おまとめローンの限度額は総量規制に従うのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

そもそもおまとめローンとはどんなものなのでしょうか。
商品の特徴について説明します。

※本ページにはPRが含まれます。

貸金業法改正による総量規制

かつて消費者金融が社会問題化したことがありました。
利用者の返済能力を無視した限度額設定、深夜から早朝にまでおよぶ取り立てに苦しみ、人命にかかわる事件にまで発展したこともあります。

そのような事件を未然に防ぐため、2010年に貸金業法が改正されました。
すべての消費者金融は貸金業法に従う義務があり、利用限度額も利用者の3分の1に規制されることになりました。
いわゆる総量規制です。

総量規制による自己破産

総量規制によって無理な借り入れができなくなったことは、利用者を考えてのことではあります。
しかし、これによって皮肉にも自己破産にまで追い込まれてしまう人が続出したのです。

従来の無理な貸付が可能だった時代に作った借金を返済するため、新しく借り入れをしようとしても総量規制にひっかかり限度額を越えてしまい、どうにもならなくなって自己破産せざるをえなくなってしまうのです。

救済策としてのおまとめローン

そのような人たちを救うために登場したのがおまとめローンです。
おまとめローンに限っては消費者金融でも限度額が総量規制を受けることなく、高額の貸付が可能になっているのです。

おまとめローンの限度額

以上のようにおまとめローンの限度額は総量規制がありません。
限度額は具体的にはどのようになっているのでしょうか。

銀行系おまとめローン

もともと銀行は貸金業法の範囲外にありますし、総量制限もありません。
したがって銀行系おまとめローンの限度額も高くなっています。
銀行によっては1000万円というところもあります。

消費者金融系おまとめローン

消費者金融の商品はどれも基本的に総量制限を受けます。
しかし、おまとめローンだけは例外的に総量制限がありません。
そうとはいっても銀行系と比較すると限度額は少なく、500万円程度のところが多いようです。

利用限度額と利用可能額は違う

よく混同されがちですが限度額と可能額は異なります。
おまとめローンの利用にあたっては十分注意しましょう。

利用限度額

各社が定めている融資の限度額になります。
たとえ高収入でもその限度額を越えて借り入れをすることはできません。

利用可能額

可能額は個人ごとに各社が定める限度額です。
利用可能額は必ず利用限度額の範囲内にあります。
利用可能額は個人の返済能力を基準に計算されますが、審査に申し込むまでは金額はわかりません。

可能額は引き上げも可能

審査の時に算出された可能額が、希望していた金額よりも少ないこともあるかもしれません。
しかし、もし長い間つきあいのある会社で、毎月の返済もきちんとしていたならば、審査時よりも可能額を引き上げてもらえることもあります。
新しく違う会社を探すよりも、なじみの会社に相談してみるというのもひとつの方法なのです。

消費者金融のおまとめローン

おまとめローンは大きくわけて銀行系、消費者金融系の2種類があります。
消費者金融系のおまとめローンについて見てみましょう。

審査があまり厳しくない

消費者金融系は銀行系にくらべると審査が甘めです。
そうとはいってもブラックリストに入っている、もしくは勤務年数が短いと審査が通らないこともあります。
しかし、総量規制ゆえにはねられるということはないのが、おまとめローンの特色です。

おまとめローンの設定金利は低い

おまとめローンは金利が低めであることが特徴です。
銀行系はもちろん、消費者金融系でも一般的な商品よりは金利が低くなっています。
ただし、どうしても銀行系よりは若干高めです。

簡易審査を受けてみよう

おまとめローンは確かに便利な商品です。
しかし、審査が通るか不安な人もいるのではないでしょうか。

簡易審査

会社によっては3秒程度でできる簡易審査を行っているところもあります。
ネットなどで、匿名で利用することもできるので、試してみても良いかもしれません。

しかし、簡易審査はあくまでも簡易審査です。
これでOKが出ても実際の審査で落ちることもあるので注意しましょう。

書類をそろえよう

おまとめローンの申し込みに必要な書類は結構たくさんあります。
早目の準備をおすすめします。

本人確認書類

商品によっては運転免許証必須のものもあります。
しかし、だいたい健康保険証やパスポートでも問題ありません。
住民票まで要求されるようなことはほとんどなく、だいたいが手元にあるものですむことがほとんどです。

収入証明書

借り入れ額が高額になる場合には、安定した収入を証明する書類が必要になります。
収入証明書はすぐに入手できるものでもないので、もし即日融資などを希望しているのであれば、申込日よりも前にしっかりと用意しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
限度額が大きめのおまとめローンですが、可能額となると人それぞれという点は要注意です。
希望する金額が大きい場合、銀行系を選択することになると思いますが、銀行系は審査も厳しいので思ったよりも可能額は少ないというケースも結構あります。
また、最悪の場合、銀行系は審査を通らないということも起きます。
1社に断られたからといって次をすぐに申し込むのは「申し込みブラック」入りにもつながるのでおすすめできません。
簡易審査などを利用して賢く商品を選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。