ゴールドカードを作るのに必要な年収っていくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ゴールドカードのイメージといえば、高い年収をもらっている、エリートしか持つことができないというものでした。確かに今でも審査が厳しく、かなり限られた条件の持ち主のみしか作ることができないゴールドカードも多いですが、以前と比べゴールドカードの敷居はかなり低くなりました。

その要因は「ゴールドカードの種類が増えたから」だと言えます。クレジットカード会社は、他社のゴールドカードと差別化を図る意味で、自社のゴールドカード審査基準を引き下げているのです。そんなゴールドカードの「審査基準競争」が続いた結果、ゴールドカードの敷居が下がったのです。

ゴールドカード自体のブランド感は下がったものの、その分上位カードのプラチナカードやブラックカードも誕生しましたし、クレジットカード業界全体が広がったと言えるでしょう。

さて、現在の「ゴールドカード」と「年収」の関係は、どんな感じになっているのでしょうか?

※本ページにはPRが含まれます。

ゴールドカードの年収基準は?

選ばれし者のみ持つことができるイメージがあるゴールドカードですが、具体的な年収基準はどうなのでしょうか。

現在は年収300万円もあればゴールドカードを持てる

現在はクレジットカード業界に多くのゴールドカードが存在します。中には20代向けのヤングゴールドカードなんてものも。

そうした若年層向けのゴールドカードの年収基準は「300万円」と言われています。決して高い年収基準ではないですよね。

提携ゴールドカードの年収基準は甘い

特に「ヤングゴールドカード」や「提携ゴールドカード」の年収基準は低いです。

ヤングゴールドカードは、20代限定のゴールドカード。提携ゴールドカードは、国際ブランドと一般企業が提携して発行しているゴールドカードのこと。ヤングゴールドカードはメインターゲットを若者にしていること、提携ゴールドカードも契約者を一人でも増やすために年収基準を落としています。

エポスゴールドカード

提携ゴールドカードの中で年収基準が低く私がおすすめするのが「エポスゴールドカード」です。

エポスゴールドカードは、申し込みではなく、インビテーションを受け取って作ることで、「年会費無料」となるのです。インビテーションを受け取る難易度もそれほど高くありません。ゴールドカードの入門として最適なカードだと言えるでしょう。

30代向けゴールドカードの年収基準は「400万円以上」

30代向けに作られたゴールドカードだと、少し話が変わってきます。

30代向けゴールドカードは、審査基準も少し厳しくなるので、必然的に年収基準も上がってしまいます。30代向けのゴールドカード年収基準は若者向けのゴールドカードより少し上がって「年収400万円」だと言われています。

JCBゴールドカード

30代向けのゴールドカードは数多いですが、ここでは「JCBゴールドカード」を例に出したいと思います。

日本で唯一の国際ブランド「JCB」が発行するゴールドカードであるこのカードは、手厚い海外旅行傷害保険、空港ラウンジ利用可能になるプライオリティパス、そして豪華なステータスと、文句なしのスペックを誇っています。

以前に比べ年収はそこまで重要視されない

ここまで「年収基準」の話をしてきましたが、以前と比べゴールドカード審査において「年収」はそこまで重要視されなくなりました。

年収が重要視されなくなった理由は様々あります。「ゴールドカードの数が増えたこと」「クレジットカード審査システムが変わったこと」など。

現在クレジットカード会社は、「年収だけみても正しく支払い能力を測れない」と思っています。

重要なのは収入が安定していることとクレヒス

では、ゴールドカードの審査においてどんな情報が重要視されているのかというと、「収入が安定していること」それに「クレヒス」です。

確かに、現在年収額だけ高くとも収入が不定期では、毎月の「クレジットカード代金支払い」が難しくなるかもしれませんよね。

若いうちに申込んだほうがゴールドカードを作りやすい

できれば20代など、若いうちにゴールドカードへ申し込むほうが、もっと歳を重ねてから申し込むより作りやすいのです。

つまりゴールドカードの審査で「若者が優遇される」ということですね。理由としては「若者は現在年収が低くとも、今後年収が上がることが見込まれる」と判断されるからでしょう。

これは若者向けゴールドカードだけでなく、すべてのゴールドカードに共通することです。しかし、そもそも審査基準の厳しいゴールドカードは、当然若者を優遇したとしても、それでもなお審査基準は厳しめだといえるかもしれませんが…。

まとめ

ゴールドカードと年収基準について調べてみましたが、実際現在は以前ほどゴールドカードを作る上において年収がそれほど重要ではありません。

特に若者向けのゴールドカードは、あえて年収基準を設けるとしても「年収300万円」ほどで作ることができます。とにかく、ゴールドカードを選ぶ際には、自分の身の丈にあったゴールドカードを選ぶことが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。