、審査にかなり不利になってしまいます。そのため、正確に申告することが大切です。

もちろん、借入額が年収に対して極端に大きいといったケースを除いて、これだけが原因で審査に落ちてしまうなんてことはほとんどありません。この点も頭に入れておくようにしましょう。

やはり他社からの借入状況も重要なポイントとなる?

もちろん、他社からの借入状況もかなり重要なポイントとなります。返済の遅延や金融事故などはないとしても、あまりにも借入額が多い場合は審査で不利になってしまいます。もし、他の借入額を合わせても総量規制にひっかからない場合でも、ギリギリになってしまえば、当然審査は厳しいものとなってしまうのです。

ですので、新規にキャッシングの利用をする場合は、他社からの借入状況をしっかりと確認した上で、さらに借りることができるのかという点をしっかりと考えるようにしましょう。そうすることによって、よりキャッシングの審査を有利にすることができるでしょう。

審査に落ちてしまったからといって連続で申し込みをするのは?

では、審査に落ちてしまった場合、連続で申し込みをしてもいいのでしょうか?たとえば、借入額が高すぎると判断して、すぐに額を減らして申し込んだ場合はどうなのでしょう?
絶対にNGというわけではありません。ですが、やはり審査が厳しくなってしまうことになるでしょう。
他社に申し込みをしたとしても、金融機関どうしで情報が共有されているケースもありますので、少し時間を空ける必要があります。
もちろん、複数の金融機関に同時に申し込みをするのも審査で不利になってしまう可能性が高いことから、避けるべきです。

カードローンの場合も審査の基準は同じなの?

では、勤続年数など審査に影響するポイントは通常キャッシングでもカードローンでも同じなのでしょうか?
やはり、カードローンの方が何度でも利用でき、長く使い続けることになるサービスですのでやや審査は厳しい傾向にあるようです。
利用するサービスを選ぶ際には、この点も頭に入れておきましょう。

キャッシングの審査を有利にするための方法を駆使して

ここでご紹介しましたポイントを知っているかどうかによって、キャッシングの審査に通過できるかどうかは大きく変わってきます。
こういったポイントをしっかりと押さえた上で、より確実にキャッシングを利用できるように申し込みをしてみましょう。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。