小額キャッシングなら審査で必要書類が少なくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシングの審査に必要な書類は、意外とたくさんあるものです。少しでも数を減らせたら、申し込みが楽になりそうですよね。なにか必要書類を少なくする方法はないのでしょうか? そこで今回は、キャッシングの必要書類をなるべく少なくするための少額キャッシングについてご紹介します。できる限り手間を省いて、スムーズに申し込みできるといいですね。

借入金額が高くなると収入証明書類が必要になる

キャッシングで借入する金額が高くなると、審査の際に「収入証明書類」と呼ばれる書類を提出しなければなりません。消費者金融や銀行が提供しているほとんどのキャッシングのサービスにおいて、希望借入額が高い人に対して、収入証明書類の提出が義務づけられています。どこの業者でも、だいたい50万円以上の借り入れで収入証明書が必要となってきます。大きな金額の融資を希望する方は、申し込みをするときに収入証明書類の準備を忘れないようにしましょう。

ところで、キャッシングは収入証明書類がなければ絶対に利用できないというわけではありません。50万円以下の少額キャッシングであれば、収入に関する書類の提出は必要ないとされています。したがって、初めに申し込みする際は、なるべく少額の借入を申し出た方が、必要書類が1つ減るので手続きが楽になります。大きなお金を借りる予定がないのであれば、少額キャッシングにして手間を省いた方がいいかもしれませんね。

キャッシングの申し込みに必要な書類とは

キャッシングの申し込みに原則として必要となるのは、「本人確認書類」です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

以上の書類が、「本人確認書類」にあたります。もし「運転免許証」をお持ちなら、普段から持ち歩いている方も多いでしょうから、提出が簡単で確実です。

万が一、本人確認書類に記載されている住所と現在の住所が異なる場合は、発行日から6か月以内の、公共料金の領収書を提出すれば手続き可能です。電気・ガス・水道・NHKの領収書を持参しましょう。あるいは、国税または地方税の領収書・社会保険料の領収書・住民票の写しでも手続きできます。外国籍の方は、上記の本人確認書類に合わせて、「在留カード」または「特別永住証明書」を提出しましょう。

本人確認書類は、どんな消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申し込みの際にも、必ず提出する書類です。利用する人全員が持参するべきものなので、これからサービスに申し込みをするなら、絶対に忘れないようにしましょう。

無人契約機から即日カード発行に「現住所が載った運転免許証」が必要

もし、無人契約機からカードローン契約を結ぶ予定ならば、一番確実な本人確認書類である運転免許証が必要です。しかも、その運転免許証には、現住所の記載が必要です。
顔写真付きで、現住所が載った運転免許証は、本人確認書類として一番優秀だと言えますよね。

キャッシング額が高額だと、返済能力を示すために収入証明書が必要になる

キャッシングの申し込みに収入証明書が必要となるのは、消費者金融や銀行で定められた限度額以上の融資を受ける場合です。たとえば、「限度額50万円までの利用であれば、収入証明書は不要」と定められているサービスを利用するなら、契約の際に限度額を50万円以下にしておけば、収入証明書の提出は必要ありません。

ちなみに、消費者金融の「プロミス」「アコム」では、限度額50万円までは収入証明書が不要となっています。銀行カードローンでは、「イオン銀行」が限度額50万円まで、「三菱東京UFJ銀行カードローン」「楽天銀行カードローン」では限度額200万円までなら、収入証明書が不要となります。収入証明書なしでお金を借りられるサービスをお探しなら、ぜひ参考にしてみてください。

他社からの借入がある人は注意!

実は、限度額50万円以下でも、収入証明書を提出しなければならないケースがあります。それは、これから契約しようとしている業者の他に、他社からの借入がある場合です。たとえば、「プロミス」と「アコム」では、他社からの借入総額が100万円以上の人は、たとえ限度額が50万円以下であっても、収入証明書を提出しなければなりません。すでに他社からの借入がある方は、通常よりも手続きに必要な書類が多くなるかもしれませんから、お気をつけください。

審査の中で必要なら収入証明書の提出を求められることも

審査の中で、消費者金融や銀行が「収入を確かめるために収入証明書が必要だ」と判断した場合は、収入証明書の提出が必要になります。
この「収入証明書の提出が求められるケース」というのは、年齢の割に年収が高い場合など、申込情報に不審な点がある場合です。もし収入証明書の提出を求められたなら、きちんと従いましょう。

収入証明書を提出したくないなら

収入証明書とは、「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」といった、会社から支給されたお給料の金額や明細が記載された書類のことです。給与明細書については、会社で働いている人であれば、毎月のお給料日に必ず受け取っているはずですよね。決して手に入れるのが難しい書類ではありません。とはいえ、キャッシングを利用することになるとは思わずに、紛失したり破棄したりしてしまった方も少なくないでしょう。そんな「会社に再発行をお願いするのは、ちょっと言い出しにくい……」という時は、少額キャッシングで収入証明書が不要なサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

少額キャッシングで必要書類を少なくしよう

消費者金融や銀行カードローンの審査では、少額キャッシングの場合に限って収入証明書が不要となることがあります。申し込みに必要な書類を少しでも少なくしたいなら、条件つきで書類提出が不要となるサービスを選んで、借入限度額を50万円以下に設定しましょう。必要書類をなるべく減らして、スムーズに手続きできるといいですね。

小額借り入れならば審査時間も短い

借入額が少なければ少ないほど、審査にかかる時間も短くなります。お金を貸し付ける額が少ないほど、お金を借りた側が返済不能となるリスクが小さいので、審査に時間がかからないのです。

まとめ

審査の際には、消費者金融や銀行に必要書類を提出しなくてはなりません。
まず確実に必要なのは、本人情報を確認できる「運転免許証」などの本人確認書類。さらに、自分の収入を証明するための「収入証明書」も必要となるケースがあります。
申し込みから審査、その後の借り入れまでの流れをスムーズにするためにも、必要書類の準備は怠らないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。