徹底検証!三井住友銀行カードローンは他のカードローンと比べて使いやすいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンでお金の借入前に、しっかりスペックを比較してから利用するカードローンを選ぶべきです。
最近頻繁にテレビCMを放送している三井住友銀行カードローンと、他消費者金融や銀行カードローンのスペックを比較してみましょう。


三井住友銀行はどれくらいすごいのか?

率直に言って、三井住友銀行カードローンのスペックは高いのでしょうか。
答えは「イエス」です。他のカードローンが持つスペックと比較しても、まったく見劣りしない条件にてお金の借り入れが可能です。しかし、いくらすごいと言われても、カードローンについて知識がないと、どの分野をどの目線から比較すればいいのかさえわからないはず。
そんなあなたに代わって、わたしが具体的に、三井住友銀行カードローンはどこがどのようにすごいのか説明します。同時に、他のカードローンと見劣りする部分も紹介しましょう。


三井住友銀行カードローンVSSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のカードローン

まずは、三井住友銀行と提携している、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と比較してみましょう。
大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のカードローンの金利設定は、4.5~17.8%という、消費者金融のカードローンでは一般的な数字です。SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のカードローンが優れているのは、審査と融資に時間がかからない、即日融資も対応可能であるということ。
大手消費者金融の中でも、自動契約機の設置数が一番多いだけでなく、三井住友銀行内のローン契約機を使ったカードローン契約も可能です。
はじめてのキャッシングで利用できる、30日間の無利息期間(※)も見逃せません。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

キャッシングに関するサービス、借りやすさはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)に軍配

三井住友銀行カードローンと比べると金利こそ高いものの、サービスや借りやすさ、審査基準などは、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)に軍配が上がります。
しかし、三井住友銀行カードローンだって即日融資に対応しており、キャッシングしたお金に抜群の安心感があります。


三井住友銀行カードローンVS新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは、新生銀行のカードローン商品です。銀行カードローンにして、大手消費者金融と同じく自動契約機を使った即日融資に対応しています。
そしてなんといっても、新生銀行カードローンレイクの自慢は2種類の無利息期間です。はじめてのキャッシング時に利用できる、一般的な30日間の無利息サービスと、5万円以下の借り入れに適用される180日間の無利息サービスがあります。

金利ほか条件は三井住友銀行カードローン

2種類の無利息サービスはやはり魅力的ですが、三井住友銀行カードローンの設定金利は新生銀行カードローンレイクとくらべて低めに設定されています。
無利息サービスが利用できるのは短い期間のみ。長期的な返済に適しているのは、金利の低い三井住友銀行カードローンだと言えます。審査基準や無利息サービスのメリットを比較してから、自分が借入れるカードローンをどちらにするか決めましょう。


三井住友銀行カードローンVS三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三井住友銀行と同じく、日本三大メガバンクに名を連ねるのが、この三菱東京UFJ銀行です。
だからこそと言えるかもしれませんが、三菱東京UFJ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの設定は拮抗していました。
しかし2016年7月、三菱東京UFJ銀行カードローンの設定金利が引き下げられたことで、若干ではありますが三菱東京UFJ銀行カードローンの方が金利の条件は良くなりました。しかし、三井住友銀行カードローンの方が借り入れ最高限度額は高いです。

ほとんど引き分け 口座を持っているかが決め手か

両カードローンとも、即日融資に対応しており、なおかつ低金利の設定が組まれているなど、かなり良い条件の借り入れが可能です。どちらの設定が際立って良いと言うことができないほどです。
ここで注目したいのは、どちらのカードローンに共通しているのも口座を持っている人の方が利用できるサービスが増えるという点です。どちらの銀行に口座を持っているかで、利用すべきカードローンが変わりそうです。


三井住友銀行カードローンを比較して見えてきたメリット

三井住友銀行カードローンと他のカードローンを比較すると、三井住友銀行カードローンが優れているポイントが見えてきます。

即日融資に対応している

三井住友銀行カードローンは即日融資でのキャッシングに対応しています。銀行カードローンは条件が良い代わりにお金を借入れるまでに時間がかかってしまうものです。しかし、三井住友銀行カードローンは審査の大部分を保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が行うこともあり、審査に時間を要しません。

ローン契約機がある

それだけでなく、三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の銀行内にあるローン契約機を使ってカードローン契約も可能です。銀行カードローンで自動契約機に対応しているのは、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、新生銀行カードローンレイクくらいのものです。ローン契約機を使ったカードローン契約が、即日融資のために一番効果的です。

審査基準が厳しくない

三井住友銀行カードローンの審査基準は、他の銀行カードローンと比べるとあまり厳しくありません。
もちろん、他の消費者金融のように申し込んだ多くの人が利用できるほど甘くはないものの、属性や信用情報に大きな問題のない人ならば審査に通るはずです。
三井住友銀行カードローンの審査基準について、もっと詳しく知りたい方は、「三井住友銀行カードローンの審査は果たして厳しいのか?甘いのか?」の内容を参考にしてください。


しっかり比較してからキャッシングを

三井住友銀行カードローンはかなり優秀な設定が組まれた銀行カードローンですが、それでも他カードローンと比べて一長一短です。
しっかり金利、サービス、審査基準などを比較した上で、やはり自分は三井住友銀行カードローンに申込みたいと思った方は、「三井住友銀行カードローンの詳細ページ」で申込みを行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。