三井住友銀行カードローンの金利はどれくらい?高いの?低いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンの設定で一番気になるのは金利の設定です。カードローンを運営する会社も、金利が低ければそれだけで見栄えが良くなるということで、広告やコマーシャルで金利の設定を全面的に押し出した宣伝を行っています。
それでは具体的に、三井住友銀行カードローンの金利設定を調べてみましょう。


三井住友銀行カードローンの金利は?

三井住友銀行カードローンの設定金利は、4.0~14.5%となっています。金利の設定が低いだけでなく、最高金利設定が800万円となっており、かなり余裕を持ったキャッシングが可能です。おまとめローンとしての利用にも最適ですね。

客観的に見て金利は低い?

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やアイフルなど、消費者金融のカードローンで設定されている金利は、貸金業法で制限されているぎりぎりの設定が組まれています。それと比べると三井住友銀行カードローンの金利設定は低金利だと言えるでしょう。
他の知名度の高い消費者金融と、銀行カードローンで設定されている金利と比較してみましょう。

カードローン名 金利
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のカードローン 4.5~17.8%
アイフルのカードローン 4.5~18.0%
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%

三菱東京UFJ銀行カードローン以外の消費者金融カードローンは、三井住友銀行カードローンと比べると金利が高いことがわかっていただけるでしょうか。

ただでさえ低い金利…さらに下げる方法はある?

金利を引き下げるためには、長年の借り入れと返済を繰り返し、三井住友銀行から優良顧客だと認められることが大切です。
優良顧客には、金利の引き下げ案内から限度額増額の案内も届くことがあります。限度額が上がればそれに応じて金利が引き下がるのです。

限度額の増額審査を受ける

優良顧客だと認めさせるには、一定期間の利用期間が求められます。その期間ずっと三井住友銀行カードローンを使い続けるのは面倒だし、カードローンを現在利用している自分としても待ってられない。そんな時は、自ら三井住友銀行に連絡して、限度額の増額審査を申し込んでください。
高額限度額への増額のためには、収入証明書の提出が必要になることがあります。その時は、FAXかローン契約機を活用して収入証明書を提出してください。


金利が低いことのメリット・デメリット

金利が低いことのメリットはすぐ思いつきますが、果たしてデメリットもあるのでしょうか?調べてみましょう。

メリット:支払う利息が少ない

利息が割り出されるのは、利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数という計算式によるものです。残高と掛け合わされる実質年率の部分が「金利」ですから、金利が低ければ低いほど割り出される利息は少なくなるということです。
返済において一番気がかりな存在がこの「利息」に他なりません。なるべく金利の低いカードローンを利用することで、返済の負担を軽くすることができるはずです。

デメリット:審査が若干厳しくなる

金利が低いなど、条件の良いキャッシングには厳しい審査がつきものです。
三井住友銀行カードローンは、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)に審査の大部分を任せることで審査基準が少し緩まったとは言われていますが、それでも消費者金融のカードローンと比べると審査は厳しいです。


金利が低いだけじゃない!三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンは確かに、他消費者金融のカードローンなどと比べると低金利の設定が組まれています。
ですが、三井住友銀行カードローンの良い所は金利が低いだけではありません。

即日融資に対応

なんといっても、銀行内のローン契約機を使えば即日融資で借り入れ可能だという大きなメリットが見逃せません。
消費者金融のカードローンの多くは即日融資で借り入れ可能ですが、銀行カードローンの多くは即日融資に対応していません。三井住友銀行カードローンのように、契約機を使ってカードローンの契約が可能な銀行カードローンは稀です。

総量規制の対象外

三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外でのキャッシングが可能です。年収の金額でキャッシングに制限がかからないため、より広い目的で三井住友銀行カードローンを活用することができます。

ATM利用手数料無料

三井住友銀行カードローンで利用可能なATMの種類は以下の通り。

  • @BANK
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM

これらすべてのATMを、利用金額に関わらず手数料無料で利用できます。ATMを使ったキャッシングをメインに考えている方にとって、これはうれしいポイントです。

三井住友銀行カードローンは低金利!でもそれだけじゃない

この記事の中で説明した通り、三井住友銀行カードローンの設定金利は低いです。ですが、三井住友銀行カードローンのメリットは低金利である一点では終わりません。
総量規制対象外やATM利用手数料が無料など、三井住友銀行カードローンの持つ独自のメリットがあるのです。
低金利であるなど、メリットをしっかり把握できた上で、三井住友銀行に申込みたいという方はぜひ、「三井住友銀行カードローンの詳細ページ」から申し込んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。