三菱東京UFJ銀行カードローン利用者がやってしまいがちな失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

三菱東京UFJ銀行カードローンは、即日融資に対応した珍しい銀行カードローンです。
しかし、考えなしのキャッシングを行うと、そのままお金の損失に繋がってしまいます。
今回は、三菱東京UFJ銀行カードローン利用者がやってしまいがちな失敗についてご紹介します。


三菱東京UFJ銀行カードローン利用者はどんな人?

失敗について具体的に述べる前に、三菱東京UFJ銀行カードローンの利用者について説明します。都市銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンの利用者層は、他のカードローンと比べても広いです。
実際に三菱東京UFJ銀行カードローンに申込みたいと思った方は、ぜひ「三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細ページ」から申し込んでください。

会社員

カードローン利用者層で、会社員の割合が一番大きいという調査結果が出ています。
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に一番通りやすいのが、日々正社員として働いている会社員です。生活の中で足りないお金を、カードローンで借入れて補てんしている…そんな人がとても多いです。

パート・アルバイト

銀行カードローンの審査は、消費者金融の審査よりも厳しいと言われていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は、比較的甘めに設定されています。
それゆえ、三菱東京UFJ銀行カードローンの利用者には、アルバイト・パートで収入を得ている人も含まれています。パート・アルバイトで審査に通るためには、一年以上の長い勤続年数が求められますが、その他の情報に問題が無ければ審査に通るはずです。

専業主婦

三菱東京UFJ銀行カードローンは総量規制の対象外で、お金の借り入れが可能なので、収入がまったくない専業主婦でもお金の借り入れが可能となっています。
配偶者に収入があれば、配偶者の同意書や収入証明書の提出などは一切不要で借入可能です。テレビ窓口を使った申込みなら、即日融資でお金を借入れることができるほどです。

学生

保護者の同意書があれば、収入のない学生でもお金を借入れることができます。
最高限度額は10万円となってしまいますが、収入のない学生が利用できるカードローンは、かなり珍しいです。
学生さんならば、10万円も借入れることができれば十分なのではないでしょうか。


三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でやりがちな失敗

では、いざ三菱東京UFJ銀行カードローンでお金を借りようと思った時、やってしまいがちな失敗について説明します。カードローンなど、キャッシングに詳しい人なら良いですが、はじめてカードローンを利用するという方は特に注意が必要です。

土日や夜間に申し込んでしまった

三菱東京UFJ銀行カードローンは、土日や夜間の申込みに対応しているものの、その審査対応は翌営業日となってしまいます。
即日審査に対応しているのは、平日9時から21時までの申込み。土日祝日の申込みでは、9時から17時までの申込みとなります。
「審査に時間がかかっても良い」と言う方なら平気ですが、即日審査を希望しているなら、早い時間帯の申込みは必須です。

土日祝日の即日融資は難しい

土日祝日に、即日審査後即日融資での借り入れを考えているとしたら、それは難しいと思ってください。土日祝日の審査対応を行っているものの、肝心なのは、審査の最後にある「在籍確認」です。在籍確認とは、三菱東京UFJ銀行から申込者の職場への確認電話のことです。職場が土日祝日営業していないとしたら、在籍確認は終わりません。在籍確認は、職場の翌営業日ということになります。

低金利だと思って借りすぎてしまう

とても多いのが、三菱東京UFJ銀行カードローンの気軽さ、そして低金利の設定を頼りに、お金を借りすぎてしまうということ。
カードローンは、限度額までなら何度でも再融資を借入れることができるため、「お金に困ったらすぐキャッシング」という人がとても多いです。

無計画なキャッシングで返済が追いつかない

借りすぎてしまうという話題にも繋がるのが、この「無計画なキャッシング」。今自分にはどれくらいお金が足りなくて、三菱東京UFJ銀行カードローンで、この時期までにどれくらいお金を借りるのか。そしてその借入れたお金を返済するのは、どれくらいの時間がかかるのか。前もってシミュレーションしておくことで、あなたのキャッシングで起こる失敗を防ぐことができます。

借入件数が増えてしまう

カードローン利用者で多いのが、一社のカードローンだけでは事足りず、複数社に渡ってお金を借りてしまうという人。一社のカードローン限度額がいっぱいになった後、他のカードローンに申込み、そしてキャッシング。そのカードローンの限度額もいっぱいになり、また別のカードローン…。
こんなことを続けていたら、あなたの生活は借金地獄にハマり込んでしまい、借金の返済が生活の一部と化してしまいます。
返済が追いつかなくなる前に、おまとめローンでキャッシングの一本化、それでも返済が追いつかなそうなら、任意整理や個人再生などの自己破産を行ってください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。